English
慶應義塾大学 
医学部 
内科学(消化器) 

助教(有期・医学部) 
チョ ハクショウ 
チョ ハクショウ 
Po-sung Chu 

学歴
国立台湾大学  医学部  その他  2004/06/30  卒業  台湾 
慶應義塾大学  医学研究科  博士  2013/03/31  修了 

学位
学士(医学)  National Taiwan University  2004/06/30 
博士(医学)  慶應義塾大学  2015/03/31 

免許・資格
日本 医師免許  2007/04/25 
日本肝臓学会 専門医  2015/04/01 
日本消化器病学会 専門医  2016/01/01 

総合紹介
台湾生まれで台湾台北育ち、26歳までに台湾国立台湾大学医学部において医師免許取得や臨床医学研修を含む医学教育を受けました。2007年2月(27歳)に日本国家医師試験を受け免許を取得し、同年4月から慶應義塾大学病院にて医師として勤務を始めました。臨床医としても研鑽を深めていき、出身の台湾や日本を含むアジア地域に多くの患者がウイルス性肝疾患、肝硬変や肝癌に苦しまれることに関心を持つようになりました。2009年より臨床勤務を継続しながら、同大学大学医学研究科(消化器内科学)に進学し、前任日比紀文教授、現金井隆典教授を始め、肝臓グループ(現同大学薬学部)齋藤英胤教授、海老沼浩利先生(現国際福祉大学病院消化器内科教授)、中本伸宏先生の指導のもと、肝臓免疫を中心に、肝線維化に関わる免疫細胞chemokine受容体CCR9の基礎研究やC型慢性肝炎ウイルスに対する免疫応答NKG2Dと治療効果に関わるヒト末梢血を用いた研究(研究実績1)を行いました。2014年6月より現在に至り、同大学病院消化器内科助教として、臨床の面ではウイルス性慢性肝炎における肝線維化、肝不全や肝発癌の機序解明、基礎の面では肝臓線維化の消退回復に関わる免疫学的機序解明について、臨床や研究、医学教育に精力を注いでいます。 

研究分野
消化器内科学 

研究キーワード
消化器 肝臓病学 免疫学 

競争的資金等の研究課題
肝線維化を抑制するRestorative Macrophageの誘導機序の解明  補助金  文部科学省 日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/01-2019/03/31 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
Bristol-Myers Award  2014/11/01 
Liver Forum in Kyoto優秀演題賞  2014/04/01 
詳細表示...