English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
青森 達 
アオモリ トオル 
AOMORI Tohru 

1976年生まれ  

研究業績(著書)
精神科領域におけるEBP. Progressive Pharmacist  青森 達  2010 
薬剤師による処方支援 ワルファリン投与における処方支援  青森 達  医薬ジャーナル  2008 
臨床検査データブック 2007-2008  青森 達  医学書院  2007 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Sex differences in the blood concentration of tacrolimus in systemic lupus erythematosus and rheumatoid arthritis patients with CYP3A5*3/*3.  青森 達  Biochemical Genetics  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Suppression of antibody to infliximab by azathioprine in a patient with rheumatoid arthritis.  青森 達  Die Pharmazie  72, 95-97  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of genetic polymorphisms of azathioprine-metabolizing enzymes on response to rheumatoid arthritis treatment  青森 達  Die Pharmazie  72, 22-28  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Significant decreases in blood propofol concentrations during laparoscopic adrenalectomy for phaeochromocytoma.  青森 達  Br J of Clin Pharmacol  83/ 10, 2205-2213  2017/07 
研究論文(学術雑誌)  OTC薬実習の問題点とその改善のための提案.  剱田侑希, 門田佳子, 鈴木小夜, 青森達, 小林典子, 高木彰紀, 手塚淑人, 大谷壽一, 中村智徳  医療薬学誌  40, 117-123  2014 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  クラウドソーシングを用いた副作用に関する患者の日常用語の収集と評価  第27回日本医療薬学会年会  2017/11 
口頭発表(一般)  未承認新規医薬品、禁忌・適応外使用に関する院内サーベイランス体制の構築  第27回日本医療薬学会年会  2017/11 
ポスター発表  がん患者の緩和ケアに視点をおいた、病院薬剤師と保険薬局薬剤師の連携についての検討  第50回日本薬剤師会学術大会  2017/10 
ポスター発表  Meta-analytic population pharmacokinetic analysis to evaluate the effect of renal dysfunction on imatinib clearance in Japanese subjects.  5th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology 2017  2017/09 
ポスター発表  生活者にとって分かりやすい一般用医薬品添付文書の構成に関する研究  第61回日本薬学会関東支部大会  2017/09 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第66回日本食道学会学術集会優秀ポスター演題賞(メディカルスタッフ)  食道癌化学放射線療法における免疫栄養剤併用の有用性.  2012/06    
優秀ポスター賞  日本製および海外性サリドマイド製剤における溶出性と血中濃度推移の関連性の検討.  2007/09    
詳細表示...