English
慶應義塾大学 
医学部 
医化学 

特任講師 
南嶋 洋司 
ミナミシマ ヨウジ 
Yoji Andrew Minamishima 

http://web.keio.jp/~minamishima/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
九州大学病院第一外科  1993/04-1994/05 
九州厚生年金病院外科  1994/06-1995/05 
県立宮崎病院外科  1995/06-1996/03 
福岡赤十字病院外科  1996/04-1998/03 
Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School  2002/04-2004/09 
Howard Hughes Medical Institute, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School  2004/09-2010/08 

学歴
九州大学  医学部  医学科  1993/03/26  卒業 
九州大学  医学研究科  分子細胞生物学  博士  2002/03/25  修了 

学位
博士(医学)  九州大学  2002/03/25 

研究分野
病態医化学 
医化学 
代謝学 
細胞生物学 
分子生物学 

研究キーワード
低酸素応答 
代謝 

研究テーマ
低酸素応答と細胞内エネルギー代謝  2010-2014 

競争的資金等の研究課題
癌化・老化耐性ハダカデバネズミをモデルとした低酸素適応・代謝制御機構の探究  補助金  新学術領域「酸素を基軸とする生命の新たな統合的理解(酸素生物学)」  2014-2018 
自然癌化モデルを用いた癌化に関与する特異的な代謝機構の解明と治療標的の探索  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2014/04/01-2017/03/31 
低酸素応答をターゲットとした新たな心停止後症候群治療法開発への展望  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2012/04/01-2015/03/31 
低酸素センサーPHD2によるCori回路の新規活性化メカニズムの解明  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2012/04/01-2015/03/31 
低酸素センサーを標的とした2型糖尿病治療法の探索と展開  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2011/04/28-2014/03/31 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Inhibition of the oxygen sensor PHD2 in the liver improves survival in lactic acidosis by activating the Cori cycle.  Suhara T, Hishiki T, Kasahara M, Hayakawa N, Oyaizu T, Nakanishi T, Kubo A, Morisaki H, Kaelin WG Jr, Suematsu M, Minamishima YA.  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  National Academy of Sciences of the United States of America  112/ 37  2015/08/31  10.1073/pnas.1515872112  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Prolyl-hydroxylase PHD3 interacts with pyruvate dehydrogenase (PDH)-E1 beta and regulates the cellular PDH activity  南嶋 洋司  BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS  451/ 2, 288-294  2014/08  0006-291X  10.1016/j.bbrc.2014.07.114 
研究論文(学術雑誌)  共著  Energy Management by Enhanced Glycolysis in G(1)-phase in Human Colon Cancer Cells In Vitro and In Vivo  Bao, Yan, Mukai, Kuniaki, Hishiki, Takako, Kubo, Akiko, Ohmura, Mitsuyo, Sugiura, Yuki, Matsuura, Tomomi, Nagahata, Yoshiko, Hayakawa, Noriyo, Yamamoto, Takehiro, Fukuda, Ryo, Saya, Hideyuki, Suematsu, Makoto, Minamishima, Yoji Andrew  MOLECULAR CANCER RESEARCH  11/ 9, 973-985  2013/06/05  1541-7786  10.1158/1541-7786.MCR-12-0669-T  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Loss of the retinoblastoma binding protein 2 (RBP2) histone demethylase suppresses tumorigenesis in mice lacking Rb1 or Men1.  南嶋 洋司  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  108/ 33, 13379-13386  2011/08/16 
研究論文(学術雑誌)  共著  Loss of hypoxia-inducible factor prolyl hydroxylase activity in cardiomyocytes phenocopies ischemic cardiomyopathy.  Moslehi J, Minamishima YA, Shi J, Neuberg D, Charytan DM, Padera RF, Signoretti S, Liao R, Kaelin WG Jr  Circulation  122/ 10, 1004  2010/09/07 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Beneficial or Detrimental Effect of Hypoxic Response in Cardiomyocytes  第36回日本微小循環学会  2011/02/11  URL 
ポスター発表  低酸素応答と虚血再灌流傷害の軽減  第8回がんとハイポキシア研究会  2011/01/29  URL 
口頭発表(一般)  低酸素応答と成体肝細胞におけるerythropoietin産生の再活性化 ~HIFプロリン水酸化酵素をターゲットとした腎性貧血治療の可能性~  第33回日本分子生物学会年会  2010/12/10  URL 
ポスター発表  Detrimental effect of chronic HIF activation in vivo  Keystone Symposia, Hypoxia: Molecular Mechanisms of Oxygen Sensing and Response Pathways (B1)  2010/01/19 
ポスター発表  慢性的なHIFの活性化がもたらす生体への悪影響 ~重度の心筋症と肝脂肪変性~  第32回日本分子生物学会年会  2009/12/12 
詳細表示...

担当授業科目
医化学 
医化学実習 
詳細表示...

所属学協会
日本分子生物学会  1998-現在 
アメリカ癌学会  2003-2004 
日本生化学会  2011-現在 
日本癌学会  2015-現在 
日本外科学会  1993-1998 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら