English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

顔写真 教授 
有田 誠 
アリタ マコト 
ARITA Makoto 

1970年生まれ  
 
http://www.ims.riken.jp/labo/53/index_j.html  

経歴
東京大学  大学院薬学系研究科  助手  1997/04/01-2000/06/30 
ハーバード大学医学部  博士研究員  2000/07/01-2003/06/30 
ハーバード大学医学部  インストラクター  2003/07/01-2006/09/30 
科学技術振興機構  さきがけ  専任研究者  2006/10/01-2007/03/31 
東京大学  大学院薬学系研究科  准教授  2007/04/01-2014/03/31 
理化学研究所  統合生命医科学研究センター  チームリーダー  2014/04/01-現在 
横浜市立大学  大学院生命医科学研究科  客員教授  2014/04/01-現在 
慶應義塾大学  薬学部  教授  2016/06/01-現在 

学歴
東京大学  薬学部  1992/03/31  卒業 
東京大学  大学院薬学系研究科  修士  1994/03/31  修了 
東京大学  大学院薬学系研究科  博士  1997/03/31  修了 

学位
博士(薬学)  東京大学  1997/03/31 

学術受賞歴(賞、称号)
第9回国際エイコサノイド学会若手研究者賞(サンフランシスコ)  2005 
文部科学大臣表彰若手科学者賞  2009 
日本脂質栄養学会ランズ賞学術賞  2016 
詳細表示...

総合紹介
私たちはこれまでに、生体内の脂肪酸やリン脂質の代謝を網羅的かつ定量的に把握するためのメタボローム解析システムを構築し、炎症・代謝性疾患の制御において脂肪酸代謝バランスが重要であることを示してきました。中でも、EPAやDHAなどω3脂肪酸が体内で活性代謝物に変換され、積極的に抗炎症作用を発揮していることを見出してきました。これら内因性の炎症制御性物質をメタボローム解析により包括的に捉え、その生成機構や作用機構を分子レベルで明らかにすることは、炎症を基盤病態とする様々な疾患の病態解明および治療法の開発につながることが期待されます。さらに、新しい生理活性物質のディスカバリーフェーズを志向したメタボロミクス新技術の開発と応用を進めています。 

研究分野
分子生物学 
機能生物化学 
生物系薬学 
医化学一般 

研究キーワード
脂質生化学 
メタボロミクス 
炎症の制御 
生理活性物質 
リポクオリティ 

研究テーマ
ω3脂肪酸の代謝と抗炎症作用についての研究  2000/07/01-現在 
炎症の収束に関わる細胞と脂肪酸代謝系の包括的解析  2006/10/01-現在 
リピドミクス新技術の開発と応用  2014/04/01-現在 
リポクオリティが解き明かす生命現象  2015/07/01-現在 

研究業績(著書)
Chronic Inflammation, Mechanisms and Regulation (Miyasaka M, Takatsu K, eds.)  Arita M  Chapter 7: Lipid signals in the resolution of inflammation.  Springer  2016 
ヒトマイクロバイオーム研究最前線  磯部洋輔、池田和貴、有田誠  リピドミクス解析  NTS  2016 
脂質代謝異常と関連疾患(下巻)  加藤大雅、有田誠  第5章 第9節:炎症収束性脂質メディエーター  Life-Science Information Center  2015 
Bioactive Lipid Mediator (Yokomizo T, Murakami M, eds.)  Isobe Y, *Arita M  Chapter 11: Omega-3 fatty acid metabolism and regulation of inflammation  Springer  2015 
生体膜の分子機構(梅田真郷/編)  有田誠、小林哲幸  第1章:脂質の構造と代謝  化学同人  2014 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  The importance of bioinformatics for connecting data-driven lipidomics and biological insights.  Tsugawa H, Ikeda K, Arita M  Biochim Biophys Acta  1862, 762-765  2017  10.1016/j.bbalip.2017.05.006 
研究論文(学術雑誌)  共著  Gut microbiota promotes obesity-associated liver cancer through PGE2-mediated suppression of antitumor immunity.  Loo TM, Kamachi F, Watanabe Y, Yoshimoto S, Kanda H, Arai Y, Nakajima-Takagi Y, Iwama A, Koga T, Sugimoto Y, Ozawa T, Nakamura M, Kumagai M, Watashi K, Taketo M, Aoki T, Narumiya S, Oshima M, Arita M, Hara E, *Ohtani N.  Cancer Discov  7, 522-538  2017  10.1158/2159-8290.CD-16-0932. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Prolonged activation of IL-5 producing ILC2 causes pulmonary arterial hypertrophy.  Ikutani M, Tsuneyama K, Kawaguchi K, Fukuoka J, Kudo F, Nakae S, Arita M, Nagai Y, Takaki S, *Takatsu K.  JCI Insight  2, e90721  2017  10.1172/jci.insight.90721 
研究論文(学術雑誌)  共著  Comprehensive identification of sphingolipid species by in silico retention time and tandem mass spectral library.  Tsugawa H, Ikeda K, Tanaka W, Senoo Y, *Arita M, *Arita M  J Cheminform  9, 19  2017  10.1186/s13321-017-0205-3 
研究論文(学術雑誌)  共著  PNPLA1 has a crucial role in skin barrier function by directing acylceramide biosynthesis  Hirabayashi T, Anjo T, Kaneko A, Senoo Y, Shibata A, Takama H, Yokoyama K, Nishito Y, Ono T, Taya C, Muramatsu K, Fukami K, Muñoz-Garcia A, Brash AR, Ikeda K, Arita M, Akiyama M, *Murakami M.  Nature Commun  8, 14609  2017  10.1038/ncomms14609 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  健康における脂肪酸クオリティの重要性  第17回日本抗加齢医学会総会  2017/06/04 
口頭発表(招待・特別)  Lipidomics and discovery of novel bioactive omega-3 fatty acid metabolites  The 1st International Symposium on Lipid Science and Biotechnology  2017/04/28 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Advanced lipidomics to understand the quality difference of fatty acids in biological systems  第94回日本生理学会大会  2017/03/30 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Laboratory for Metabolomics, RIKEN-IMS  University of Strasbourg-RIKEN Workshop on Membrane Lipidology  2017/03/09 
口頭発表(招待・特別)  リポクオリティ研究から解き明かす生命現象  第41回皮膚科免疫セミナー  2017/03/04 
詳細表示...

担当授業科目
代謝生化学 
機能生理学2 
生物系薬学特論II 
システム生体機能学特論 
生化学2 
詳細表示...