English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬科学科 

助教 
中澤 洋介 
ナカザワ ヨウスケ 
NAKAZAWA Yosuke 

 

経歴
摂南大学薬学部  助手  2005/04-2009/03 
慶應義塾大学薬学部  助手  2009/04/01-2012/03/31 
慶應義塾大学薬学部  助教  2012/04/01-現在 
The University of Auckland  Faculty of Medical and Health Sciences  Visiting Researcher  2016/09/01-2017/08/31 

学術受賞歴(賞、称号)
日本白内障学会 学術賞  水晶体のアクアポリン0の役割および機能に関する新しい知見  2014/09/27 
Young Investigator Awards  The subcellular expression patterns of the mechano-sensitive channels TRPV1/4 in the mouse lens are modulated by changes in zonular tension  2017/12/16 
YOUNG INVESTIGATOR TRAVEL AWARDS  Effect of interaction between aquaporin 0 and filensin for functions of aquaporin 0  2015/12/10 
Highly Commended Award- Confocal microscopy  Mouse Lens axial sectioning image  2016/12/21 
優秀演題賞  浸透圧感受性イオンチャンネルTRPV1およびTPRV4の発現様式の解析  2018/07/21 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
老眼発症遅延薬の開発を見据えて:老眼発症メカニズムの解明と老眼モデル動物の開発  補助金  ひと・健康・未来財団  2018/09/01-2019/08/31 
アクアポリン0およびアクアポリン5の機能解明とこれらを標的とした新規抗白内 障薬の創生  補助金  公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団  2016/09/01-2017/08/31 
新規白内障治療薬の開発を目指したアクアポリン0の機能解明  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/01-2018/03/31 
水晶体細胞膜のチャネル及び細胞接着の役割を担うアクアポリン0の機能制御機構の解明  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2014/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  Design of a transdermal formulation containing raloxifene nanoparticles for osteoporosis treatment  Noriaki Nagai, Fumihiko Ogata, Hiroko Otake, Yosuke Nakazawa, Naohito Kawasaki  International Journal of Nanomedicine  Dovepress  13, 5215-5229  2018/09/05 
研究論文(学術雑誌)  共著  Roasted Coffee Reduces β-Amyloid Production byIncreasing Proteasomal β-Secretase Degradation in HumanNeuroblastoma SH-SY5Y Cells  Kazuya Fukuyama, Shota Kakio, Yosuke Nakazawa, Kenji Kobata,Megumi Funakoshi-Tago, Toshiharu Suzuki, and Hiroomi Tamura  Molecular nutrition and food research  62/ 18, 1800238  2018/08/25  10.1002/mnfr.201800238 
研究論文(学術雑誌)  共著  Involvement of Endocytosis in the Transdermal Penetration Mechanism of Ketoprofen Nanoparticles  Noriaki Nagai , Fumihiko Ogata, Miyu Ishii, Yuya Fukuoka, Hiroko Otake, Yosuke Nakazawa and Naohito Kawasaki  International Journal of Molecular Sciences  19/ 7, 2138  2018/07/23  org/10.3390/ijms19072138 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of hesperetin derivatives on the development of selenite‑induced cataracts in rats  YOSUKE NAKAZAWA, MARTIN PAUZE, KAZUYA FUKUYAMA, NORIAKI NAGAI, MEGUMI FUNAKOSHI‑TAGO, TAKESHI SUGAI and HIROOMI TAMURA  Molecular Medicine Reports  18/ 6, 1043-1050  2018/05/31  10.3892/mmr.2018.9045 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  水溶性薬物の角膜透過性向上を目指して:チモロールマレイン酸・マグネシウムヒドロキシドナノ粒子配合剤の開発  長井紀章、緒方文彦、大竹裕子、川崎 直人、中澤洋介、金井一享、岡本紀夫、下村嘉一  日本眼科学会雑誌  122/ 1, 61-62  2018/01/20 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  ビーズミルナノ粒子分散技術を用いたレバミピド超微粒子設計と口内炎治療への応用  第68回 日本薬学会近畿支部総会・大会  2018/10/13 
口頭発表(一般)  胎生期および成熟マウス水晶体のTRPV1 / TRPV4の局在検討  第91回日本生化学会大会  2018/09/24 
ポスター発表  オリーブ含有成分Hydroxytyrosolのエステル誘導体が示す抗炎症作用機序の解析  第62回 日本薬学会 関東支部大会  2018/09/15 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Cell Adhesion Function of Aquaporin 0.  XXIII Biennial Meeting of the International Society for Eye Research.  2018/09/12 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  浸透圧を制するものは、老眼を制す。  第57回日本白内障学会総会/第44回水晶体研究会  2018/07/21 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら