English
慶應義塾大学 
理工学部 
情報工学科 

顔写真 教授 
藤代 一成 
フジシロ イッセイ 
FUJISHIRO Issei 

1960年生まれ  
Tel.045-566-1752  
Fax.045-566-1752  
 
http://www.fj.ics.keio.ac.jp/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
東京大学  理学部  助手  1985/04/01-1988/03/31 
筑波大学  電子・情報工学系  助手  1988/04/01-1989/02/15 
筑波大学  電子・情報工学系  講師  1989/02/16-1991/03/31 
お茶の水女子大学  理学部  助教授  1991/04/01-1998/07/31 
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校  コンピュータサイエンス学科  客員教授  1994/02/01-1995/01/31 
お茶の水女子大学  理学部  教授  1998/08/01-2004/09/30 
東北大学  流体科学研究所  教授  2004/10/01-2009/03/31 
慶應義塾大学  理工学部  教授  2009/04/01-現在 
上智大学  理工学部  非常勤講師  2009/04-2011/09 
山梨学院大学  経営情報学部  非常勤講師  2011/04/01-2015/03/31 
東京工科大学  大学院メディアサイエンス専攻  非常勤講師  2012/12-2012/12 

学歴
筑波大学  第三学群  情報学類  1983/03/25  卒業  日本 
筑波大学  工学研究科  電子・情報工学  博士前期  1985/03/31  修了  日本 

学位
理学博士  東京大学  1988/10/24 
工学修士  筑波大学  1985/03/31 

総合紹介
区間型ボリュームによるボリューム可視化 可視化支援システムVIDELICET
区間型ボリュームによるボリューム可視化 可視化支援システムVIDELICET
位相強調型ボリューム可視化 色鉛筆画のボリュームモデリング
位相強調型ボリューム可視化 色鉛筆画のボリュームモデリング

視覚計算,特に 1) ボリューム可視化・グラフィックスとその応用 2) 可視化ライフサイクル管理とユーザ支援 3) 複合現実型並置化と多感覚情報呈示によるリアライゼーション環境の実現 

教員からのメッセージ
どの科目においても,情報工学特有の理念とポテンシャルをわかりやすく説明することを心がけています. 
 

研究分野
メディア情報学・データベース 

研究キーワード
可視化 
コンピュータグラフィックス 
バーチャルリアリティ 
データ工学 

研究テーマ
生物対流現象の数値解析と可視化  1983/04-1999 
階層的ラスタデータ表現  1986-現在 
グラフデータベース設計方法論とその応用  G-baseからファジィデータベース,プロダクトモデリングまで  1987-1993 
区間型ボリュームによるソリッドフィッティング  1994-現在 
可視化ライフサイクル管理  1995-現在 
時間重視テクスチャマッピング  1998/04-現在 
色えんぴつ画のボリュームモデリング  1998-2001 
数学的モルフォロジーを用いたボリュームエージング応用  1998-2002 
微分位相幾何学に基づくボリューム可視化の高度化  1999-現在 
大規模非構造データの並列可視化  1999-現在 
MIDIデータの可視化  2000/04-現在 
到達度レンダリング応用  2000-2010 
共感覚に基づく疑似力覚化  2000-現在 
拡散テンソル場の可視化と力覚化  2003-現在 
アパレルCAD  2004/04-現在 
非環状有向グラフ可視化  2004-現在 
粒子ベース近似による流体のビジュアルシミュレーション  2009/04-現在 
三次元ディスプレイのためのリソースアウェア・レンダリング  2010-現在 
対話的環境可視化  2012/04-現在 
疎性モデリングのための視覚分析論  2013/07-現在 

競争的資金等の研究課題
計算法科学データ分析可視化統合環境の開発  補助金  日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2014/04/01-2017/03/31  本研究では,計算法科学データ分析可視化統合環境を開発する.まず殺傷事件に限定して,その捜査・鑑定から裁判に至るライフサイクル全体を対象とした法科学オントロジーを定義する.次に,専用の法医学マークアップ言語を設計し,そのオーサリングツールとブラウザを開発する.これにより鑑定タスクは標準化され,解剖や現場検証に跨がる複雑な証拠データ間の相互関係を明らかにする分析可視化が自動的に実行される.さらに過去の事案に関する膨大な法科学データとその出自をリポジトリ化し,個人情報の秘匿性を保持しつつ,統計的機械学習により集約した知見を再利用可能にする.この計算法科学統合環境により,裁判員に対しても直接審理主義を実質化し,裁判における結審までの時間短縮や量刑の妥当性向上という価値創成を狙う. 
スパースモデリングを促進する可視化基盤の強化  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/07/01-2018/03/31  本研究は,スパースモデリングにより抽出されたデータの十数から数十次元の説明変数を,可視化を用いてさらに2,3,4 次元まで圧縮し,所与の問題を記述する物理スペースにおけるデータの振舞いを視覚的に理解させる情報スペースに変換する基盤技術を構築する.ここでは,そのデータ解析処理に対し明示的に解析者の視覚的フィードバックを取り込み,スパースモデリングに基づく高次元データの解析処理において,人の対話処理が可能となるHuman-in-the-Loop を実現し,データ駆動科学に対し大幅な促進を図る. 
スパースモデリングと高次元データ駆動科学創成への支援と広報  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/07/01-2018/03/31  とどまることを知らない計測技術の向上が大量の高次元観測データを日々生み続けている.また,生命情報科学のように,各論的なデータ科学が推進される中,天文学における高次元データ解析手法が,全く対象とスケールの異なる生命科学でも有効に働くような状況に遭遇する.こうした多様な視点の導入は様々な場面で革新的展開を生み出す原動力となっている.本計画研究では,多様な視点の導入による革新的展開を引き起こす方法論として,スパースモデリングに着目する.右図下のように,理科第2分野に属する生物学・地学の幅広い分野の実験・計測研究者と情報科学研究者の有機的連携により,高次元データから隠れた規則性を発見する高次元データ駆動科学ともいうべき新学術領域を創成する. 
「似合う」への計算論的アプローチ-視線・生体情報と統計学習に基づく衣服の評価法  補助金  日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2017/03/31  本研究は,大量の衣服のなかから個人に最も「似合う」ものを自動選択する技術の開発を目的とする.ある衣服が特定の個人に似合うか否かは,体型,嗜好,着心地,流行,職業など様々な要因が複雑に絡むため,これを包括的に評価できる工学的方法はこれまで確立されていなかった.我々は,「似合う」という関係が,本来二つ以上の相異なる要因同士が互いに調和する状態をさす点に着目し,この調和関係を事例データから機械学習する計算論的アプローチを新たに提案する. 
ビッグデータ時代の環境可視化 ― 半構造映像データの抽象化階層表示  補助金  日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2015/03/31  本研究では,ビッグデータ時代の実社会で日夜生成され続けている静止画・動画データに隠れている構造情報に着目し,その抽象化階層を入れ子グラフ構造に変換する.そして,オーディエンスの視線や各種情動の変化に応じて,そのレイヤを上下移動する人称変換の適応的制御を主軸とする環境可視化システムをラピッドプロトタイピングする.この階層的映像ブラウジングを利用すれば,デジタルサイネージ前やSNS越しにいるオーディエンスは,的確に自身の環境を把握し,即時に効果的な行動を起こせるような支援環境を実現することができる. 
詳細表示...

研究業績(著書)
ビジュアルコンピューティング特集号  藤代 一成  画像電子学会誌,Vol.43, No.3, pp.***–***  2014/07 
コンピュータビジョン最先端ガイド6  藤代 一成,高橋 成雄,竹島 由里子  第1章:微分位相特徴に基づくボリュームイメージング(pp. 1-29)  東京・アドコム・メディア株式会社  2013/12/02  978-4-915851-54-4  URL  対象ボリュームの特徴を微分位相に基づいて事前に解析し,適切なパラメタ値を用いたボリュームレンダリングにより情報量を増した全体画像を半自動的に生成するボリュームイメージングの枠組みについて解説する. 
情報学基礎 第2版  藤代 一成  第8章:「図の作成法」(pp. 89-101)  東京・共立出版  2013/11/25  978-4-320-12340-3  URL 
情報学基礎  藤代 一成  82-93  東京・共立出版  2013/03/15  978-4-320-12332-8  URL 
かたち創造の百科事典  藤代 一成  108-111  東京・丸善出版  2012/11/25  978-4-621-08555-4  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  Computational Journalism: Promising scenarios of computer visualization usage in the era of big data  FUJISHIRO Issei  IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing  IIEEJ  2/ 2  2014/12 
Development of a pants pattern design system based on 3D human body measurement data analysis  YAMAMOTO Takami, NAKAYAMA Masanori, KATSURA Rui, SAKAMOTO Akira, FUJISHIRO Issei  Proceedings of Image Electronics and Visual Computing Workshop 2014  IIEEJ  4B-2  2014/10/09  URL  In this paper, we propose a pants pattern design covering its highly precise design to pattern making by analyzing human body measurement data acquired with a 3D scanner. This system is characterized by: (1) being able to analyze data required for the design of pants patterns using an improved 3D human body measurement analysis application, and (2) being provided with automatic pants drafting functions installed in an apparel CAD system using 3D human body measurement data. As a result, individual 3D human body measurement data can be analyzed both accurately and rapidly, thereby enabling pants patterns that are comfortable and properly fit the physique of the wearer to be obtained in a short period of time. 
(MISC)研究発表要旨(国際会議)  共著  An object space approach to shadowing for hair-shaped objects  IKEDA Yasunari, FUJISHIRO Issei, MATSUOKA Toru  Proceedings of ACM SIGGRAPH 2014 Posters  ACM SIGGRAPH  2014/08/12  10.1145/2614217.2633392  URL  To ameliorate spatial and temporal aliasing, which may be observed in pieces and films of work when bundles of thin strands like human hairs are rendered, this project attempts to generate anti-aliased shadow splats in the object space. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Mood-Learning Public Display: Adapting Content Design Evolutionarily Through Viewers' Involuntary Gestures and Movements  NAGAO Ken, FUJISHIRO Issei  IEICE Transactions on Information and Systems  IEICE  E97-D/ 8, 1991-1999  2014/08/01  1745-1361  10.1587/transinf.E97.D.1991  URL  Due to the recent development of underlying hardware technology and improvement in installing environments, public display has been becoming more common and attracting more attention as a new type of signage. Any signage is required to make its content more attractive to its viewers by evaluating the current attractiveness on the fly, in order to deliver the message from the sender more effectively. However, most previous methods for public display require time to reflect the viewers' evaluations. In this paper, we present a novel system, called Mood-Learning Public Display, which automatically adapts its content design. This system utilizes viewers' involuntary behaviors as a sign of evaluation to make the content design more adapted to local viewers' tastes evolutionarily on site. The system removes the current gap between viewers' expectations and the content actually displayed on the display, and makes efficient mutual transmission of information between the cyberworld and the reality. 
