English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

顔写真 教授 
木内 文之 
キウチ フミユキ 
KIUCHI Fumiyuki 

経歴
金沢大学 薬学部  生薬学教室  教務職員・助手  1983/04/01-1997/03 
京都大学    大学院薬学研究科  助教授  1998/04/01-2003/03 
国立医薬品食品衛生研究所   筑波薬用植物栽培試験場   育種生理研究室長  2002/09-2004/03 
国立医薬品食品衛生研究所   筑波薬用植物栽培試験場   場長  2004/04-2005/03 
独立行政法人 医薬基盤研究所   薬用植物資源研究センター   センター長  2005/04-2009/03 
慶應義塾大学 薬学部  天然医薬資源学講座   教授  2009/04-現在 

学歴
東京大学  薬学部  薬学科  1978/03/31  卒業 
東京大学大学院  薬学系研究科  生薬学・植物化学  博士  1983/03/31  修了 

学位
薬学博士  東京大学  1983/03 

研究分野
化学系薬学 
生薬学 
天然物化学 

研究キーワード
生薬学 
天然物化学 

研究テーマ
幼線虫移行症に有効な天然薬物に関する研究  1983/04/01-1996/03/31 
生理活性天然物に関する研究  1983/04/01-現在 
抗トリパノソーマ活性を有する天然薬物に関する研究  1996/04/01-2008/03/31 
生薬の品質評価に関する研究  2004/09/01-現在 
漢方薬の有効性に関する基礎研究  2009/04/01-現在 

研究業績(著書)
パートナー生薬学 改訂第3版増補  木内 文之  編集,総論:第5章,第7章,各論:pp. 131-139  南江堂  2018/02/15  978-4-524-40361-5 
パートナー生薬学 改訂第3版  編集:竹谷孝一,木内文之,小松かつ子  総論:第5章,第7章,各論:藻類,付録  南江堂  2017/03/30  978-4-524-40342-4 
スタンダード薬学シリーズ II 化学系薬学 III. 自然が生み出す薬物  日本薬学会編,担当編集委員:木内文之,供田洋,森田博史,他  第1章,SBO 1, 5, 6の導入と17, 11, 12  東京化学同人  2016/10/05  978-4-8079-1707-5 
現代医療における漢方薬  鳥居塚和生,木内文之,小林義典,三巻祥浩,牧野利明,中村智徳,袴塚高志  第1章漢方医学と漢方薬,第5章漢方薬の副作用  南江堂  2016/01/05  978-4-524-40314-1 
漢方薬・生薬認定薬剤師講座テキスト 第4版 3  木内 文之  生薬の鑑定II ー化学的鑑定ー  日本薬剤師研修センター  2015/04/01 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
共著  Quantitative analysis of the anti‐inflammatory activity of orengedokuto II: berberine is responsible for the inhibition of NO production  Naohiro Oshima, Tomofumi Shimizu, Yuji Narukawa, Noriyasu Hada, Fumiyuki Kiuchi  Journal of Natural Medicines  Springer  72/ 3, 706-714  2018/05/22  1340-3443  10.1007/s11418-018-1209-7 
共著  Three new 5,6,7,8-tetrahydroxy-5,6,7,8-tetrahydrochromone derivertives enantiomeric to agarotetrol from agarwood  Takuji Sugiyama, Yuji Narukawa, Shunsuke Shibata, Ryo Masui, Fumiyuki Kiuchi  Journal of Natural Medicines  Springer  72/ 3, 667-674  2018/05/22  1340-3443  10.1007/s11418-018-1201-2 
研究論文(学術雑誌)  共著  Synergistic effect of baicalein, wogonin and oroxylin A mixture: Multistep inhibition of the NF-kB signalling pathway contributes to an anti-inflammatory effect of Scutellaria root flavonoids  Tomofumi Shimizu, Nobuhiko Shibuya, Yuji Narukawa, Naohiro Oshima, Noriyasu Hada, Fumiyuki Kiuchi  Journal of Natural Medicines  Springer  72/ 1, 181-191  2018/01/31  1340-3443  10.1007/s11418-017-1129-y 
研究論文(学術雑誌)  共著  Synthesis and biological evaluation of the natural product komaroviquinone and related compounds aiming at a potential therapeutic lead compound for high-risk multiple myeloma  Yutaka Suto, Mariko Sato, Kota Fujimori, Shotaro Kitabatake, Mikio Okayama, Daiju Ichikawa, Maiko Matsushita, Noriyuki Yamagiwa, Genji Iwasaki, Fumiyuki Kiuchi, Yutaka Hattori  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters  27/ 19, 4558-4563  2017/08 
研究論文(学術雑誌)  共著  Scillapersicene: a new homoisoflavonoid with cytotoxic activity from the bulbs of Scilla persica HAUSSKN  Ghoran Salar Hafez, Soodabeh Saeidnia, Esmaeil Babaei, Fumiyuki Kiuchi, Hidayat Hussain  Natural Product Research  30/ 11, 1309-1304  2016/11/01 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  天然物コマロビキノン及び甘連化合物の骨髄腫細胞に対する抗腫瘍活性の評価  日本薬学会第138年会  2018/03/27 
ポスター発表  ビャクジュツ成分の脂肪細胞分化に対する影響  日本薬学会第138年会  2018/03/27 
ポスター発表  メトキシフラボン類の抗炎症作用および細胞膜親和性の評価  日本薬学会第138年会  2018/03/27 
ポスター発表  シナマオウ(Ephedra sinica Stapf)の挿し木増殖  日本薬学会第138年会  2018/03/27 
ポスター発表  桔梗湯の抗炎症効果の検討 -製剤間におけるNO産生抑制効果-  第138回日本薬理学会関東部会  2018/03/10 
詳細表示...

担当授業科目
生薬学2 
医薬品天然物化学 
生薬学1 
天然物化学 
詳細表示...

教科書・教材
パートナー生薬学 改訂第3版増補  2018/02/15 
パートナー生薬学 改訂第3版  2017/03/30  3名の編集者の1人として編集に参加 第5章,第7章等を執筆 
日本薬学会編 スタンダード薬学シリーズII 3 化学系薬学 III. 自然が生み出す薬物  2016/10/05  8名の担当編集委員の1人として編集に参加 第1章等を執筆 
現代医療における漢方薬 改訂第2版  2016/01/05  6名の編集委員の1人として編集に参加 第5章等を執筆 
パートナー生薬学 改訂第2版  2012/04/10  第5章 生薬の品質評価 各論 藻類,菌類生薬 
詳細表示...

所属学協会
日本生薬学会  1980/04/01-現在 
日本薬学会  1980/02/01-現在 
詳細表示...