English
慶應義塾大学 
法学部 
法学部共通 

准教授 
折井 善果 
オリイ ヨシミ 
ORII Yoshimi 

 

経歴
日本大学商学部専任講師  2007/04-2011/03 
慶應義塾大学  法学部  専任講師  2011/04-2013/03 
慶應義塾大学  法学部  准教授  2013/04-現在 

学歴
東京大学  総合文化研究科  超域文化科学専攻  博士  2006/03  修了 

学位
博士  東京大学  2006/03 

研究分野
思想史 
ヨーロッパ語系文学 

研究業績(著書)
ひですの経  折井 善果  244  教文館  2011/11  978-4-7642-2459-9  1611年にイエズス会により長崎で開版され、20世紀初頭にドイツの書店の目録に載り、存在は確認されていたが、それから行方不明になっていた「幻のキリシタン版」。2009年に米ハーバード大学図書館で編著者により発見された。ルイス・デ・グラナダの『使徒信条入門』第一巻の翻訳と判明し、東西思想文化史、宗教史、語彙史、翻訳論、文献学などあらゆる方面の研究に進展をもたらしえる新資料。 
ひですの経:ハーバード大学ホートン図書館所蔵  折井善果・白井純・豊島正之  八木書店  2011/11  Part 1 (p. [1-212]) is a full-color reproduction of the copy of Symbolo da Fee (Typ 684.11.435) in Houghton Library. Part 2 (p. 1-118) consists of a transliteration of the reproduction. Part 3 (p. 119-158) consists of bibliographical studies. Part 4 (p. i-xvi) consists of an English foreword and Japanese and English introduction. 
キリシタン文学における日欧文化比較-ルイス・デ・グラナダと日本  折井 善果  322  教文館  2010/12  4764224585  キリシタンの信仰教育の中核を担ったのは、16世紀スペイン人神学者ルイス・デ・グラナダの著作であった。『ぎやどぺかどる』に代表される信心書は、キリシタン時代の日本人にどのように読まれ、キリスト教の受容にどのように貢献したのか?日本においてキリシタン文学が成立する過程に生じた異文化間の共鳴・断絶・受容・変容を実証的研究によって明らかにする。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
「アニマ」(霊魂)論の日本到着-キリシタン時代という触媒のなかへ  折井 善果  ヒロ・ヒライ、小澤実編集『知のミクロコスモス』  中央公論新社  332-361  2014/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  対抗宗教改革と潜伏キリシタンをキリシタン版でつなぐ  折井 善果  豊島正之編『キリシタンと出版』  八木書店  169-191  2013/10 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  Redescubrimiento y análisis de la versión japonesa de Symbolo da Fee o Fides no Qvio (1611) de fray Luis de Granada  折井 善果  María Jesús Zamora (ed.) Japón y España: Acercamientos y Desencuentros.  Madrid: Editorial Satori  165-178  2012/12 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  Interacción dogmática: libros espirituales traducidos del español al japonés en el Siglo Ibérico de Japón  折井 善果  Guillermo Wilde (ed.) Saberes de la conversión: Jesuitas, indígenas e imperios coloniales en las fronteras de la cristiandad.  Buenos Aires: Editorial SB  489-504  2011 
研究論文(学術雑誌)  単著  El cristianismo como catalizador del pensamiento naturalista Tokugawa: Un análisis filológico de libros clave  折井 善果  STUDIUM  Madrid: Instituto Pontificios de Filosofía y Teología, O.P.  49/ 3, 443-452  2009 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Discourse analysis on the “Immortality of the Soul” in the Christian Mission in Japan during the 16th and the 17th centuries  International Conference of European Association for Japanese Studies  2011/08/25 
口頭発表(一般)  “Fides no Qvio (1611)” from the Jesuit Mission Press and its preservation in E.G. Stillman’s collection in Harvard University  The 15th Annual Conference, European Association for Japanese Resource Specialists  2010/09/04 
口頭発表(一般)  Translation Technique and Strategy in Symbolo da Fee (1611) : Recently Discovered material from Jesuit Mission Press in Japan  The 6th International Conference on Missionary Linguistics  2010/03/18 
口頭発表(招待・特別)  Análisis de los libros espirituales traducidos del español al japonés en el Siglo Ibérico de Japón.  XII Jornadas Internacionales sobre las Misiones Jesuíticas  2008/09/26 
詳細表示...

所属学協会
European Association for Japanese Studies 
中世哲学会 
日本イスパニヤ学会 
キリスト教史学会 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら