研究業績(原著論文・解説)
公開件数:44件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要 関連情報
1 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
患者支援機能から見た患者図書室の多様性

桂 まに子...続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
日本図書館情報学会
43-46
2018





2 (MISC)総説・解説(その他)
単著
国内の公共図書館における健康医療情報サービスの最近の動向

池谷 のぞみ

カレントアウェアネス
国立国会図書館
337, 20-26
2018/09
1348-7469

URL


3 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
公立図書館医療健康情報サービスへの提案: がん患者のインタビュー調査から

三輪眞木子...続きを表示
薬学図書館
日本薬学図書館協議会
62/ 1, 21-31
2017


URL


4 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
共同作業としての公共図書館レファレンスサービス

田村 俊作, 続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
日本図書館情報学会
17-20
2017



独立したレファレンス担当係を持つ公共図書館においてフィールドワークを行い,レファレンスサービスが係を...続きを表示

5 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
公立図書館における医学薬学分野の選書分析

松本直樹池...続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
日本図書館情報学会
9-12
2017/06/03


URL
公立図書館において課題解決支援サービスの一環として医療健康情報サービスが 実施されるようになっている...続きを表示

6 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
がん対策における図書館サービスの位置づけ : 法令および計画の策定に関わる文書の分析から

松本 直樹...続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
日本図書館情報学会
9-12
2016





7 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
フィールドワークとデータセッションで気をつけること:エスノメソドロジーの態度とはー第 1 回神戸EMCA研究会における講演記録(2014 年 12 月 20 日)ー

池谷 のぞみ

現象と秩序

4, 99-118
2016/03
2188-9856

URL


8 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
日本の公共図書館における健康・医療情報サービスの実施状況 : 質問紙による全国調査の結果をもとに

須賀千絵田...続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集
日本図書館情報学会
29-32
2014





9 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Service practices as organizational phenomena.

池谷 のぞみ

The 2nd International Conference on Serviceology (ICServ2014), held at Keio University, September 14-16, 2014.

258-263
2014/09/11





10 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
地域活性化志向の公共図書館における経営に関する調査研究.


図書館調査研究リポート No.15
国立国会図書館

2014/03

10.11501/8649952
URL


11 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
都道府県立図書館による医療健康情報サービスの提供とその意義

田村俊作池...続きを表示
三田図書館・情報学会研究大会発表論文集
三田図書館・情報学会
25-28
2013





12 研究論文(学術雑誌)
共著
医療スタッフの協働を支援する─検査業務のエスノグラフィ─. 特集:ユーザスタディのフロンティア

河﨑 宜史, 池谷 ...続きを表示
情報処理

54/ 15, 1028-1033
2013


URL

IPSJ-MGN541007.pdf
13 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
オントロジー構築作業を支援すること : エスノグラフィに基づく考察 : 第3回 HI学会特別講演会

池谷 のぞみ, ...続きを表示
ヒューマンインタフェース学会誌

15/ 3, 244
2013/08/25





14 研究論文(学術雑誌)
共著
The practical management of information in a task management meeting: taking 'practice' seriously.

SAKAI, S.; AWAMUR...続きを表示
Information Research

17/ 4
2012





15 研究論文(学術雑誌)
共著
Recovering the emergent logic in a software design exercise.

IKEYA Nozomi; Luc...続きを表示
Design Studies

33/ 6, 611-629
2012

10.1016/j.destud.2012.06.004
URL


16 研究論文(学術雑誌)
共著
Collaboration in formative design: working together at a whiteboard.

Rooksby, John; IK...続きを表示
IEEE Software

29/ 1, 56-60
2012

10.1109/MS.2011.123
URL


17 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Understanding the process of citizens starting a business.

IKEYA Nozomi; Tam...続きを表示
Proceedings of Information Behaviour Conference (ISIC 2012)
Information Behaviour Conference (ISIC 2012)

2012/09/04





18 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Analysis of practical management of information in a task management meeting.

Awamura, Norihisa...続きを表示
Proceedings of Information Behaviour Conference(ISIC 2012)
Information Behaviour Conference(ISIC 2012)

2012/09/04





19 研究論文(学術雑誌)
単著
ワークに学習を埋め込む:ワークの研究に基づくOJTの再考.

池谷 のぞみ

日本教育工学会論文誌

35, 189-192
2011





20 研究論文(学術雑誌)
共著
In search of facilitating citizens' problem solving: public libraries' collaborative development of services with related organizations.

IKEYA Nozomi;Tamu...続きを表示
Information Research

16/ 1
2011


URL


21 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Opportunities for proactive support of reuse and organizational learning in ad hoc collaborative work activity: A field study of proposal writing.

Convertino, G.,Be...続きを表示
Proceedings of International Conference on Collaboration Technologies and Systems(CTS 2011)
International Conference on Collaboration Technologies and Systems (CTS 2011)
143-150
2011/05/23

10.1109/CTS.2011.5928676



22 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
In search of facilitating citizens’ problem solving: public libraries’ collaborative development of services with related organisations.

池谷 のぞみ

Proceedings of Information Seeking in Context (ISIC 2010)
Information Seeking in Context (ISIC 2010)
283-293
2010/09/28





23 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
ワークに学習を埋め込む: フィールドワークに基づくOJTの再考.

池谷 のぞみ

日本教育工学会第26回全国大会講演論文集
日本教育工学会第26回全国大会講演
89-90
2010/09/18





24 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Phenomena of value co-creation in service.

IKEYA Nozomi, TAM...続きを表示
Proceedings of the 2nd International Service Innovation Design Conference (ISIDC 2010)
The 2nd International Service Innovation Design Conference (ISIDC 2010)
113-120
2010/09/18





25 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
ワークに学習を埋め込む: フィールドワークに基づくOJTの再考.

池谷 のぞみ

日本教育工学会全国大会

89-90
2010/09/18





26 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Understanding knowledge in action in the context of managing services.

IKEYA Nozomi

Proceedings of Knowledge Management in Organizations: Roles and Challenges of Knowledge Management in Innovation for Services and Products (KMO 2010)
Knowledge Management in Organizations: Roles and Challenges of Knowledge Management in Innovation for Services and Products (KMO 2010)
107-116
2010/05/18





27 研究論文(学術雑誌)
共著
Satisfaction and the perception of usefulness among users of business information service in Japan.

池谷 のぞみ

Information Research

13/ 4
2008





28 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ビジネス支援サービスの設計と運営.

池谷 のぞみ, 田村...続きを表示
日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱
日本図書館情報学会春季研究集会
19-22
2008/03





29 研究論文(学術雑誌)
共著
Information sharing between different groups: a qualitative study of information service to business in Japanese public libraries.

池谷 のぞみ

Information Research

12/ 2
2007





30 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Teaching Organizational Ethnography.

IKEYA Nozomi, Vin...続きを表示
Proceedings of EPIC 2007: The Third Annual Ethnographic Praxis in Industry Conference
EPIC 2007: The Third Annual Ethnographic Praxis in Industry Conference
270-282
2007/10/03


URL


31 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
CSCWと図書館・情報学

池谷 のぞみ

Library and Information Science

50, 6
2003





32 研究論文(学術雑誌)
共著
リモートコラボレーション空間における時間と身体空間の組織化

山崎敬一, 葛岡英明, ...続きを表示
組織科学

36/ 3, 32-45
2003





33 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
情報システムに対する社会学的アプローチ:フィールドワークから得られるもの(情報システムと社会環境シンポジウム論文集:情報システムを巡る社会的環境の分析アプローチ)

池谷 のぞみ

情報処理学会シンポジウムシリーズ
情報処理学会
2002/ 1, 67-74
2002





34 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
アイサイ問答教室「エスノメソドロジーってなに?」

池谷 のぞみ, ...続きを表示
システム/制御/情報
システム制御情報学会誌
46/ 9, 585-586
2002





35 研究論文(学術雑誌)
単著
マンチェスター大学の社会学

池谷 のぞみ

現代社会理論研究

12, 290-293
2002





36 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Some ethnomethodological observations on 'interaction' in HCI.

IKEYA Nozomi, Mar...続きを表示
Proceedings of the First International Workshop on "Interpretive" Approaches to Information
Systems and Computing Research

138-142
2002/07





37 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
実践的行為としての情報システム設計:エスノメソドロジー的一考察

池谷 のぞみ

情報処理学会研究報告情報システムと社会環境
情報処理学会
23-28
1999/07/21


URL

IPSJ-IS99071005.pdf
38 (MISC)書評,文献紹介等
単著
山崎敬一・西阪仰編「語る身体・見る身体」--ビデオデータ分析がもたらしたもの (書評論文特集 現代社会学理論の構想力)

池谷 のぞみ

現代社会理論研究

8, 266-269
1998





39 研究論文(学術雑誌)
共著
Practical management of Communication and visual orientation.

池谷 のぞみ

Communication and Cognition

31/ 2/3, 49-241
1998





40 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Managing the organization of knowledge: ordering practices in librarianship.

IKEYA Nozomi, Sha...続きを表示
Ethnomethodology and Conversation Analysis: East and West.

61-66
1997





41 研究論文(学術雑誌)
単著
レファレンス・プロセス研究の諸アプローチとその統合:レファレンス・インタビュー研究を中心として

池谷 のぞみ

Library and Information Science
三田図書館・情報学会
30, 43-58
1992


URL


42 研究論文(学術雑誌)
単著
ゴフマン相互作用論の図書館・情報学への適用:後期ゴフマンの相互行為秩序論の検討を踏まえて

池谷 のぞみ

Library and Information Science
三田図書館・情報学会
29, 21-37
1991


URL


43 研究論文(学術雑誌)
単著
レファレンス・ライブラリアンが捉える利用者の質問--質問応答プロセスに基づく質問の分類

池谷 のぞみ

大学図書館研究

37, 76-86
1991





44 研究論文(学術雑誌)
単著
レファレンス・ライブラリアンが用いる知識と判断の枠組み:質問応答プロセスにおける適切性の判断を中心に

池谷 のぞみ

Library and Information Science
三田図書館・情報学会
28, 81-103
1990


URL