English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
大久保 敏弘 
オオクボ トシヒロ 
OKUBO TOSHIHIRO 

教員からのメッセージ
研究補助員・研究助手(RA)を学内外より募集しています。
給与は時給単位で大学の規定によります。
内容は主にデータ生成や入力、整理、加工などで、経済学の知識がなくても
基本的なエクセル操作ができれば可能。
在宅でも可能。仕事量や時期は不定期です。
詳しくはokubo[at]econ.keio.ac.jp
までメールください。 
 

研究分野
応用経済学 

研究キーワード
国際経済学 
国際貿易論 
空間経済学 
都市経済学 
経済政策 

共同・受託研究希望テーマ
企業組織やガバナンス、情報の非対称性・リスクと国際貿易、直接投資行動に関する実証研究  特定の企業内部における組織・人事情報や消費者データ・マーケティング情報など様々なデータを用いて企業の国際化を分析する。  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究 
自然災害と都市防災、産業集積の分析  自然科学、特に地震工学や都市工学との融合研究により、精緻な「災害と経済」や都市・産業集積における防災の研究を行い、政策提言する。  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究 
詳細表示...

研究業績(著書)
How do firms organize production? HQ separation and multi-plant operation  大久保 敏弘  VOX EU  2016 
“Comments on “Estimating the Potential of Regional Market in ASEAN and East Asia” written by L. Chen, L.Cuyvers and P. De Lombaerde”, Asian Economic Papers  大久保 敏弘  コメント論文  Asian Economic Papers  2016 
コンパクトな産業集積へー柔軟なネットワークで支える 総論  大久保 敏弘  総論  NIRA(総合研究開発機構)研究報告書  2016/11 
コンパクトな産業集積へー柔軟なネットワークで支える 第2章「産業集積の高度化による経済活性化」  大久保 敏弘  各論・第2章「産業集積の高度化による経済活性化」  NIRA(総合研究開発機構)研究報告書  2016/11 
空間ソーティング・セレクション:企業の異質性を導入した新たな産業集積の分析、(木村・椋編「国際経済学のフロンティア」)  大久保 敏弘  第2部・第5章  東京大学出版会  2016/10 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Greenhouse-Gas Emission Controls and Firm Locations in North-South Trade  大久保 敏弘  Environmental and Resource Economics  forthcoming  2017/06 
研究論文(学術雑誌)  共著  Pre-Disaster Planning and Post-Disaster Aid: Examining the impact on plants of the Great East Japan Earthquake  大久保 敏弘  International Journal of Disaster Risk Reduction  21, 291-302  2017/03 
研究論文(学術雑誌)  共著  Greenhouse-gas Emission Controls and International Carbon Leakage through Trade Liberalization  大久保 敏弘  International Economy  19, 1-22  2016 
研究論文(学術雑誌)  共著  Ecological Modernization in Japan: The Role of Interest rate Subsidies and Voluntary Pollution Control Agreements  大久保 敏弘  Asian Economic Papers  15/ 3, 66-88  2016/10 
研究論文(学術雑誌)  共著  Product Quality and Intra-industry Trade  大久保 敏弘  Singapore Economic Review  61/ 4  2016/10 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら