English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

助教 
永沼 達郎 
ナガヌマ タツロウ 
NAGANUMA Tatsuro 

1986年生まれ  
Tel.03-5400-2492  
 

J-GLOBALへのリンク

経歴
理化学研究所  統合生命医科学研究センター メタボローム研究チーム  基礎科学特別研究員  2016/04/01-2016/07/31 
理化学研究所  統合生命医科学研究センター メタボローム研究チーム  客員研究員  2016/08/01-現在 
慶應義塾大学  薬学部 代謝生理化学講座  助教  2016/08/01-現在 

学歴
北海道大学  薬学部  薬学科  2012/03  卒業 
北海道大学  大学院生命科学院  臨床薬学専攻  博士  2016/03  卒業 

学位
臨床薬学  北海道大学  2016/03 

免許・資格
薬剤師 

総合紹介
皮膚は体の最外表を覆う組織であり,病原体やアレルゲン,損傷といった外部の脅威に常に晒されています。皮膚は,こうした脅威に対する物理的バリアや,侵入してきた抗原に応答する免疫システム,損傷を受けた際の修復機構を備えており,それらが正常に働くことで皮膚の恒常性を維持しています。
皮膚の恒常性は,多種多様な脂質代謝物が独自の生理機能を発揮することで形成・維持されています。例えば,セラミドはバリアの本体として機能するため,セラミド合成系の異常はバリア機能の破綻を引き起こし,各種皮膚炎や角化症の原因となります。また,ω3 脂肪酸の一種であるドコサヘキサエン酸は,抗炎症作用をもつレゾルビンD1に代謝され,皮膚の炎症収束を促進します。これら以外にも,中性脂質やイノシトールリン脂質,脂肪族アルデヒドなど,様々な脂質代謝系の異常が,皮膚疾患の発症と密接に関わることが知られています。つまり,皮膚疾患の発症メカニズムを探るためには,皮膚恒常性の制御に関わる脂質代謝系を包括的に解析する必要があります。
 私は,質量分析技術を利用し,アトピー性皮膚炎や乾癬などの各種皮膚疾患モデルの発症過程において,脂質代謝バランスにどのような異常を生じるのかを継時的かつ網羅的に捉えるリピドミクス解析を行っています。さらに,リピドミクスにより見出された脂質代謝異常を,皮膚疾患の発症に関わる細胞機能の異常と紐付けすることで,皮膚疾患の影に潜む病態メカニズムの究明,および皮膚恒常性の制御に関わる新たな脂質代謝系の発見と生理的意義の解明を目指しています。 

研究分野
生物系薬学 

研究キーワード
脂質,生化学,メタボローム,皮膚,酸化リン脂質 

競争的資金等の研究課題
皮膚疾患の発症に関わる脂質代謝系のマルチオミクス解析  補助金  セコム科学技術振興財団  挑戦的研究助成  2017/04/01-2020/03/31 
皮膚恒常性に関わる脂質代謝系の包括的理解を目指した網羅的メタボローム解析  補助金  日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2019/03/31 
皮膚炎発症の抑制に関わる脂肪酸代謝物の探索と分子メカニズムの解析  補助金  慶應義塾大学  慶應義塾学事振興資金  2017/04/01-2018/03/31 
ω3脂肪酸による皮膚恒常性制御機構の解析  補助金  慶應義塾大学  福澤諭吉記念基金  2017/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
脂肪酸クオリティと炎症・アレルギーの制御  永沼 達郎 有田 誠  先端医学社  2017/06/20 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  Disruption of the Sjogren-Larsson Syndrome Gene Aldh3a2 in Mice Increases Keratinocyte Growth and Retards Skin Barrier Recovery  Naganuma Tatsuro, Takagi Shuyu, Kanetake Tsukasa, Kitamura Takuya, Hattori Satoko, Miyakawa Tsuyoshi, Sassa Takayuki, Kihara Akio  JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY  291/ 22, 11676-11688  2016/05  0021-9258  10.1074/jbc.M116.714030 
研究論文(学術雑誌)  Long-chain bases of sphingolipids are transported into cells via the acyl-CoA synthetases  Narita Tomomi, Naganuma Tatsuro, Sase Yurie, Kihara Akio  SCIENTIFIC REPORTS  6, 1395-1401  2016/05  2045-2322  10.1038/srep25469 
研究論文(学術雑誌)  Mouse aldehyde dehydrogenase ALDH3B2 is localized to lipid droplets via two C-terminal tryptophan residues and lipid modification  Kitamura Takuya, Takagi Shuyu, Naganuma Tatsuro, Kihara Akio  BIOCHEMICAL JOURNAL  465, 79-87  2015/01  0264-6021  10.1042/BJ20140624 
研究論文(学術雑誌)  Identification of the phytosphingosine metabolic pathway leading to odd-numbered fatty acids  Kondo Natsuki, Ohno Yusuke, Yamagata Maki, Obara Takashi, Seki Naoya, Kitamura Takuya, Naganuma Tatsuro, Kihara, Akio  NATURE COMMUNICATIONS  5, 11676-11688  2014/10  2041-1723  10.1038/ncomms6338 
研究論文(学術雑誌)  Two Modes of Regulation of the Fatty Acid Elongase ELOVL6 by the 3-Ketoacyl-CoA Reductase KAR in the Fatty Acid Elongation Cycle  Naganuma Tatsuro, Kihara Akio  PLOS ONE  9/ 7, 79-87  2014/07  1932-6203  10.1371/journal.pone.0101823 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Skin Homeostasis and Lipid Metabolism  University of Strasbourg-RIKEN Workshop on Membrane Lipidology  2017/03/09 
口頭発表(一般)  Retarded skin barrier recovery and an increased keratinocyte growth in Sjögren-Larsson syndrome gene ALDH3A2 knockout mice.  1st Korea-Japan Bioactive Lipid Joint Symposium  2016/05/11 
詳細表示...

担当授業科目
実験法概論 
代謝生化学 
機能生理学2 
システム生体機能学特論 
生物系薬学特論II 
詳細表示...

所属学協会
セラミド研究会 
日本生化学会 
詳細表示...