English
慶應義塾大学 
役員 
常任理事 

顔写真 常任理事 
竹内 勤 
タケウチ ツトム 
Takeuchi Tsutomu 

1955年生まれ  
Fax.03-5363-3149  

その他の所属・職名
医学部  内科学(リウマチ)  慶應義塾大学病院 病院長 

プロフィール
学  歴
昭和55年9月     慶應義塾大学医学部卒業
昭和59年9月     慶應義塾大学医学研究科大学院修了
職歴及び研究歴
昭和60年1月 ハーバード大学ダナ・ファーバー研究所留学
昭和61年12月 埼玉医科大学総合医療センター第2内科 助手
平成1年4月      同 講師
平成5年1月   同  助教授
平成10年7月 同  教授
  平成16年8月  埼玉医科大学副学長
平成21年8月 慶應義塾大学医学部リウマチ内科 教授
  平成23年10月 慶應義塾大学医学部医学部長補佐
平成25年4月  慶應義塾大学免疫統括医療センタ− センタ−長
  平成25年10月 慶應義塾大学病院 病院長
所属学会
日本内科学会、日本リウマチ学会、アメリカリウマチ学会、日本臨床リウマチ学会、
日本臨床免疫学会、日本アレルギー学会、日本免疫学会、日本臨床免疫学会、
  日本炎症・再生医学会、日本感染症学会 他

厚生労働省研究班(研究代表のみ)
関節リウマチに対する生物学的製剤の作用機序、投与方法、治療効果等に関する研究
(平成22年〜平成24年)
関節リウマチの寛解導入療法体系化に関する研究 (平成19年〜平成21年)
リウマチ・アレルギー疾患の治療反応性予測因子の確立及び
テーラーメイド治療法の確立に関する研究(平成16年〜平成18年)
関節リウマチの治療反応性規定因子の同定とそれを用いた新治療方針の確立に関する研究
 (平成13年〜平成15年) 

研究分野
膠原病・アレルギー内科学 

研究キーワード
関節リウマチ 
自己免疫疾患 
生物学的製剤 

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Clinicopathologic investing of methotrexate-induced lymphoproliferative disorders, with a focus on regression  竹内 勤  Leukemia and Lymphoma  59/ 5, 1143-52  2018  doi.org/10.1080/10428194.2017.1369073 
研究論文(学術雑誌)  共著  Follicular helper T cells in the pathogensis of IgG4-related disease  竹内 勤  Rheumatology (Oxford)  57, 236-245  2018  10.1093/rheumatology/kex171 
研究論文(学術雑誌)  共著  Increased proportion of a CD38highIgD+ B cell subset in peripheral blood is associated with clinical and immunological features in patients with primary Sjogren’s syndrome  竹内 勤  Clinical Immunology  Elsevier  187, 85-91  2018  10.1016/j.clim.2017.10.008 
研究論文(学術雑誌)  共著  Safety, pharmacokinetics, and efficacy of E6011, an antifractalkine monoclonal antibody, in a first-in-patient phase 1/2 study on rheumatoid arthritis  Tanaka Yoshiya, Takeuchi Tsutomu, Umehara Hisanori, Nanki Toshihiro, Yasuda Nobuyuki, Tago Fumitoshi, Kawakubo Makoto, Kitahara Yasumi, Hojo Seiichiro, Kawano Tetsu, Imai Toshio  Modern Rheumatology  28, 58-65  2018  1439-7595  10.1080/14397595.2017.1337056 
研究論文(学術雑誌)  共著  Economic impact of adalimumab treatment in Japanese patients with rheumatoid arthritis from the adalimumab non-interventional trial for up-verified effects and utility (ANOUVEAU) study  Tanaka Yoshiya, Yamazaki Kiyotaka, Nakajima Ryo, Komatsu Shuichi, Igarashi Ataru, Tango Toshiro, Takeuchi Tsutomu  Modern Rheumatology  28, 39-47  2018  1439-7595  10.1080/14397595.2017.1341459 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら