English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 人間関係 

教授 
三尾 裕子 
ミオ ユウコ 
Mio Yuko 

J-GLOBALへのリンク

名誉教授授与大学名
東京外国語大学 

経歴
東京大学  教養学部  助手  1986/10/16-1990/01/31 
東京外国語大学  アジア・アフリカ言語文化研究所  助手  1990/02/01-1994/03/31 
東京外国語大学  アジア・アフリカ言語文化研究所  助教授  1994/04/01-2007/03/31 
東京外国語大学  アジア・アフリカ言語文化研究所  教授  2007/04/01-2015/03/31 
東京外国語大学  アジア・アフリカ言語文化研究所  所長  2013/04/01-2015/03/31 
慶應義塾大学  文学部  教授  2015/04/01-現在 

学歴
東京大学  教養学部  1982/03/31  卒業  日本 
東京大学  社会学研究科修士課程  修士  1984/03/31  修了  日本 
東京大学  社会学研究科博士課程  文化人類学  博士  1986/10/15  退学  日本 

学位
博士(学術)  東京大学  2004/10/28 

研究分野
文化人類学・民俗学 

研究キーワード
東アジア 台湾 ベトナム 宗教 植民地主義 歴史認識 エスニシティ研究 華人研究 

研究業績(著書)
台湾語中級  三尾 裕子(監修)  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2014  978-4-86337-161-3 
台湾語研修テキスト語彙集  陳麗君・蔡承維・林虹瑛・三尾 裕子  東京外国語大学  2012  URL 
台湾語入門  陳麗君・蔡承維・林虹瑛・三尾 裕子  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2012  URL 
グローバリゼーションズ-人類学・歴史学・地域研究の現場から  三尾 裕子・床呂郁哉  弘文堂  2012/12/05  4335561180 
台湾における〈植民地〉経験 日本認識の生成・変容・断絶  植野弘子・三尾 裕子  風響社  2011/01/31  978-4894891753 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
(MISC)研究論文  単著  中国系移民におけるグローバリゼーション経験-ベトナムを中心として-  三尾 裕子  グローバリゼーションズ-人類学・歴史学・地域研究の現場から  弘文堂  53-90  2012/12/15 
(MISC)研究論文  共著  序論 なぜ「グローバリゼーションズ」なのか  三尾 裕子・床呂郁哉  グローバリゼーションズ-人類学・歴史学・地域研究の現場から  弘文堂  1-30  2012/12/15 
研究論文(学術雑誌)  共著  台湾の人類学研究における「バトン・タッチの儀式」 1926年4月の森丑之助から移川子之蔵への手紙  所澤潤・三尾 裕子  台湾原住民研究  16, 123-138  2012/11/20 
(MISC)研究論文  単著  民族学から人類学へ―学問の再編と大学教育  三尾 裕子  日本の人類学 植民地主義、異文化研究、学術調査の歴史  関西学院大学出版会  455-493  2011/08/20 
(MISC)研究論文  単著  警察官用原住民語教科書に見える原住民へのまなざし  三尾 裕子  台湾における〈植民地〉経験 日本認識の生成・変容・断絶  風響社  259-299  2011/01/31 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(基調)  現代台湾における「日本」の意味の変容について‐人類学的視点から  第7回台湾ローマ字国際会議  2015/05/23  URL  「日本」及び日本人による文化人類学的な研究を歴史的に概観した後、日本植民地時代経験者の退場が進む中で、「日本」が現代台湾の文化的脈絡において再配置され、新たな意味付けを与えられていることを論じた。 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Continuity and Discontinuity seen in the Japanese Anthropological Tradition : A Case of Dr. UTSURIKAWA Nenozo  American Association for the Advancement of Science, Pacific Division Annual Meeting,  2014/06/19  URL 
詳細表示...