日本語
KEIO UNIVERSITY 
Faculty of Pharmacy 
Department of Pharmacy 

Professor 
YAMAURA KATSUNORI 

Other Affiliation
薬学部附属・その他  附属薬局薬局長 

Career
株式会社ツムラ  創薬研究所  研究員  1991/04-1996/12 
保険薬局(あさひ調剤他)  6店舗(東京・埼玉・茨城)  管理薬剤師他  1997/01-2006/11 
圏央入間クリニック埼玉PET画像診断センター  あさひ調剤兼任  薬剤部長  2005/01-2006/11 
株式会社富士バイオメディックス  臨床CRO部門  臨床開発モニター(CRA)サブマネージャー  2006/12-2008/12 
千葉大学大学院  薬学研究院  講師  2009/01-2013/02 
千葉大学大学院  薬学研究院  准教授  2013/03-2015/03 
慶應義塾大学  薬学部  教授  2015/04-Present 

Academic Background
Chiba University  薬学部  総合薬品科学科  1989/03  Graduated 
Chiba University  薬学研究科博士前期課程   薬物学研究室  1991/03  Completed 
Chiba University  薬学研究科博士後期課程  薬物治療学研究室  Doctoral course  2002/03  Completed 

Licenses and Qualifications
薬剤師免許  1989/09/21 
第1種放射線取扱主任者  1992/04/03 
初級システムアドミニストレータ  1999/12/14 
介護支援専門員  2004/03/12 
健康食品管理士  2006/01/01 
上級個人情報保護士  2016/08/28 

Research Areas
Medical pharmacy 
Pain science 
Epidemiology and preventive medicine 

Research Keywords
社会薬学 
痒みと外用薬 

Research Achievements (Books)
臨床薬学テキストシリーズ 薬学と社会 医療経済・多職種連携とチーム医療・地域医療・在宅医療  YAMAURA KATSUNORI  1 在宅医療・介護 1-2 在宅医療・介護の目的と仕組み  中山書店  2017/09/11 
超簡単!!論文作成ガイド~『研究』しよう~  山浦 克典, 鈴木匡, 亀井美和子, 熊谷雄治, 伊勢雄也, 山本絋司, 飯嶋久志  第1章 研究をはじめる前に  薬事日報社  2016/04/15  978-4840813464 
薬学生のための新臨床医学―症候および疾患とその治療(細山田真, 市田公美編)  山浦 克典  掻痒  廣川書店  2015/09  978-4567497916 
Natural Bioactive Molecules: Impacts and Prospects (Goutam Brahmachari, ed.)  YAMAURA KATSUNORI, Ueno K  Anti-pruritic and anti-inflammatory herbal or natural products for treatment of skin disease  Narosa Publishing House  2013 
Allergic Diseases - Highlights in the Clinic, Mechanisms and Treatment, (Raffi Tachdjian, ed.)  YAMAURA KATSUNORI, Suzuki M, Namiki T, Ueno K  Expression of the histamine H4 receptor in human tissue  InTech  2012 
View details...

Research Achievements (Original Articles and Commentaries)
(MISC) Review or Commentary (other)  Single  第Ⅸ章 高齢者における薬剤使用の注意点 13.薬局薬剤師による服薬支援  YAMAURA KATSUNORI  内科  南江堂  121/ 4, 964-968  2018/04/01 
(MISC) Review or Commentary (business magazine)  Single  Column2 コラムⅠ:かゆみの不思議 「長期ステロイド外用でかゆみが強くなることがある?」  YAMAURA KATSUNORI  Visual Dermatology  学研メディカル秀潤社  16/ 11, 1057  2017/11/25 
Research paper (scholarly journal)  Joint  中学生に対する医薬品の適正使用教育と薬物乱用防止教育の在り方と他職種からの視点  YAMAURA KATSUNORI  社会薬学  36/ 1, 1-12  2017/06 
(MISC) Review or Commentary (business magazine)  Joint  水溶性基剤ろゲル基剤の違い  YAMAURA KATSUNORI  Visual Dermatology  学研メディカル秀潤社  16/ 5, 432-436  2017/04/25 
Research paper (scholarly journal)  Joint  検体測定室の未申請薬局における簡易血液検査の普及を阻害する要因の調査 -検体測定室の普及・継続に向けた全国調査研究(第2報)-  宮崎 源生、岩田 紘樹、小林 典子、藤本 和子、吉田 加奈、岡崎 光洋、山浦 克典  医療薬学  43/ 1, 34-40  2017/01/10 
View details...

Research Achievements (Oral/Poster Presentations)
Poster presentation  薬局実務実習におけるセルフメディケーション実習の実施状況と学生のニーズに基づいた事前学習の構築  日本社会薬学会第37年会  2018/10/07 
Poster presentation  薬学的疑義照会の不対応事例に関する医師の認識  日本社会薬学会第37年会  2018/10/07 
Poster presentation  乳幼児服薬支援ツールの検討 -乳幼児の服薬指導に対する薬剤師の意識とニーズの調査-  日本社会薬学会第37年会  2018/10/07 
Poster presentation  自記式質問紙方式による乾癬患者の幹部所見と搔痒との相関性の検討  日本社会薬学会第37年会  2018/10/07 
Poster presentation  保険薬局におけるプライバシー保護に対する来局患者の意識および要望  日本社会薬学会第37年会  2018/10/07 
View details...

Research Achievements (Intellectual Property Rights)
Patent  アントシアニン吸収促進剤及びアントシアニンを含む組成物  特願2015-216237  2015/11/03 
Patent  DP1アゴニストとステロイドとを含有する外用剤.  特願2014-194053  2014/09/24 
View details...

Awards
日本免疫毒性学会 奨励賞  慢性搔痒性皮膚疾患に関わる皮膚免疫の免疫毒性学的解析  2017/09/04 
第2回2012年度ファイザー賞  Expression of histamine H4 receptor in human epidermal tissues and attenuation of experimental pruritus using H4 receptor antagonist.  2012/07/18 
第18回日本免疫毒性学会学術大会 年会賞  長期外用ステロイド誘発性の新規マウス掻痒モデルの作成  2011/09/09 
View details...

Courses in Charge of
Geriatric Pharmacy and Home Medical Care 
Social Security System and Pharmacoeconimics 
Pharmaceutical Law and the Legal Sysem 
A(3)生命の大切さを知るためにー3(患者から学ぶ) 
早期体験学習(薬学科) 
View details...

Memberships in Academic Societies
日本薬学会 
日本老年薬学会 
日本免疫毒性学会 
SOT米国毒性学会  2015-Present 
日本抗加齢医学会 
View details...