English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

顔写真 教授 
有田 誠 
アリタ マコト 
ARITA Makoto 

1970年生まれ  
 
http://www.ims.riken.jp/labo/53/index_j.html  

経歴
東京大学  大学院薬学系研究科  助手  1997/04/01-2000/06/30 
ハーバード大学医学部  博士研究員  2000/07/01-2003/06/30 
ハーバード大学医学部  インストラクター  2003/07/01-2006/09/30 
科学技術振興機構  さきがけ  専任研究者  2006/10/01-2007/03/31 
東京大学  大学院薬学系研究科  准教授  2007/04/01-2014/03/31 
理化学研究所  統合生命医科学研究センター  チームリーダー  2014/04/01-現在 
横浜市立大学  大学院生命医科学研究科  客員教授  2014/04/01-現在 
慶應義塾大学  薬学部  教授  2016/06/01-現在 

学歴
東京大学  薬学部  1992/03/31  卒業 
東京大学  大学院薬学系研究科  修士  1994/03/31  修了 
東京大学  大学院薬学系研究科  博士  1997/03/31  修了 

学位
博士(薬学)  東京大学  1997/03/31 

学術受賞歴(賞、称号)
第9回国際エイコサノイド学会若手研究者賞(サンフランシスコ)  2005 
文部科学大臣表彰若手科学者賞  2009 
日本脂質栄養学会ランズ賞学術賞  2016 
詳細表示...

総合紹介
私たちはこれまでに、生体内の脂肪酸やリン脂質の代謝を網羅的かつ定量的に把握するためのメタボローム解析システムを構築し、炎症・代謝性疾患の制御において脂肪酸代謝バランスが重要であることを示してきました。中でも、EPAやDHAなどω3脂肪酸が体内で活性代謝物に変換され、積極的に抗炎症作用を発揮していることを見出してきました。これら内因性の炎症制御性物質をメタボローム解析により包括的に捉え、その生成機構や作用機構を分子レベルで明らかにすることは、炎症を基盤病態とする様々な疾患の病態解明および治療法の開発につながることが期待されます。さらに、新しい生理活性物質のディスカバリーフェーズを志向したメタボロミクス新技術の開発と応用を進めています。 

研究分野
分子生物学 
機能生物化学 
生物系薬学 
医化学一般 

研究キーワード
脂質生化学 
メタボロミクス 
炎症の制御 
生理活性物質 
リポクオリティ 

研究テーマ
ω3脂肪酸の代謝と抗炎症作用についての研究  2000/07/01-現在 
炎症の収束に関わる細胞と脂肪酸代謝系の包括的解析  2006/10/01-現在 
リピドミクス新技術の開発と応用  2014/04/01-現在 
リポクオリティが解き明かす生命現象  2015/07/01-現在 

研究業績(著書)
Chronic Inflammation, Mechanisms and Regulation (Miyasaka M, Takatsu K, eds.)  Arita M  Chapter 7: Lipid signals in the resolution of inflammation.  Springer  2016 
ヒトマイクロバイオーム研究最前線  磯部洋輔、池田和貴、有田誠  リピドミクス解析  NTS  2016 
脂質代謝異常と関連疾患(下巻)  加藤大雅、有田誠  第5章 第9節:炎症収束性脂質メディエーター  Life-Science Information Center  2015 
Bioactive Lipid Mediator (Yokomizo T, Murakami M, eds.)  Isobe Y, *Arita M  Chapter 11: Omega-3 fatty acid metabolism and regulation of inflammation  Springer  2015 
生体膜の分子機構(梅田真郷/編)  有田誠、小林哲幸  第1章:脂質の構造と代謝  化学同人  2014 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Stereoselective total synthesis of macrophage-produced prohealing 14,21-dihydroxydocosahexaenoic acids.  Nishimura K, Sakaguchi T, Nanba Y, Suganuma Y, Morita M, Hong S, Lu Y, Jun B, Bazan NG, Arita M, *Kobayashi Y.  J Org Chem  83, 154-166  2018  10.1021/acs.joc.7b02510 
研究論文(学術雑誌)  共著  12-OH-17,18-epoxyeicosatetraenoic acid alleviates eosinophilic airway inflammation in murine lungs.  Mochimaru T, *Fukunaga K, Miyata J, Matsusaka M, Masaki K, Kabata H, Ueda S, Suzuki Y, Goto T, Urabe D, Inoue M, Isobe Y, Arita M, Betsuyaku T.  Allergy  73, 369-378  2018  10.1111/all.13297 
研究論文(学術雑誌)  共著  Resolvin D1 enhances the resolution of lung inflammation caused by long-term Pseudomonas aeruginosa infection.  Codagnone M, Cianci E, Lamolinara A, Cecilia Mari V, Nespoli A, Arita M, Bragonzi A, Iezzi M, Romano M, *Recchiuti A.  Mucosal Immunol  11, 35-49  2018  10.1038/mi.2017.36. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Hyperoxidation of ether-linked phospholipids accelerates neutrophil extracellular trap formation.  Yotsumoto S, Muroi Y, Chiba T, Ohmura R, Yoneyama M, Magarisawa M, Dodo K, Terayama N, Sodeoka M, Aoyagi R, Arita M, Arakawa S, Shimizu S, *Tanaka M.  Sci Rep  7, 16026  2017  10.1038/s41598-017-15668-z 
研究論文(学術雑誌)  共著  ω3 fatty acid epoxides are autocrine mediators that ensure full activation of mast cells.  Shimanaka Y, Kono N, Taketomi Y, Arita M, Okayama Y, Tanaka Y, Nishito Y, Mochizuki T, Kusuhara H, Adibekian A, Cravatt BF, *Murakami M, *Arai H.  Nat Med  23, 1287-1297  2017  10.1038/nm.4417 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  リポクオリティが解き明かす生命現象  阪大微研Advanced Seminar Series on Microbiology and Immunology  2018/01/23 
口頭発表(招待・特別)  脂肪酸クオリティと疾患の制御  第20回動脈硬化研究会〜Fett班の集い〜  2017/12/01 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  オメガ3脂肪酸の機能性代謝物の同定を指向した最先端リピドミクス  日本薬物動態学会第32回年会  2017/11/29 
口頭発表(招待・特別)  オメガ3脂肪酸の体内での働き、最新の研究結果  第3回アマニフォーラム  2017/11/28 
口頭発表(招待・特別)  リポクオリティ研究が解き明かすもの -ω3脂肪酸の代謝と抗炎症作用-  油脂物性フォーラム2017  2017/11/16 
詳細表示...

担当授業科目
代謝生化学 
機能生理学2 
生物系薬学特論II 
システム生体機能学特論 
生化学2 
詳細表示...