English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬科学科 

教授 
長谷 耕二 
ハセ コウジ 
HASE Koji 

http://square.umin.ac.jp/keio-dbc/  

J-GLOBALへのリンク

研究分野
免疫学 
消化器内科学 

研究業績(著書)
ヒトマイクロバイオーム研究最前線  長谷 耕二  腸内細菌定着と宿主エピゲノム変化  (株)エヌ・ティー・エス   2016/03/01  978-4-86043-449-6 
エピジェネティクスキーワード事典  長谷 耕二, 古澤之裕, 尾畑佑樹  自己免疫・アレルギー疾患とエピジェネティクス  羊土社  2013/12/01 
臨床粘膜免疫学  長谷 耕二  粘膜上皮細胞における抗原捕捉と提示  (株)シナジー  2010/12/20 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Sox8 is essential for M-cell maturation to accelerate IgA response at the early stage after weaning in mice  Kimura S, Kobayashi N, Nakamura Y, Kanaya T, Takahashi D, Fujiki R, Mutoh M, Obata Y, Iwanaga T, Nakagawa T, Kato N, Sato S, Kaisho T, Ohno H, and *HASE Koji  J. Exp. Med.  in press  2019 
共著  A partial agonist for retinoid X receptor mitigates experimental colitis.  Onuki M, Watanabe M, Ishihara N, Suzuki K, Takizawa K, Hirota M, Yamada T, Egawa A, Shibahara O, Nishii M, Fujihara M, Makishima M, Takahashi D, Furusawa Y, Kakuta H, HASE K  Int. Immunol.  [Epub ahead of print]  2018/12/26  10.1093/intimm/dxy089 
(MISC)総説・解説(商業誌)  共著  腸内エコロジーを支える生物間代謝経路  山田恭央, 長谷 耕二  実験医学  36/ 18, 3964-3069  2018/11/01 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  腸内エコロジーの破綻と炎症性腸疾患  長谷 耕二  実験医学  36/ 18, 3054-3058  2018/11/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  Oral Administration of Porphyromonas gingivalis Alters the Gut Microbiome and Serum Metabolome  Kato T, Yamazaki K, Nakajima M, Date Y, Kikuchi J, HASE K, Ohno H, Yamazaki K.  mSphere  3/ 5, e00460-18  2018/10/17 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  飢餓ストレスによるリンパ球の動態制御  2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017)  2017/12/07 
口頭発表(招待・特別)  腸内細菌由来の酪酸による全身性自己免応答の制御  第22回日本食物繊維学会  2017/11/25 
口頭発表(招待・特別)  マイクロバイオータとアレルギー  第54回小児アレルギー学会  2017/11/17 
口頭発表(招待・特別)  Intestinal microbiota-derived metabolites regulate autoimmunity through epigenetic modifications  Fujihara Seminar  2017/09/13 
口頭発表(招待・特別)  Microbiota-derived metabolites shape host immunity  第59回歯科基礎医学会学術大会  2017/09/08 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第53回ベルツ賞(2等賞)  宿主-腸内細菌叢相互作用  2016/11/24 
第12回日本学術振興会賞  粘膜面における免疫制御機構の解明  2016/02/24 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら