English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
松元 一明 
マツモト カズアキ 
MATSUMOTO Kazuaki 

経歴
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院  薬剤部  医療職員  2003/04/01-2007/03/31 
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院  薬剤部  主任  2007/04/01-2014/03/31 
慶應義塾大学薬学部  実務薬学講座  准教授  2014/04/01-2017/03/31 
慶應義塾大学薬学部  薬効解析学講座  教授  2017/04/01-現在 

学歴
熊本大学  薬学部  薬学科  1998/03/25  卒業  日本 
熊本大学  薬学研究科  博士前期  2000/03/24  修了  日本 
熊本大学  薬学研究科  博士後期  2003/03/25  修了  日本 

学位
博士(薬学)  熊本大学  2003/03/25 

学術受賞歴(賞、称号)
第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)  CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例  2017/11/28 
MRSAフォーラム2016優秀ポスター賞  整形外科清潔手術における非保菌者のMRSA手術部位感染発症リスクの検討  2016/07/23 
MRSAフォーラム2015優秀ポスター賞  積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果  2015/07/11 
第16回日本感染症医薬品協会奨励賞  ボリコナゾールのCYP2C19遺伝子多型解析に基づく至適投与量設計法の確立  2014/10/06 
平成23年度日本薬学会九州支部学術奨励賞  抗菌薬の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法の開発  2011/12/10 
詳細表示...

免許・資格
薬剤師免許証  1998/07/29 
日本薬剤師研修センター認定薬剤師  2006/03/17 
日本医療薬学会認定薬剤師  2009/01/01 
インフェクションコントロールドクター  2009/01/01 
感染制御専門薬剤師  2009/03/14 
日本医療薬学会指導薬剤師  2010/01/01 
抗菌化学療法認定薬剤師  2010/03/01 

研究分野
医療系薬学 

研究キーワード
抗菌化学療法 
高齢者医療 
Drug Delivery System 

研究テーマ
医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究  2014/04/01-現在 

研究業績(著書)
救急レジデントマニュアル第6版  松元一明  薬剤査読  医学書院  2018/05 
感染症治療のエッセンス&ピットフォール  松元一明  抗菌薬の髄液移行性  じほう  2018/03 
今日の治療指針2018  松元一明  市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報  医学書院  2018/01 
厚生労働省委託事業 平成29年度院内感染対策講習会テキスト  松元一明  TDM(グリコペプチド系薬、アミノグリコシド系薬における目標血中濃度とそれに基づく投与設計)  一般社団法人 日本感染症学会  2017/10 
薬剤師のための感染制御マニュアル第4版  松元一明  腎障害時における抗菌薬の適正使用(抗真菌薬を含む)  薬事日報社  2017/04 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Clostridioides(Clostridium)difficile感染症診療ガイドライン.  國島広之, 大毛宏喜, 鈴木広道, 中村敦, 松元一明, 三鴨廣繁, 森伸晃, 森永芳智, 栁原克紀, 山岸由佳, 吉澤定子.  感染症学雑誌  92, 819-854  2018/11  0387-5911 
研究論文(学術雑誌)  共著  Pharmacokinetic and pharmacodynamic studies of pregabalin suppositories based on pharmacological research.  Ryo Yajima , Kazuaki Matsumoto, Kanako Yokono, Yuki Watabe, Yuki Enoki, Kazuaki Taguchi, Yuya Ise, Shiro Katayama, Junko Kizu.  JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY  in press  2018/11  2042-7158 
研究論文(学術雑誌)  共著  Oral vancomycin versus metronidazole for the treatment of Clostridioides difficile infection: meta-analysis of randomized controlled trials.  Yuki Igarashi, Sho Tashiro, Yuki Enoki, Kazuaki Taguchi, Kazuaki Matsumoto, Hiroki Ohge, Hiromichi Suzuki, Atsushi Nakamura, Nobuaki Mori, Yoshitomo Morinaga, Yuka Yamagishi, Sadako Yoshizawa, Katsunori Yanagihara, Hiroshige Mikamo, Hiroyuki Kunishima.  JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  24, 907-914  2018/11  1341-321X 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  高齢者が低栄養になるとどうなる?体内動態の変化と服薬上のリスク.  榎木裕紀、松元一明  調剤と情報  24, 2126-2130  2018/10 
研究論文(学術雑誌)  共著  Stability of benzylpenicillin potassium and ampicillin in an elastomeric infusion pump.  Tomomi Nakamura, Yuki Enoki, Shunsuke Uno, Yoshifumi Uwamino, Osamu Iketani, Naoki Hasegawa, Kazuaki Matsumoto.  JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  24, 856-859  2018/10  1341-321X 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  刻印錠と両面印字錠の一包化鑑査業務効率化に及ぼす影響.  第28回日本医療薬学会年会  2018/11 
口頭発表(一般)  内服困難患者の疼痛管理を目指したプレガバリン坐剤の基礎的研究.  第28回日本医療薬学会年会  2018/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  シンポジウム12:敗血症患者における抗菌薬適正使用の理論と実践「敗血症時の薬物動態」.  第31回日本外科感染症学会総会学術集会  2018/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  パネルディスカッション3:Clostridioides (Clostridium) difficile 感染症の診断と治療、対策「CDIの治療」.  第31回日本外科感染症学会総会学術集会  2018/11 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  メディカルセミナー22:耐性菌感染症治療up to date.  第28回日本医療薬学会年会  2018/11 
詳細表示...