English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

助教 
今岡 鮎子 
イマオカ アユコ 
IMAOKA Ayuko 

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  The extent of drug-drug interaction between amlodipine and activated acharcoal is attenuated by food intake in rats.  Drug Metabolism and Pharmacokinetics  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Food intake attenuates the drug interaction between new quinolones and aluminum.  Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences  4  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  5-Fluorouracil-Induced Gastrointestinal Damage Impairs the Absorption and Anticoagulant Effects of Dabigatran Etexilate.  Journal of pharmaceutical sciences  107/ 5, 1430-1433  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  5-Fluorouracil treatment alters the expression of intestinal transporters in rats.  Biopharmaceutics & Drug Disposition  38/ 9, 509-516  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Inactivation kinetics and residual activity of CYP3A4 after treatment with erythromycin.  Biopharmaceutics & Drug Disposition  38/ 7, 420-425  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  CYP2D6 variants 間の阻害剤感受性の差異がもたらす臨床的影響の in silico 評価  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09 
ポスター発表  ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および OATP2B1 の pH sensitive な輸送特性の解析  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09 
ポスター発表  ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および 2B1 の輸送能の pH 依存性  第2回フレッシャーズカンファランス  2018/07 
ポスター発表  食事とその粘度がフェノバルビタールと活性炭の相互作用の程度に及ぼす影響  医療薬学フォーラム2018  2018/06 
ポスター発表  CYP3A4 遺伝的 variants 間の温度感受性の差異  日本薬学会第138年会  2018/03 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
優秀発表賞  イリノテカンによる消化管障害がジゴキシンの吸収に与える影響  2017/09 
優秀ポスター賞  医薬品と活性炭との相互作用の回避のための投与設計法の構築と評価  2017/07 
優秀発表賞  薬物吸収に対する胃内pHおよび食事の影響 -小動物を用いた評価-  2017/06 
優秀発表賞  5-FU誘発性消化管障害時のジゴキシンの吸収変動  2017/06 
優秀発表賞  グレープフルーツジュース成分およびresveratrolのCYP2C9阻害特性解析  2017/03 
詳細表示...