English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
松元 一明 
マツモト カズアキ 
MATSUMOTO Kazuaki 

経歴
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院  薬剤部  医療職員  2003/04/01-2007/03/31 
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院  薬剤部  主任  2007/04/01-2014/03/31 
慶應義塾大学薬学部  実務薬学講座  准教授  2014/04/01-現在 
慶應義塾大学薬学部  薬効解析学講座  教授  2017/04/01-現在 

学歴
熊本大学  薬学部  薬学科  1998/03/25  卒業  日本 
熊本大学  薬学研究科  博士前期  2000/03/24  修了  日本 
熊本大学  薬学研究科  博士後期  2003/03/25  修了  日本 

学位
博士(薬学)  熊本大学  2003/03/25 

学術受賞歴(賞、称号)
第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)  CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例  2017/11/28 
MRSAフォーラム2016優秀ポスター賞  整形外科清潔手術における非保菌者のMRSA手術部位感染発症リスクの検討  2016/07/23 
MRSAフォーラム2015優秀ポスター賞  積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果  2015/07/11 
第16回日本感染症医薬品協会奨励賞  ボリコナゾールのCYP2C19遺伝子多型解析に基づく至適投与量設計法の確立  2014/10/06 
平成23年度日本薬学会九州支部学術奨励賞  抗菌薬の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法の開発  2011/12/10 
詳細表示...

免許・資格
薬剤師免許証  1998/07/29 
日本薬剤師研修センター認定薬剤師  2006/03/17 
日本医療薬学会認定薬剤師  2009/01/01 
インフェクションコントロールドクター  2009/01/01 
感染制御専門薬剤師  2009/03/14 
日本医療薬学会指導薬剤師  2010/01/01 
抗菌化学療法認定薬剤師  2010/03/01 

研究分野
医療系薬学 

研究キーワード
抗菌化学療法 
感染制御 

研究テーマ
医薬品の薬効評価と副作用解析に基づいた至適投与方法に関する研究  2014/04/01-現在 

研究業績(著書)
今日の治療指針2018  松元一明  市中肺炎/急性中耳炎 服薬指導・薬剤情報  医学書院  2018/01 
厚生労働省委託事業 平成29年度院内感染対策講習会テキスト  松元一明  TDM(グリコペプチド系薬、アミノグリコシド系薬における目標血中濃度とそれに基づく投与設計)  一般社団法人 日本感染症学会  2017/10 
薬剤師のための感染制御マニュアル第4版  松元一明  腎障害時における抗菌薬の適正使用(抗真菌薬を含む)  薬事日報社  2017/04 
小児科外来 薬の処方プラクティス  木津純子、松元一明  薬の飲ませ方 効果的な処方  中山書店  2016/12 
マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術  松元一明  OTC薬の抗真菌薬のポイントについて教えてください  メディカルレビュー社  2016/11 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  一包化調剤薬の鑑査業務における刻印錠と両面印字錠の比較.  松元一明, 大森栄, 石井伊都子, 川久保孝, 神田博仁, 鈴木貴明, 横山威一郎, 中澤一純, 木津純子.  日本病院薬剤師会雑誌  in press  2017/12  1341-8815 
研究論文(学術雑誌)  共著  Development of HPLC with fluorescent detection using NBD-F for the quantification of colistin sulfate in rat plasma and its pharmacokinetic applications.  Sui Ouchi, Kazuaki Matsumoto, Maki Okubo, Yuta Yokoyama, Junko Kizu.  BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY  in press  2017/12  1099-0801 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  抗真菌薬.  松元一明.  薬局  68, 3817-3819  2017/12 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  高齢者肺炎における抗菌薬治療の注意点.  松元一明.  月刊薬事  59, 2631-2635  2017/10 
研究論文(学術雑誌)  共著  Dosing optimization of meropenem based on a pharmacokinetic analysis in patients receiving hemodiafiltration and an in vitro model.  Yuta Yokoyama, Kakine Nishino, Kazuaki Matsumoto, Yuki Inomoto, Kaori Matsuda, Rin-nosuke Nakamura, Nobuhiro Yasuno, Junko Kizu.  JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  in press  2017/09  1341-321X 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  薬剤師の立場から-曝露後予防投与について-.  第271回ICD講習会  2017/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  抗菌薬の薬効評価と副作用解析に基づいた新たな薬物療法の構築.  第34回日本薬学会九州支部大会  2017/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  Pharmacokinetic/pharmacodynamic evaluation of sulbactam against Acinetobacter baumannii infections.  The 27th Annual Meeting of the Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences  2017/11 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  加齢による臓器能低下に伴う薬物投与設計支援について.  第27回日本医療薬学会年会  2017/11 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  抗微生物薬の相互作用.  第45回抗菌薬適正使用生涯教育セミナー  2017/10 
詳細表示...