English
慶應義塾大学 
環境情報学部 
環境情報学科 

顔写真 准教授 (有期) 
仲谷 正史 
ナカタニ マサシ 
NAKATANI Masashi 

 
http://www.merkel.jp/  

J-GLOBALへのリンク

プロフィール
触覚研究者。
2007年、Harvard University Division of Engineering Applied SciencesにてResearch Assistantを経た後、2008年に東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。同年、民間企業において触感評価技術の開発に従事。2009年より慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科リサーチャーを兼任。2012年4月より、日本学術振興会・特別研究員(SPD)として慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科・訪問研究員。2012年8月より、共同研究先であるColumbia University Medical CenterにてPostdoctoral Research Fellow。Fishbone Tactile Illusionを心理学・工学の観点から評価した研究を発展させ、メルケル細胞の生理学研究に従事。2015年度はJST-ACCELプロジェクト「触原色に立脚した身体性メディア技術の基盤構築と応用展開」の特任研究員として参画。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科にて特任准教授(非常勤)。2016年6月より北海道大学電子科学研究所学術研究員。2016年12月よりJSTさきがけ研究者(領域:社会と調和した情報基盤技術の構築)。2017年4月より現職。

教務・学務の傍ら、2007年に立ち上げたTECHTILEの活動を通じ、触れることを起点とする価値づくりやその社会展開・普及に携わる。共著書として『触楽入門』(朝日出版社)、『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)を執筆する。 

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら