English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
大西 広 
オオニシ ヒロシ 
ONISHI HIROSHI 

1956年生まれ  
Tel.03-6809-3453  
 

J-GLOBALへのリンク

名誉教授授与大学名
京都大学 

プロフィール
 大学院を修了後、最初の大学では近代経済学の原論を担当し、その後、京大で経済統計学を担当した後、現在の慶應経済ではマルクス経済学の原論を担当している。これらはまったく違った三分野に見えるがそうではない。現代のマルクス経済学では数学利用は当たり前のことで、かつまた主流派近代経済学との接点も非常に多い。これは、主流派経済学がゲーム論などの開拓で発展してきたことにもよるが、他方で、マルクス経済学が「反主流派」的な傍流意識を捨てさえすれば得られる結論でもある。もう少し言うと、マルクスが『資本論』で主に解明したのは、詐欺瞞着も暴力もない純粋な等価交換の世界でも労働搾取が成立していることであった。だから、ここでの経済像はまったく新古典派的な「純粋資本主義」でも一向に構わない。そうであっても、搾取が存在するということがマルクスの主張の中心点だったからである。
 したがって、私が開拓してているモデルは基本的には一切の外部性も、情報の不完全性も、そして経済主体の非合理性もない新古典派的な世界のものである。これを前提としても労働搾取の存在することはすでに置塩信雄によって証明されているが(「マルクスの基本定理」)、私はそれを動学モデルとして拡張し、資本主義の死滅を証明した。ここで言う「資本主義の死滅」とは「資本蓄積が社会の第一義的課題であることを辞めること」を意味している。
 数学モデルの良いところは、個々のモデルの前提が明示され、したがって、その限界を次の研究で突破することができることである。このため、私の研究グループは各方面にこのモデル(「マルクス派最適成長モデル」)の拡張作業を行なっている。その概要は、大西広『マルクス経済学(第二版)』慶應義塾大学出版会、2015年で見ることができる。  

経歴
立命館大学  経済学部  助教授  1985/04/01-1991/03/31 
京都大学  経済部部/経済学研究科  助教授→教授  1991/04/01-2012/03/31 

学歴
京都大学  経済学部  経済学科  1980/03/31  卒業  日本 
京都大学  経済学研究科  修士  1982/03/31  修了  日本 
京都大学  経済学研究科  博士後期  1985/03/31  単位取得退学  日本 

学位
経済学博士(京都大学)  京都大学  1991/01/23 

学術受賞歴(賞、称号)
Distinguished Achievement of Political Economy in the 21st Century  2009/05/28 
Distinguished Achievement of Political Economy in the 21st Century  2009/05/28 
詳細表示...

研究分野
理論経済学 
経済統計 

研究キーワード
マルクス経済学 
史的唯物論 
最適成長論 

研究業績(著書)
マルクス経済学(第2版)  大西 広  慶應義塾大学出版会  2015/08/31  978-4-7664-2248-1 
中国の少数民族問題と経済格差  大西 広  京都大学学術出版会  2012/09/20 
資本主義以前の「社会主義」と資本主義後の社会主義--工業社会の成立とその終焉  大西 広  大月書店  1992/02/26 
環太平洋諸国の興亡と相互依存--京大環太平洋モデルの構造とシミュレーション  大西 広  京都大学学術出版会  1998/04/01 
経済=統計学  大西 広  昭和堂  2008/04/25 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
Birth of agriculture and its development caused by population pressure  Tazoe Atsushi, Onishi Hiroshi  Information (Japan)  18/ 3, 965-975  2015/03/01  1343-4500 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
21世紀世界政治経済学賞  2008/05/25 
詳細表示...

担当授業科目
マルクス経済学 
現代資本主義論 
詳細表示...

所属学協会
世界政治経済学会  2006/05/25-現在 
経済理論学会 
基礎経済科学研究所 
北東アジア学会 
国際アジア共同体学会 
詳細表示...

委員歴
北東アジア学会  会長  2014/09/21-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら