English
慶應義塾大学 
理工学部 
機械工学科 

専任講師 
安藤 景太 
アンドウ ケイタ 
ANDO Keita 

 
http://www.kando.mech.keio.ac.jp  

経歴
カリフォルニア工科大学 ポスドク研究員  2010/07-2010/08 
ナンヤン工科大学 ポスドク研究員  2010/10-2012/03 
慶應義塾大学理工学部 専任講師  2012/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  理工学部  機械工学  2005/03  卒業 
カリフォルニア工科大学  理工学研究科  機械工学  修士  2006/06  修了  アメリカ 
カリフォルニア工科大学  理工学研究科  機械工学  博士  2010/06  修了  アメリカ 

学位
Ph.D.  カリフォルニア工科大学  2010/06 
M.S.  カリフォルニア工科大学  2006/06 

研究分野
流体工学 

研究キーワード
混相流 
キャビテーション 
気泡力学 
超音波 
衝撃波 
計算流体力学 
熱・物質移動 

競争的資金等の研究課題
高機能性マイクロジェットの生成法確立と医工学利用基盤の構築  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(基盤研究(A))  2017/04/01-2021/03/31 
粘弾性体キャビテーションの静的・動的力学特性を解像するプリセット型計測法の開発  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(若手研究(A))  2017/04/01-2020/03/31 
超音波を利用した食品加工技術の開発  共同研究契約  2016/04/01-2018/03/31 
液中レーザー誘起現象における熱力学的散逸の定量評価のための計測法の開発  補助金  公益財団法人東電記念財団  研究助成(基礎研究)  2016/04/01-2018/03/31 
粘弾性体近傍の気泡と超音波の干渉によるソノポレーション効果に関する研究  補助金  慶應義塾先端科学技術研究センター指定研究プロジェクト 次世代先端分野探索研究  2016/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
ファインバブル入門  寺坂宏一,氷室昭三,安藤景太,秦隆志  3章(音響工学とファインバブル),8.1節(超音波洗浄)  日刊工業新聞社  2016/11  978-4-86487-588-2  ファインバブル(微細気泡)の基礎(物理化学、音響工学、化学工学、生物学)および関連技術・応用(発生技術、気泡計測技術、洗浄、水産業、農業、食品など)を解説した。 
超音波洗浄とキャビテーション(気泡・分散系現象の基礎と応用)  安藤景太  2. 基礎〜応用・第1章  三恵社  2016/10  978-4-86487-588-2  超音波照射下の洗浄液中で発生するキャビテーション気泡の運動がもたらす物理洗浄効果に着目し、超音波洗浄の高効率化およびダメージレス化に向けた設計指針を新たに提案した。 
ガス過飽和水中における微細気泡の安定化機構(マイクロバブル(ファインバブル)のメカニズム・特性制御と実際応用のポイント)  安藤景太  2章1節2項  情報機構  2015/03  978-4-86502-079-3  気泡曝気により生成されるガス過飽和水の熱力学的準安定下において,直径が1μmにも満たないナノバブルが液相バルク中にも存在しうることを議論した。さらには、ガス過飽和水を洗浄液として利用した低音圧の超音波キャビテーション洗浄によりエロージョンを回避しつつも洗浄効率を維持する物理洗浄の手法を提案した。 
Bubble Dynamics and Shock Waves (Shock Wave Science and Technology Reference Library, Vol. 8)  K. Ando, T. Colonius, C. E. Brennen  141-175  Springer  2013/01  978-3-642-34296-7  気泡径分布を有する分散気泡流中の衝撃波力学のモデリングならびに数値計算法の解説をしている。線形理論解析および連続体モデルに基づく衝撃波伝播の(非線形)数値実験により、平均的な気泡群力学において気泡振動の位相相殺効果により付加的なダンピングとして働くことを示した。また、分散気泡流に対する非線形水撃理論を構築し、実験と比較することにより、気相圧縮性に起因する非線形効果を定量評価した。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Aeration of water with oxygen microbubbles and its purging effect  T. Yamashita, K. Ando  Journal of Fluid Mechanics  825, 16-28  2017/08 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  超音波キャビテーション気泡の力学の基礎と応用  安藤景太  学術の動向  公益財団法人日本学術協力財団  22/ 3, 32-37  2017/03 
研究論文(学術雑誌)  共著  Experiment and modeling of translational dynamics of an oscillating bubble cluster in a stationary sound field  N. Sugita, K. Ando, T. Sugiura  Ultrasonics  77, 160-167  2017/02 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  酸素過飽和水を用いた低音圧超音波洗浄  安藤景太,山下達也  超音波TECHNO  日刊工業出版  29/ 1, 43-46  2017/02 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  超音波洗浄と気泡  安藤景太  日本機械学会誌  日本機械学会  119/ 1171, 370  2016/06 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  酸素マイクロバブル曝気による水中溶存窒素の低減に関する定量評価  化学工学会・第49回秋季大会  2017/09/20 
ポスター発表  Effect of underwater ultrasound exposure on growth of plant roots and leaves  2017 IEEE International Ultrasonic Symposium  2017/09/08  水耕栽培の野菜の成長速度を水中超音波により制御する方法を提案した。サニーレタスの水耕栽培に対し28 kHz水中超音波の照射を適用することにより、低音圧の場合は成長促進、高温圧の場合は成長抑制をもたらすことを示した。 
口頭発表(一般)  超音波照射下のゼラチンゲルにおける単一球形ガス気泡の非線形振動  混相流シンポジウム2017  2017/08/19 
口頭発表(一般)  マイクロバブル群と超音波の干渉により発現する分散気泡流のPIV解析  混相流シンポジウム2017  2017/08/19 
口頭発表(一般)  物質拡散駆動の気泡成長の観察に基づく曝気水中の溶存窒素量の算定  第45回可視化情報シンポジウム  2017/07/19 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  研究室便り(機械工学におけるバブル崩壊)  2017/08-2017/08 
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  研究室訪問(慶應義塾大学理工学部機械工学科・安藤研究室)  2013/09-2013/09 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
慶応工学会賞  2005/03 
詳細表示...

担当授業科目
機械工学実験 
混相流体力学 
応用力学・計算力学特論第1 
流体力学の基礎 
機械工学創造演習 
詳細表示...

所属学協会
化学工学会  2016/04-現在 
日本混相流学会  2012/08-現在 
日本流体力学会  2012/06-現在 
日本機械学会  2012/05-現在 
アメリカ物理学会  2008/07-現在 
詳細表示...

委員歴
日本機械学会 International Union  委員  2017/04-現在 
INE(Interfacial Nano Electrochemistry)界面ナノ電子化学研究会主催・第19回講演会  実行委員長  2016/12-2017/03/17 
10th International Symposium on Cavitation (CAV 2018)  Scientific Committee  2016/11-2018/05 
International Conference on Numerical Methods in Multiphase Flows 2017 (ICNMMF 2017)  Local Organizing Committee  2016/05-2017/06 
化学工学会、粒子・流体プロセス部会、気泡・液滴・微粒子分散工学分科会  会計幹事  2016/04-2018/03 
詳細表示...