研究論文(学術雑誌)  共著  2次元時系列流動データのための位相ベースビジュアルデータマイニング  竹島由里子,藤代 一成,高橋成雄,早瀬敏幸  画像電子学会誌  画像電子学会  43/ 3, 357-366  2014/07/30  1348-0316  URL  本論文では,時系列流動データにおける渦の振舞いをわかりやすく可視化するための微分位相構造に基づくビジュアルデータマイニング手法を提案する.具体的には,渦中心における圧力値が極小になることが知られていることから,圧力場の微分情報に基づいて渦中心を特定し,位相情報から個々の渦領域を求め,時系列に沿ってそれらの渦を追跡する.また,すべての時刻で同一の色相伝達関数を用い,時刻ごとに明度を調整することで,流動場が劇的に変化した場合でも,時刻ごとの渦の変化だけでなく,色相から流動場の変動を把握することができる伝達関数を設計する.本手法の有効性を,ハイブリッド風洞における計測融合シミュレーションによって得られたカルマン渦列データを用いて検証する. 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  IFWB:没入型映像インスタントメーカ  NICOGRAPH2014  2014/11/04  URL  本論文では, 奥行きのある構図をもつ画像を1枚入力すると,ユーザ入力を必要とすることなく即座に3次元情報を付与し, ユーザ頭部の位置変化に合わせて変化する没入型映像を生成するシステムIFWBを提案する.実際のターゲット環境としてスマートフォンやタブレット端末などの軽薄短小なデバイスを想定しており, カメラと同じような感覚で, いつでもどこでも使うことができる. 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  計算報道学のススメ  第5回情報可視化研究室合同合宿  2014/09/24 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  日本版 可視化研究開発の課題トップ10  日本学術会議公開シンポジウム 可視化 ビッグデータ時代の科学を拓く  2014/09/22  URL  1999年にACM Computer Graphics, 33(2)で米国ウィスコンシン大学のB. Hibbardが掲げた,科学技術可視化の最重要課題トップ10は,2004年に米国ユタ大学SCI所長のC. Johnsonにより15件の課題にバージョンアップされ,関連研究開発のマイルストーンとして幅広く引用されてきた.2014年6月に開催されたDagstuhl Seminarでは,そのうち4点が採り上げられて集中的な議論がなされたが,同セミナーで登壇したC. Johnsonは,その後10年間に進展した分野の最新状況を鑑み,同リストが近々更新されることを強く望んでいた.特に横断的な可視化技術に終始することなく,個々の科学技術分野における可視化の応用的側面がクローズアップされるべきである点を強調していたのも興味深い.本パネルでは,国内の関連学会を代表する5名のパネリストを中心に,シンポジウムの参加者とともに,一足早く日本版のトップ課題策定を試みてみたい. 
ポスター発表  頭髪状物体の描画に対応するアンチエイリアシング処理されたリアルタイムシャドウイング  Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2014  2014/06/30  URL 
ポスター発表  単一画像からの運動視差立体視の実現  Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2014  2014/06/29  URL 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
対談・パネラー等  共同  パネルディスカッション「表現を支える技術の可能性,今後の課題と方向性とは!?」モデレータ  2013/09/12-2013/09/12  コンピュータグラフィックス分野における企業と研究室のつながりなど,技術面から見た産学のあり方について議論する. 
取材・インタビュー(新聞その他)  共同  研究室リレー訪問第6回:慶應義塾大学理工学部藤代研究室  2013/05/31-現在  芸術科学会誌で連載されている研究室リレー訪問の取材を受けた.インタビューアは中央大学理工学部牧野研究室の学生さん3名である. 
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  計算報道学のすゝめ  2013/04/04-現在  「計算報道学(Computational Journalism)」とよばれる萌芽的学術分野に注目し,旧来メディアの呪縛から利用者を解き放ち,報道の理想を追究しようとする同分野の特長の一端を,自身の研究事例を通じてわかりやすく解説. 
講演  単独  VIDELICET:可視化出自管理システム  2011/12/09-2011/12/09  KEIO-TECHNO MALL 2011にて,可視化出自管理システムVIDELICETの展示デモを行い,連携技術セミナーで「可視化出自管理の可能性」と題して講演を行った. 
取材・インタビュー(新聞その他)  単独  可視化の未来  2011/01-2011/01 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
The Most Cited Paper Award for the Journal Graphical Models (2004-2006)  Topological volume skeletonization and its application to transfer function design, Graphical Models, Vol. 66, No. 1, pages 24-49, 2004.  2007/01/24 
Certificate of appreciation  Guest editing the special issue for IEEE Pacific Visualization Symposium 2008 of IEEE Computer Graphics and Applications magazine, Vol. 28,No. 5,pages 22-77, September/October 2008.  2009/02 
平成21年度CG国際大賞最優秀賞  Applying manifold learning to plotting approximate contour trees, IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, Vol. 15, No. 6, pp. 1185-1192, November/December 2009.  2010/03/26  多様体学習理論を用いた多次元離散データの微分位相構造解析に関する研究論文に対して 
平成18年度情報処理学会論文賞  「位相属性を用いた多次元伝達関数設計」,情報処理学会論文誌,46巻,10号,2566頁-2575頁  2007/05/30 
第26回NICOGRAPH論文コンテスト優秀論文賞  山岳形状における積雪量を決定するサーフェス記述子の提案  2010/09/24  本論文では,山岳形状における積雪の様子を再現する現象学的モデルを提案する.ここでは,積雪の時間変化や山肌とのコントラストなどの美しさを手軽に表現し,しかも制御可能にすることを目的としている.山肌における積雪の度合いを決めるためには,その場所での気候や気象,雪の密度・粘性・固さなど,一般的に現実世界の多くの物理的ファクタを考慮する必要があるが,本手法では独自のサーフェス記述子を介することで積雪の現象学的再現を試みる.そのサーフェス記述子は,平滑化された高さ場におけるTangent Sphere Accessibility をベースに,方角や高度などの幾何学的条件を限定的に考慮している.本論文ではさらに,実際の標高データを用いた山岳形状に適用し,提案手法の視覚的効果を検証する. 
詳細表示...

担当授業科目
情報工学実験第1 
コンピュータ可視化特論 
アルゴリズム第1 
コンピュータグラフィックス 
詳細表示...

教育実績
画像情報教育振興協会2013年度後期認定教育校優秀校(合格率部門)受賞  2013/11/24-現在  2013年度後期のCGエンジニア検定エキスパート(実施:公益財団法人画像情報教育振興協会)に,担当講義「コンピュータグラフィックス/図形処理(2013年度秋学期)の受講者有志30名が受験,そのうち26名が合格し(合格率:86.7%),全受験者の合格率48.2%を大きく上回ったため,2014年2月1日に,同協会の平成25年度認定教育校表彰制度において全国195校のなかから選ばれ,2年連続で合格率部門の優秀校に認定される. 
画像情報教育振興協会2012年度後期認定教育校優秀校(合格率部門)受賞  2012/11/25-現在  2012年度後期のCGエンジニア検定エキスパート実施:公益財団法人画像情報教育振興協会)に,担当講義「コンピュータグラフィックス/図形処理(2012年度秋学期)の受講者有志34名が受験,そのうち33名が合格し(合格率:97.1%),全受験者の合格率50.4%を大きく上回ったため,2013年2月1日に,同協会の平成24年度認定教育校表彰制度において全国195校のなかから選ばれ,合格率部門の優秀校に認定される. 
詳細表示...

教科書・教材
情報学基礎  2013/03/15  本学理工学部が開設する必修科目「情報学基礎」のテキストとして共立出版より出版.第8章「図の作成法」を担当.2013年11月25日に第2版が出版. 
コンピュータグラフィックス  2004/09/17  編集委員長として編纂したコンピュータグラフィックスの教科書.CGエンジニアリング検定エクスパートの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野の定番テキストとして,担当する情報工学科・数理科学科対象の「コンピュータグラフィックス/図形処理」をはじめ,全国の企業・大学・専門学校等で幅広く利用されている. 
ビジュアル情報処理 ーCG・画像処理入門 ー  2004/04/21  コンピュータグラフィックスと画像処理の入門書.奥富正敏氏(東京工業大学教授)とともに編集委員長として編纂.CGエンジニアリング検定・画像処理エンジニア検定のベーシックの教則本として,主催する公益財団法人画像情報教育振興協会から出版.日本語による同分野への入門レベルの教科書として,全国の大学・専門学校等で長年にわたり,幅広く利用されている. 
詳細表示...

社会活動
公益財団法人画像情報教育振興協会協会委員  2005/04/01-現在 
公益財団法人画像情報教育振興協会技術系委員会委員  2007/04/01-現在 
公益財団法人画像情報教育振興協会評議員  2011/04/01-現在 
公益財団法人情報科学国際交流財団評議員  2011/04/01-2011/11/03 
公益財団法人画像情報教育振興協会CGエンジニア教育推進委員  2011/07/01-2013/03/31 
詳細表示...

所属学協会
Computer Graphics Society  1986/04-1987/12 
情報処理学会  1987/06-現在 
IEEE Computer Society  1989-現在 
情報知識学会  1990/04-2000/03 
ACM  1992/09-現在 
詳細表示...

委員歴
電子情報通信学会  論文誌査読委員  1996/06-現在 
画像電子学会  査読幹事  2005/04/01-現在 
情報処理学会  グラフィクスとCAD研究会運営委員  2007/04/01-2010/03/31 
可視化情報学会  ビジュアルデータマイニング研究会幹事  2007/04/01-2011/05 
画像電子学会  評議員  2007/06/23-2010/06 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら