English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
漆原 尚巳 
ウルシハラ ヒサシ 
Urushihara Hisashi 

Tel.03-5400-2649  
Fax.03-5400-2649  
 

経歴
日本イーライリリー株式会社  1995/04/01-2008/03/31 
京都大学  医学研究科薬剤疫学分野  特定助教  2008/04/01-2012/09/30 
京都大学  医学研究科 医の倫理委員会  特任講師  2012/10/01-2013/08/31 
慶應義塾大学  薬学部  准教授  2013/09/01-2016/03/31 
慶應義塾大学  薬学部 医薬品開発規制科学講座  教授  2016/04/01-現在 

学歴
京都大学  医学研究科  社会健康医学系専攻  博士後期  2008/03/24  修了  日本 
北海道大学  薬学研究科  修士  1992/03  修了  日本 

学位
薬学修士  北海道大学  1992/03 
医学博士(社会健康医学)  京都大学  2008/03/24 

学術受賞歴(賞、称号)
第2回 藤田利治賞  第2回 藤田利治賞 薬剤疫学分野.  2014/03/02 
詳細表示...

研究分野
疫学・薬剤疫学 
規制科学 
医療技術評価学 

研究キーワード
医薬品安全性監視 
レギュラトリーサイエンス 

競争的資金等の研究課題
ウェアラブルデバイスを使用したがん性疼痛管理における医療用麻薬の客観的有用性評価  文部科学省  平成28年度 基盤研究(C)  2016-2018 
スイッチOTC薬導入による医療用医薬品処方への影響と社会経済学的効用の評価  薬学研究奨励財団  研究助成金グループB  2014-現在 
創薬ルネサンス:既承認薬の滞在能力を引き出す体内資源活用の研究基盤形成  文部科学省  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業  2014-2017 
患者及び医療関係者との医薬品等安全対策情報のリスクコミュニケーションに関する研究  厚生労働省  厚生労働省科学研究費補助金  2013-2014 
健康危機管理事態において用いる医学的対処の研究開発環境に関する研究  厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2012/03-現在 
詳細表示...

研究業績(著書)
スタンダード薬学シリーズII 薬学総論Ⅰ. 薬剤師としての基本事項.  漆原 尚巳. 編日本薬学会  第Ⅱ部 薬剤師に求められる倫理観 第8章 研究倫理. SBO38, 39, 40.  東京化学同人. 東京.  2015 
臨床現場で実践する薬学研究のススメ.  漆原 尚巳,澤田康文  Step 2-3.「統計ソフトの選び方と解析時のポイント」. pp122-135  南山堂. 東京.  2014/10 
医薬品のレギュラトリーサイエンス  豊島聰編, 黒川達夫編, 望月眞弓, 漆原尚巳, 他9名  第4章 患者・健常人で有効性や安全性を確かめるための手立て Ⅲ 臨床研究における統計学の基礎。pp77-87  南山堂. 東京.  2014/02 
最悪に備えよ  漆原尚巳. 編 杉森裕樹, 大神英一, 山本美智子, 折井孝男, 中山健夫  第4章 危機管理のための一般モデルおよび理論 471  株式会社じほう, 日本  2013/06 
~欧・米・中、日本を中心とした~ 世界への薬事申請書の書き方 成功へのバイブル ≪ 医薬品・医療機器・体外診断薬 ≫  漆原尚巳  第2部 米国編 第1章 医薬品8節 米国における市販後安全性監視.  技術情報協会, 日本  2012/12 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
Persistence of oral antidiabetic treatment for type 2 diabetes characterized by drug class, patient characteristics and severity of renal impairment: A Japanese database analysis  Kadowaki, T., Sarai, N., Hirakawa, T., Taki, K., Iwasaki, K. and Urushihara, H.  Diabetes Obes Metab  2018/07/04  1463-1326  10.1111/dom.13463  URL 
【Real World Data(実臨床データ)を用いた臨床疫学研究】 Real World Dataを用いた薬剤疫学研究の薬事利用に関する一考察 GCP renovationにおける"Fit-for-purpose data quality"の実践  漆原尚巳 and 種村菜奈枝  医学のあゆみ  265/ 11, 945-951  2018/06  0039-2359  URL 
Effectiveness of influenza vaccination for children in Japan: Four-year observational study using a large-scale claims database  Shibata, Natsumi, Kimura, Shinya, Hoshino, Takahiro, Takeuchi, Masato and Urushihara, Hisashi  Vaccine  36/ 20, 2809-2815  2018/05/11  0264-410X  https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.03.082  URL 
共著  製造販売後調査における被験者同意と倫理審査  漆原尚巳, 村上結香, 松井健志, 田代志門  YAKUGAKU ZASSHI  全国病院調査  2017 
共著  The need for consumer science and regulatory science research on functional foods with health claims - What should we do to harmonize science and technology with society?  Tanemura N, Hamadate N, Urushihara H.  Trends in Food Science & Technology  67, 280-283  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  3-7-O13-02調剤薬局におけるインシデントの分析と調剤過誤防止策  第27回日本医療薬学会年会  2017/11/05 
口頭発表(一般)  製造販売後調査の受託及び実施における倫理審査と被験者同意に関する調査. シンポジウム51製造販売後調査に求められる倫理規範とその現況  第27回日本医療薬学会年会  2017/11/05 
口頭発表(一般)  Efficacy of unapproved drugs in compassionate use in comparison with clinical trial results: A systematic review  The DIA 2017 Annual Meeting  2017/07/19 
口頭発表(一般)  米国と日本における向精神薬の小児適応状況の比較  第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会  2017/07/08 
口頭発表(一般)  ASEAN諸国(タイ、シンガポール)と日本の添付文書の比較  第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会  2017/07/08 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第二回藤田賞 薬剤疫学分野受賞  2014/03/02 
詳細表示...

担当授業科目
C17(1)医薬品開発と生産のながれ 
臨床薬物評価学 
薬学英語 
C17(4)(5)治験・バイオスタティスティクス 
詳細表示...

教育実績
慶應義塾大学薬学部医薬品開発規制科学講座学生指導  2015-現在 
詳細表示...

社会活動
日本製薬医学会   2015/07-現在  理事 
日本製薬医学会 エーザイ株式会社   2014/11-現在  Medical Safety部会 部会長 薬剤疫学専門家 
日本薬剤疫学会  2013/10-現在  理事 
恩賜財団済生会病院   2013/10-現在  中央治験審査委員会 委員 
日本薬剤疫学会  2013/04-現在  適正なリスク管理計画実施のためのガイドライン作成タスクフォース 委員 
詳細表示...

所属学協会
International Society of Patient Outcome and Research 
International Society of Pharmacoepidemiology 
Drug Information Association 
日本医薬品情報学会 
日本臨床疫学会 
詳細表示...

委員歴
日本製薬医学会  理事  2015/07-現在 
日本製薬医学会  Medical Safety部会 部会長  2014/11-現在 
恩賜財団済生会病院   中央治験審査委員会 委員  2013/10-現在 
日本薬剤疫学会   理事、COI委員会委員長  2013/09-現在 
日本薬剤疫学会   適正なリスク管理計画実施のためのガイドライン作成タスクフォース 委員  2013/04-2014/03 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら