研究業績(口頭・ポスター発表)
公開件数:433件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要 関連情報
1 口頭発表(基調)
Visual Analysis Tools for Facilitating Sparse Modeling
SIGGRAPH Asia 2017 Symposium on Visualization and Symposium on Education
2017/11/28
URL
Sparse modeling is a general principle for promoting high-dimensional data-driven science. I am head of a planned visualization research project in a designated governmental program in Japan. The primary goal of this research project is to construct a visualization platform for understanding the behavior of given high-dimensional measurement data in physical space by projecting it onto a judiciously designed information space. In this talk, I will give an overview of the governmental program and introduce the latest research results from the research project, including spectral-based contractible parallel coordinate plots, biclustering multivariate data for correlated subspace mining, and TimeTubes for visualizing polarization variations in blazars in a personalized immersive display environment.

2 口頭発表(招待・特別)
「閑話不休」(第16回2017年度CG Japan Award受賞記念)
NICOGRAPH2017
2017/11/11
URL
同じ分野に30余年も関わっていれば,ひとつやふたつは話のネタになりそうなことにも出会すものである.本講演では,主として若手の研究者や学生さんに向けて,自身の研究に繋がったエピソードを三例ほど紹介してみたい.「いつかは使ってやろう!」(1995年),「眺めることのススメ」(2005年),「素材は日常至るところに」(2015年).

3 ポスター発表
TimeTubes: Visual fusion for detailed and precise analysis of time-varying multi-dimensional datasets
International Meeting on “High-Dimensional Data-Driven Science” (HD3-2017)
2017/09/12
URL
TimeTubes is a visualization tool for observed datasets of blazars. It allows astronomers to geometrically analyze the dynamic behavior of and relationship among multiple time-varying variables in the datasets. This poster mainly focuses on a novel functionality of TimeTubes—visual data fusion, which is intended to visually fuse multiple datasets from different observatories for the same blazar.

4 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
Panel
The First Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop
2017/07/24
URL
This panel focuses mainly on possible collaborative research between China and Japan.

5 口頭発表(招待・特別)
Facilitating sparse modeling with sophisticated visual analysis tools
The First Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop
2017/07/24
URL
Innovative Areas called “Initiative for High-Dimensional Data-Driven Science through Deepening of Sparse Modeling” (http://sparse-modeling.jp/index_e.html). In this project, I have been heading a planned visualization research project with a primary goal to construct a visualization platform for understanding the behavior of given high-dimensional data in physical space by projecting it onto a designated information space. For this purpose, we transform relatively low-dimensional data obtained through sparse modeling to two, three, or four-dimensional space where we can fully visualize the characteristics of the original high-dimensional data. The idea behind our project is to establish an interactive model called human-in-the-loop by incorporating visual feedback from the users in the analysis of high-dimensional data based on sparse modeling. In this talk, I will give an overview of the governmental project and introduce recent research results from the planned research project, including spectral-based contractible parallel coordinate plots, Biclustering multivariate data for correlated subspace mining, and TimeTubes for visualizing polarization variations in blazars.

6 口頭発表(招待・特別)
可視化の数理—注目と誘目のサイエンス—
日本計算工学会 不確かさのモデリング・シミュレーション法に関する研究会第10回会合
2017/07/04

通常の投影型ディスプレイを用いてボリュームデータを可視化するには,フィールド値に色や反騰明度を割り当てて投影変換するしかない.その際に生じるモデリングやシミュレーション・計測データ解釈の不確実さをできる限り取り除き,重要な特徴を解析者に注目させ,また誘目するための離散微分位相幾何学アプローチの概要を紹介した.

7 口頭発表(一般)
多変量可視化における一覧性について
科学研究費補助金新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」2017年度第1回公開シンポジウム
2017/06/06
URL
本ポスタでは,同領域計画研究で開発中の多対多平行座標系表示と時系列多変量可視化TimeTubesの進捗状況に関して,可視化の「一覧性」の向上という観点から紹介した.

8 口頭発表(招待・特別)
Facilitating sparse modeling with sophisticated visual analysis tools
College of Computer Scinece Seminar
2016/12/29

During FY2013-2018, we have a governmental project under a Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas called “Initiative for High-Dimensional Data-Driven Science through Deepening of Sparse Modeling” (http://sparse-modeling.jp/index_e.html). In this project, I have been heading a planned visualization research project with a primary goal to construct a visualization platform for understanding the behavior of given high-dimensional data in physical space by projecting it onto a designated information space. In this talk, I gave an overview of the governmental project and introduce recent research results from the planned research project, including spectral-based contractible parallel coordinate plots, Biclustering multivariate data for correlated subspace mining, and TimeTubes for visualizing polarization variations in blazars.

9 口頭発表(一般)
ネットワーク表現を用いた多次元データ視覚解析
科学研究費補助金新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」2016年度公開シンポジウム
2016/12/19
URL
本稿では,スパースモデリングによって得られた比較的次元が低いデータを,具体的に効果的な視覚解析に落とし込むいくつかの事例について紹介した.ここで用いる道具は,ある対象間の関係などを表す抽象データの視覚解析の表現としてよく用いられるネットワーク(グラフ) である.実際ネットワーク表現は,ソーシャルネットワークや同時に購入する物品関係などの抽象データを効果的に可視化することができ,人によるデータの視覚解析を支援し促進することができる.本稿では,多変量数値データに変換操作を施してネットワーク表現することで,人の視覚解析を効率化できたいくつかの成果事例について紹介した.

10 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
ラウンドテーブルセッションⅠ:
コンピュータに騙される人間の脳-バーチャルリアリティとロボットに見る
KEIO TECHNO-MALL 2016(第17回慶應科学技術展)
2016/12/16
URL
コンピュータの能力が進歩し,人間の脳を超える日が来るかもしれない,と言わ
れていますが,本当にそうでしょうか?本ラウンドテーブルでは,コンピュータと協調する人間の脳の振る舞いに焦点を当てて議論を展開した.藤代は,錯視を利用した3次元ポップアップディスプレイの研究開発を事例にして参加した.

11 その他
LMML:計算法科学可視化環境
KEIO TECHNO-MALL 2016(第17回慶應科学技術展)
2016/12/16
URL
開発中の専用マークアップ言語LMMLの処理系を用いて,法科学に関連するビッグデータをどのように統合的に記述し,視覚分析して,犯罪捜査や裁判の電子化に資するかについて説明した.

12 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
パネル討論:ヒトと計算機の共進化
日本学術会議公開シンポジウム「人工知能と可視化」
2016/11/30
URL
ディープラーニングの登場で現在脚光を浴びている人工知能技術と,可視化技術との関係を明らかにすることで,人間と計算機がどのように共に進化していくべきか,同シンポジウムの招待講演者と司会者でパネル討論を実施した.

13 口頭発表(招待・特別)
Smart Ambient Media: Framework, methodologies, and applications
Huawei UCD Center Seminar
2016/11/04



14 ポスター発表
ブレーザーで観測される偏光の時間変動の3 次元可視化
2016年秋季年会
2016/09/14
URL
企画セッション「データ科学としての天文学」の一般講演(講演要旨集電子版Z109b).活動銀河核のうち,ジェットが観測者の方向を向き,ビーミング効果によってジェットからの放射が卓越して観測される天体はブレーザーとよばれる.我々は,2次元平面に時間軸を加えた3次元空間内で天体の偏光変動を
チューブとして可視化するツールTimeTubesを開発した.我々は広島大学かなた望遠鏡が取得したブレーザーの偏光データにこのツールを用いた.その結果,偏光角の回転,特に中心が原点から外れた回転現象やフレアの偏光角が特定の範囲に偏る傾向などが認識しやすくなることを確認した.特にブレーザーPKS 1749 + 096 では,偏光角の回転とフレア極大の偏光角の偏りが同時に見られ,さらにフレアの偏光角が電波ジェットの方向に平行であることがわかった.

15 口頭発表(基調)
大規模高次元データ分析可視化の最新動向
2016年秋季年会
2016/09/14
URL
企画セッション「データ科学としての天文学」の基調講演(講演要旨集電子版Z102r).マルチモーダルな計測デバイスや高性能計算環境の発展により,得られる数値データの複雑度は格段に増しつつある.そこに隠された特徴的な構造や挙動を視覚的に分析することによって,計測/シミュレーション対象に関する有用な知見を効果的に獲得する横断的方法論―コンピュータ可視化に関する最近の研究開発動向について,系統的に講述した.

16 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
コンピュータグラフィックスの最新事情・動向
アーク情報システムSIGGRAPH2016報告会
2016/09/02

SIGGRAPH2016の参加報告を中心とした最新CG技術の研究開発動向の紹介.

17 ポスター発表
High-dimensional data-driven approach to type Ia supernovae: Variable selection for the peak luminosity and classification
Supervovae Through the Ages 2016
2016/08/12
URL
We introduce our two recent works on type Ia supernovae (SNe Ia) based on high-dimensional data-driven techniques.
In the second work, we used a visual analytics tool for the
asymmetric biclustering method to find both a good set of variables and samples at the same time. Using 14 variables and 132 samples, we found that SNe Ia can be divided into two categories by the expansion velocity of ejecta. In addition, the two sub-groups can be characterized by the strength of silicon lines. this example demonstrates that the high-dimensional data-driven approach is useful
for the big-data era of supernovae.

18 口頭発表(招待・特別)
知覚心理学応用のススメ ―「見せる」から「魅せる」へ
3D合同シンポジウム
2016/06/21
URL
映像の最終消費者は人である.魅力的なコンテンツ生成には,人の知覚メカニズムの深掘りが欠かせない.本発表では、講演者が関与してきた研究開発事例を題材に,CG/VR/可視化において知覚心理学の知見を活用する普遍的効果について紹介した.

19 口頭発表(一般)
TimeTubes: Visualization of polarization variations in blazars
Blazars through Shapr Multi-Wavelength Eyes
2016/06/02
URL
Optical polarization provides important clues to the magnetic field in blazar jets. It is easy to find intriguing features in the time-series data of the polarization degree (PD) and position angle (PA). On the
other hand, the trajectory of the object on the Stokes QU plane becomes essential when the object has multiple components of polarization. In this case, ironically, the more data we have, the more difficult it is to gain any knowledge from it. Here, we introduce TimeTubes, a new visualization scheme to explore the time-series of
polarization observed in blazars. We used TimeTubes for our data taken by the Kanata telescope between 2008-2014. We found that this tool facilitates the recognition of the patterns in blazar variations. We show some demonstrations of TimeTubes in our presentation.

20 ポスター発表
選択的多次元データ表現のための空間配置
科学研究費補助金新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」2015年度公開シンポジウム
2016/03/07
URL
計画研究C01-4(可視化班)では,これまで適切な視覚メタファを利用した多次元データの空間配置法を各種提案し,計画研究A02-3(天文班)から提供された実際の天文学データ分析への適用を試みてきた.本ポスタでは,その最新成果を2例報告した.

21 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
Computational Journalism: Promising scenarios of big data visualization
UC Davis VIDI Labs Seminar
2016/02/23
URL
In this talk during my stay in VIDI Labs, I presented recent research activities of our lab in the context of computational journalism.

22 ポスター発表
TimeTubes: Preliminary design of visualization tool for time-dependent, multi-variate blazar datasets
The International Meeting on High-Dimensional Data-Driven Science (HD3-2015)
2015/12/16
URL
This poster presented am initial design of TimeTubes, a new visualization scheme that allows users to analyze dynamic changes and causality among representative time-varying dimensions of observed blazar datasets provided by Hiroshima Astrophysical Science Center.

23 ポスター発表
Making many-to-many parallel coordinate plots scalable by asymmetric biclustering
The International Meeting on High-Dimensional Data-Driven Science (HD3-2015)
2015/12/16
URL
Many-to-many parallel coordinate plots enable users to grasp at a time correlations between arbitrary pairs of dimensions in a given multi-dimensional dataset. However, the more pairs of dimensions we visualize, the smaller area for displaying each of the pairs becomes. This problem makes it difficult for the users to discover specific highlycorrelated pairs in the datasets. This poster presented our attempt to make the many-to-many parallel coordinate plots scalable by biclustering the underlying dataset in terms of data samples and dimensions asymmetrically with different methods. The effectiveness of this approach was empirically proven through applications of the current prototype system to several practical datasets.

24 その他
トリックアート原理に基づく裸眼立体ディスプレイシステム
KEIO TECHNO-MALL 2015(第16回慶應科学技術展)
2015/12/04
URL
本展示では,陰影を中心とした心理的な奥行き知覚要因と運動視差を考慮することによって,2Dグラフィックコンテンツに対して解像度や明度が落ちない個人向けの裸眼立体映像を汎用のデバイス上で生成する表示システムを,実システムのデモを通して紹介した.

25 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
Education Panel: Tomorrow's digital content leaders in Asia
ACM SIGGRAPH Asia 2015 Symposium Education
2015/11/04
URL
In this panel, we discussed the current status and the future challenges of human resource development efforts in the digital content field in Asian countries. The panel invited representatives from three Asian regions, Hong Kong, Singapore and Japan, and the ACM SIGGRAPH organization. The discussion focused on the digital content industry, digital content development and engineering education, including computer graphics, interactive techniques, animation and other visual arts. This panel discussion was organized jointly by the Computer Graphic Arts Society (CG-ARTS) and the SIGGRAPH Asia 2015 Symposium on Education.

26 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
Computational Journalism: Promising scenarios of big data visualization
Norrköping Visualization Center Seminar
2015/10/12
URL
In this talk during my first visit to NVC, I presented recent research activities of our lab in the context of computational journalism.

27 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
コンピュータグラフィックスの最新事情・動向
アーク情報システムSIGGRAPH2015報告会
2015/10/01

SIGGRAPH2015の参加報告を中心とした最新CG技術の研究開発動向の紹介.

28 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
データ可視化とスパースモデリング
「データ駆動科学の地域展開」ミニ研究会
2015/09/10
URL
当該科研費新学術領域の計画研究C01-4(可視化班)の取組みの紹介を通じて,データ可視化とスパースモデリングの間の相補的な関係について説明した.

29 口頭発表(招待・特別)
Fast simulation of viscous fluids with elasticity and thermal
conductivity using position-based dynamics
Shape Modeling International 2015
2015/06/24
URL
We delivered an invited talk based on our viscous fluid simulation paper published in Computers & Graphics in 2014.

30 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
CGの技術動向 ―書籍「コンピュータグラフィックス」から見る技術的進展-
CG-ARTS人材育成「技術者交流」セミナー「日本のハイエンドグラフィックスの未来!~突き進む最先端~」
2015/01/29
URL
2015年3月に改訂予定の書籍「コンピュータグラフィックス」で採り上げられた新たな技術トピックスの紹介を通して,ハイエンドグラフィックスの未来を展望する.

31 その他
バイクラスタリングに基づく部分空間の視覚探索
文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究
「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」2014年度公開シンポジウム
2014/12/16
URL
文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」の2014年度公開シンポジウムで,計画研究の最新成果について報告した.

32 口頭発表(一般)
マルチディスプレイによるインタラクティブ3Dトリックアート
ビジュアルコンピューティングワークショップ2014
2014/11/28
URL


33 口頭発表(一般)
マッチングベースモーションリターゲッティング
ビジュアルコンピューティングワークショップ2014
2014/11/28
URL


34 口頭発表(一般)
薄膜の破壊表現に着目した破裂のビジュアルシミュレーション
ビジュアルコンピューティングワークショップ2014
2014/11/27
URL


35 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
SIGGRAPH2014参加報告 ―コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アーク情報システムSIGGRAPH2014報告会
2014/10/17

SIGGRAPH2014の参加報告を中心とした最新CG技術の研究開発動向の紹介

36 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
計算報道学のススメ
第5回情報可視化研究室合同合宿
2014/09/24



37 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
日本版 可視化研究開発の課題トップ10
日本学術会議公開シンポジウム 可視化 ビッグデータ時代の科学を拓く
2014/09/22
URL
1999年にACM Computer Graphics, 33(2)で米国ウィスコンシン大学のB. Hibbardが掲げた,科学技術可視化の最重要課題トップ10は,2004年に米国ユタ大学SCI所長のC. Johnsonにより15件の課題にバージョンアップされ,関連研究開発のマイルストーンとして幅広く引用されてきた.2014年6月に開催されたDagstuhl Seminarでは,そのうち4点が採り上げられて集中的な議論がなされたが,同セミナーで登壇したC. Johnsonは,その後10年間に進展した分野の最新状況を鑑み,同リストが近々更新されることを強く望んでいた.特に横断的な可視化技術に終始することなく,個々の科学技術分野における可視化の応用的側面がクローズアップされるべきである点を強調していたのも興味深い.本パネルでは,国内の関連学会を代表する5名のパネリストを中心に,シンポジウムの参加者とともに,一足早く日本版のトップ課題策定を試みてみたい.

38 口頭発表(招待・特別)
Contractible parallel coordinates for sparse modeling
Dagstuhl Seminar 14231 Scientific Visualization
2014/06/03
URL
Sparse modeling is intended to exploit the inherent sparseness that can be commonly observed in huge quantities of high-dimensional scientific data, and thereby enabling to extract the maximum amount of information from the data effectively and efficiently. In order to come up with a visualization platform for facilitating such sparse modeling, we have focused primarily on the contractility of parallel coordinates. In this talk, we will present two promising schemes: one is to use spectral graph analysis of correlation among axes and the other is to rely on biclustering to identify clusters of data samples and groups of highly-correlated axes simultaneously. Enhanced visualization capabilities of contractible parallel coordinates will also be discussed.

39 口頭発表(一般)
様々な音楽ジャンルにおけるリズムパターンのグルーヴ可視化
音楽情報科学研究会第101回研究発表会
2013/12/24
URL
グルーヴとは, 演奏における音のうねりやノリのよさ, 感情の起伏や一体感などを包括する大局的な音楽特徴のひとつである. よい演奏には不可欠の要素とされるものの, 自在にグルーヴを表現するためには多くの音楽経験を積む必要がある. 本稿では, 様々な音楽ジャンルにおけるグルーヴを, 可視化を用いることによって効率的に学習させる環境を提案する. 具体的には, 我々が過去に提案したグルーヴの視覚マッピング法を拡張し, 音楽ジャンルとリズムに関する好みをユーザが設定することによって多様な音楽データにおけるグルーヴの可視化を実現するシステムSeeGrooveを開発した.

40 口頭発表(一般)
ShadowDrawパラダイムに基づく例示ベース樹木モデリング
グラフィクスとCAD研究会第153回研究発表会
2013/11/29
URL
樹木モデリングは, 複雑な枝葉構造をもつ樹木の生成規則やモデリングの簡易化を追求するなど, 従来からさまざまな研究が行われている. 本研究では, モデリングの簡易化を重視し, ShadowDraw パラダイムを利用したスケッチベース樹木モデリングを提案する. ユーザはスケッチを描くスキルを必要としない
だけでなく, 現存する樹木の生成規則に則したモデルの影をガイドとして利用できるため, 現実味のある3次元樹木モデルを簡単に生成することができる.

41 ポスター発表
Toward development of a forensic visualization lifecycle management system
Thirteenth International Symposium on Advanced Fluid Information
2013/11/26
URL
In this project, we are going to develop a forensic visualization lifecycle management system, where leading-edge informatics technologies, such as provenance management, augmented reality and affection estimation, are integrated to allow the users with different roles to visualize investigated crime data in a first-person manner for clarifying points of dispute in court. In this first-year report, we place a particular focus on realtime 3D simulation of bleeding as an integral part of functionalities to be provided by the developed system.

42 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2013参加報告 —コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アーク情報システム
2013/09/27



43 口頭発表(招待・特別)
全体説明:「コンピュータグラフィックス」改訂のポイント,可視化技術の進展(7.3 節)
画像電子学会第36回秋期セミナー予稿,「コンピュータグラフィックス」執筆者による最新技術解説
2013/09/13



44 口頭発表(一般)
表現を支える技術の可能性,今後の課題と方向性とは!?
CG–ARTS人材育成フォーラム「産学の人材育成に関する交流会‐次代を担う人材育成を考える‐」,第 1部パネルディスカッション②
2013/09/12



45 口頭発表(招待・特別)
Visualizing world perspective from semi-structured imagery
2013 Japanese-Taiwanese Workshop on Information Visualization and Graph Drawing
2013/05/23
URL
The recent advent of inexpensive but high-performance digital cameras and smartphones gives rise to an uncontrollable amount of semi-structured imagery on the SNS. However, subjective choice of targets and their compositions arising in it requires a novel way to coordinated browsing, which makes it easier for the viewers to comprehend the perspective of the world. We have recently attempted to take shooting objects and conditions into account to derive from such an imagery dataset, an abstraction hierarchy which is expected to serve as the referential basis for effective browsing through a 3X3 partitioned display. In this talk, we will show the feasibility of a pilot environment with an application to a problem of synthetic world exploration.

46 ポスター発表
大規模半構造データに対する環境可視化システムの提案
映像表現・芸術科学フォーラム2013
2013/03/15
URL
近年, 安価で高性能なデジタルカメラやスマートフォンの普及などにより, Web 上には大量の画像データが溢れている. しかし, ほとんどの画像では, 意図的あるいは無意識的に, その構図や被写体の選択に撮影者の主観が込められている.そのため, そのような画像を客観的に眺めるためには, 被写体のみならず, その被写体を取り巻く環境も視覚的に捉えることが必要となる. 本稿では, 静止画像のデータがもつ半構造性を補い,画像を取り巻く環境を可視化するシステムを提案する. この環境可視化システムは, 画像を抽象化階層とよばれる表現に変換し, レイヤ間を垂直に移動する人称変換と, 同一レイヤ内を行き来する水平な移動を主軸として, 被写体を取り巻く環境に対するユーザの理解を支援する.

47 ポスター発表
ShadowDrawパラダイムに基づく例示ベース樹木モデリングの提案
映像表現・芸術科学フォーラム2013
2013/03/15
URL
樹木モデリングはコンピュータグラフィックスのなかでも重要な研究分野の一つであり, 樹木の複雑な枝葉構造から, その植物学的な規則やモデリングの簡易化を追求するなど, 従来からさまざまな研究が行われてきた. 本研究では, 樹木モデリングを一層簡易化することに着目し, ShadowDrawパラダイムを利用したスケッチベース樹木モデリングを提案する. このパラダイムの導入により, ユーザはスケッチを描くスキルを必要としないだけでなく, 実際の樹木画像をガイドとして利用できるため, 既存のスケッチベース手法に比べて, 植物学的にも現実味のあるスケッチを描くことができる. 本手法は, ShadowDrawパラダイムに基づいて, 従来のスケッチベース手法を改良するものであるが, Web上の樹木画像を集合知として利用する例示ベース手法とも位置づけられる.

48 ポスター発表
みずみずしい果実の対話的なCG表現
映像表現・芸術科学フォーラム2013
2013/03/15
URL
CG で表現する食べ物,すなわちデジタルフードにとって,おいしそうに見えるファクタの再現はひじょうに重要である.本稿では,果実を対象とした「みずみずしさ」の表現手法の提案によって,デジタルフードの表現が現実味を増し,より身近になることを目指す.また,食べ物がもつ異方的な構造を生成し,ユーザがインタフェースを介してデジタルフードを加工できる,インタラクティブな環境を実現する.

49 口頭発表(招待・特別)
Condensed views for long-duration visualization provenance
IEEE Pacific VAST Workshop 2013
2013/02/26
URL
In order to totally support repeated visual analysis processes, any environment is required to record and manage the provenance information. However, too much provenance information obtained from long-duration visual analysis possibly makes it difficult for the users to find primary analysis results at a glance, and to reutilize the experiences for further analysis. In this talk, we present our recent attempts to improve the scalability of managing the provenance information through the proposal of two algorithms to provide condensed views of the version trees.

50 口頭発表(一般)
周辺空気圧を考慮した液体のスプラッシング
グラフィクスとCAD研究会第150回研究発表会
2013/02/18
URL
液滴が固体表面や液体表面に大きな速度で衝突すると, スプラッシングが起きる. 薄い膜となって周囲に広がった液体は, 縁に凹凸を生じ, 凸の部分が2 次的な液滴へと変化する. この現象は, ミルククラウン, スプラッシングペイント, 雨粒が舞う水たまりなど, 日常の多くの場面で見られ, スプラッシュの特徴が
視覚的リアリティに大きく関わる. スプラッシュが生じる物理的メカニズムには知られていない点も多くあり, 実験的なアプローチにより, 要因となる物理量やそれぞれの関係性が解析されている. そのなかでも,最も重要で, 数年前まで知られていなかった要因として, 液体周囲の気体からの圧力の影響がある. そこで,本研究では, 粒子ベース流体解析法の1 つである, SPH (Smoothed Particle Hydrodynamics) 法において,従来考慮されていなかった周辺気圧をナビエ・ストークス方程式にモデル化し, 凹凸が生じて2 次的な液滴が生成されるような, スプラッシュの重要な特徴を表現する. 提案手法によって, 従来のSPH やほとん
どの流体シミュレーションで表現することができなかった, フィンガリングなどのリアルな液体の挙動を,わずかな計算コストの追加で実現できることを示す.

51 口頭発表(一般)
携帯型AR迷路アプリケーションの開発
グラフィクスとCAD研究会第150回研究発表会
2013/02/18
URL
近年,コンピュータを用いて素材画像から迷路を自動生成するアルゴリズムに関する研究が多数行われている.本稿では,携帯端末のカメラ機能を介して入力した素材画像と生成した迷路を拡張現実(Augmented Reality; AR)表示するような新たな迷路生成アプリケーションを提案する.AR による迷路の重畳表示に加えて,パノラマ画像入力やクロスカーソルによる没入的なプレイ方法を採り入れることにより,「現実空間」から「迷路空間」への変換のみに着目していた既存研究とは異なり,「現実空間」と「迷路空間」を融合した「AR 迷路」という新たなスタイルのエンタテイメント創成の実現を目指す.

52 口頭発表(招待・特別)
Managing scalable visualization lifecycle
The Second International Symposium
2013/01/16
URL
Maintaining scalability through cooperation with smart software is an essential factor for establishing next-generation, exploratory visualization environments. In this talk, we will describe how our cooperative visualization lifecycle management system, called VIDELICET, succeeds to provide the users with its scalable visual analysis, with a particular focus on the following three points. (1) The VIDELICET system builds upon a visualization ontology to organize its case repository, which is intended to collect successful visual analysis examples in the past cooperation. The “design-by-examples” principle allows the users to browse the repository to retrieve promising visualization workflows optimized to their objectives, with which even novice users can expeditiously kick off their visual analysis. (2) A hierarchical provenance model has been adopted to enable the users to record, trace and re-utilize their visual exploration workflows coupled with acquired knowledge as their sharing provenance resources. Condensed display of the version trees makes it possible for them to find primary visualization results at a glance and to judiciously determine further course of visual analysis in the future. (3) Visualization-related parameter tweaking is a tedious and time-consuming task for most users. The VIDELICET employs differential topology-based field data analysis tools, which can suggest proper parameter values for transfer functions, viewing, illuminations, and the like for performing comprehensible visualizations in a semi-automatic way.

53 口頭発表(招待・特別)
スパースモデリングを促進する多次元可視化技術の可能性
第4回 圧縮センシングとその周辺
~スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成~
2012/12/16
URL


54 口頭発表(一般)
非一様弾性体の対話的変形シミュレーション
グラフィクスとCAD研究会第149回研究発表会
2012/12/04
URL
本稿では,ボリュームモデリングと弾性体変形手法を組み合わせ,非一様な剛性をもつ物体の変形シミュレーション手法として,FastLSM+を提案する.Constructive Volume Geometry(CVG)によって剛性分布を作成し, 高速な弾性体変形手法FastLSMに剛性分布を反映させることで,これまで困難であった任意の形状と剛性分布をもつ物体の変形シミュレーションを実現する.

55 口頭発表(一般)
計算フォレンジクスの拡張構成要素に関する一考察
ビジュアルコンピューティングワークショップ2012
2012/11/05
URL
計算フォレンジクス(計算法科学)が扱う範囲を,科学捜査から電子裁判にまで拡張するうえで必要となる要素技術として,出自管理,高精度数値シミュレーション,拡張現実,情報推定の4点を採り上げ,その役割を論じたあと,それらを組み合わせた仮想現場検証のパイロットシステムの構想について紹介した.

56 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2012参加報告 —コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アーク情報システム
2012/09/21



57 ポスター発表
CosmicAI: Generating sky backgrounds through content-based search and flexible composition
SIGGRAPH 2012
2012/08/07
URL


58 ポスター発表
Particle-based simulation of snow trampling taking sintering effect into account
SIGGRAPH 2012
2012/08/07
URL


59 口頭発表(一般)
Visual simulation of whirlwind using a grid and particles
Proceedings of NICOGRAPH International 2012
2012/07/02



60 口頭発表(一般)
3D人体モデルの分析アプリケーションの開発とスカートパターン設計への応用
日本人間工学会第53回大会
2012/06/10
URL
本発表では,3Dボディラインスキャナーにより採取した3Dボディデータを分析することで,スカートの高精度な3次元設計から,その展開に基づいた原型作成へと至るデザインシステムを提案する.

61 口頭発表(一般)
視覚協創学(2):可視化出自情報の縮合表示
第17回計算工学講演会
2012/05/30
URL
可視化環境では,複数回にわたる可視化を包括的にサポートするため,可視化結果を再現するための情報である出自を記録・管理することが求められる.しかし出自情報が過多となった場合,重要性の高い情報が他の情報のなかに埋没してしまう可能性がある.そこで本研究では,可視化出自管理システムVIDELICETに対して,出自情報の記録方式であるバージョンツリーを縮合表示することでスケーラブルな出自情報管理を実現した.

62 口頭発表(一般)
視覚協創学(1):視考支援基盤の目的と構成
第17回計算工学講演会
2012/05/30
URL
本発表では,「視考支援基盤」を提案する視覚協創学の取り組みについて概観する.視考支援基盤は,対話的な操作環境のなかで視考する個々のユーザの挙動や知覚心理を監視し,基盤自身がもつ出自管理や機械学習の機能を協働させることにより,視覚的表現をより洞察に富むものへと組織的に接近させ,最終的に問題に対する本質的で総合的な理解,すなわち知の創発を関係者全員に対して確実にもたらすような視覚解析環境である.

63 口頭発表(一般)
大規模データの可視化技術とその応用— 出自管理と微分位相幾何学に基づくスケーラブルな視覚解析 —
日本テクノセンターセミナー
2012/04/25



64 口頭発表(招待・特別)
サーフェスディスクリプタに基づくリソースアウェア・レンダリング
- CREST 自由空間に3次元コンテンツを描き出す技術 - 最終シンポジウム
2012/03/17
URL
本発表では,物体表面の各種曲率や凹凸度,メッシュ顕著度等の幾何学的特徴量を参照しながら,レーザプラズマ発光体の明度や密度を適応的に制御することによって,限られた点数でも対象を効果的に描画できるリソースアウェア・レンダリングの手法を紹介する.

65 ポスター発表
CosmicAI: 情報共有を想定した直感的で効率のよい空の画像生成システム
芸術科学フォーラム2012
2012/03/16
URL
写真撮影や手描きによらず空の画像を得る手法として,現在大きく2つの手法が存在する.ひとつは画像検索,もうひとつは3DCGによる画像生成である.しかし,画像検索は探したものを加工することに,3DCGは生成そのものに手間がかかり,ともに効率的とは言い難い.本稿では,柔軟で効率的な2DCGでの画像編集と制作に最適な画像出力を行うことができるシステムCosmicAIを提案する.CosmicAIでは,ユーザは柔軟な編集システムを利用して,画像を一から作成するだけでなく,情報共有により他の人が作成した空の構成データを利用して編集を行うことができる.これにより,短時間で望む空の画像を得ることができるとともに,システムを通じて見知らぬ人との協力が成り立つことで,より洗練された空の画像が生成される.

66 口頭発表(一般)
クロスとグラフトを用いた2Dモデリングインタフェース
グラフィクスとCAD研究会第146回研究発表会
2012/02/07
URL
本稿では, 簡単に2 次元オブジェクトをモデリングするための新しいパラダイムとして, クロス&グラフトを提案する. クロス(crossing, 交配)は2 つのオブジェクトから両者の特徴を併せもった新たな世代のオブジェクトを生成する操作であり, グラフト(grafting, 接合)はオブジェクト同士を接合する操作である. ユーザはプリミティブからスタートし, クロスやグラフトを繰り返すことで, 目的のオブジェクトを得る. クロスは, グラフトにより得られる接合情報を利用して実行される. これにより,簡単な操作であっても大幅な変更を施すことが可能になる. また, システムがユーザの予想を超えた結果を瞬時に返すことで, ユーザの発想が拡がる可能性もある.

67 ポスター発表
Degeneracy-aware interpolation of 3D diffusion tensor fields
Visualization and Data Analysis 2012
2012/01/24
URL
Visual analysis of 3D diffusion tensor fields has become an important topic especially in medical imaging for understanding microscopic structures and physical properties of biological tissues. However, it is still difficult to continuously track the underlying features from discrete tensor samples, due to the absence of appropriate interpolation schemes in the sense that we are able to handle possible degeneracy while fully respecting the smooth transition of tensor anisotropic features.
This is because the degeneracy may cause rotational inconsistency of tensor anisotropy. This paper presents such an approach to interpolating 3D diffusion tensor fields. The primary idea behind our approach is to resolve the possible degeneracy through optimizing the rotational transformation between a pair of neighboring tensors by analyzing their associated eigenstructure, while the degeneracy can be identified by applying a minimum spanning tree-based clustering algorithm to the original tensor samples. Comparisons with existing interpolation schemes will be provided to demonstrate the advantages of our scheme, together with several results of tracking white matter fiber bundles in a human brain.

68 口頭発表(一般)
可視化出自管理の可能性
KEIO TECHNO–MALL 2011(第12回慶應科学技術展) 連携技術セミナー
2011/12/09



69 その他
直感的で効率のよい空の画像生成システム
第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2011)論文集
2011/12/02
URL
本発表では,特定の種類の画像を生成するシステムとして,これまでにない高い実用性をもつシステム"CosmicAI"を紹介する.CosmicAIは,利用用途の広い"空"に特化した画像生成システムである.2Dで直感的に使えるため,景観作成3DCGソフトウェアに含まれる空の画像生成機能に比べて,気軽で扱いやすいシステムといえる.システムの機能は,"パーツごとの検索","柔軟な画像合成","用途にあわせた出力"の3 つに大きく分けられる.CosmicAI の検索は,パーツ(雲,月,背景(雲,月以外)) ごとの属性およびスケッチを用いた精度の高いものとなっている.見つけてきた画像の合成も柔軟性が高く,どの背景に対しても,どの雲,どの月も思いのままに配置でき,微調節機能によりユーザの希望とわずかに異なるパーツであっても,希望に合うように近づけられる.出力は,静止画用画像,動画用画像,全体画像の3つがあり,いずれも独自に撮影した画像を用いた安定した高画質の画像出力が可能である.動画用画像出力は雲や視点の変化にも対応している.

70 口頭発表(招待・特別)
微分位相特徴解析に基づくボリュームグラフィックスの高度化
コンピュータビジョンとイメージメディア研究会研究発表会
2011/11/17
URL
微分位相幾何学の知見を利用して,時系列ボリュームデータの視覚的特徴を捉え,効果的な可視化を実現するボリュームグラフィクスの一連の研究成果を,豊富な適用事例を用いてわかりやすく講述する.具体的には,ボリューム位相骨格抽出,多次元伝達関数の自動設計,視点・照明位置の最適化,等値面埋込み検出,最適断面生成,区間型ボリューム分解とボリュームブラウジング,ボリューム整形化通信,臨界時刻検出,等の手法を採り上げる.

71 口頭発表(一般)
画像処理を用いた野球における投球動作の分析
グラフィクスとCAD研究会研究発表会
2011/11/17
URL
現在野球映像における投球動作の分析は, 専門家の感性や経験によって手作業で行われることが多く, 多くの時間を要する問題がある. そこで本稿では, 特に戦略上有効な各投手特有のクセを発見する手法を提案する. 提案手法では, クセの最も発生しやすいグローブの向きに注目し, パーティクルフィルタによってグローブを追跡し, SIFTによってグローブの勾配方向を計算しクセの分析を行う. 評価実験として, クセを持つ投手に対し提案手法を適用し, クセが発見できていることを確認した.

72 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2011参加報告 —コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アーク情報システム
2011/09/16



73 その他
フルードインフォマティクスから見た可視化
日本機械学会2011年度年次大会
2011/09/12
URL
筆者らは2005年からVIDELICET (VIsualization DEsign and LIfe CyclE managemenT)とよばれる協調可視化環境(Cooperative Visualization Environment: CVE)の開発に着手した.本システムは,成功事例のリポジトリを公開することによって,ユーザ個々の流動可視化ワークフロー設計・選択タスクを支援するだけでなく,複数ユーザによって階層的に構成される中長期的なプロジェクトの可視化ライフサイクル全体を通して,視覚解析の出自情報を詳細に記録し,プロジェクト全体にその閲覧と再利用を促す機能を提供している.本講演では,VIDELICETシステムがもつ特長について,特に知見獲得のスケーラビリティの観点から概観し,情報科学がいかにして流体力学に資することができるかについて,CVE研究開発の立場から解説を試みる.

74 口頭発表(一般)
媒体としての血液のビジュアルシミュレーション
第27回NICOGRAPH論文コンテスト
2011/09/06
URL
我々は, 血液のビジュアルシミュレーションを設計するにあたって, 生成される画像やアニメーションの視覚的リアリティを高めるためには何を考慮すべきかを, ファクタアナリシスによって調査し, 計画的に研究を進めて
きた. 本論文では, 血液の見えに関する重要なファクタである“媒体としての表示”を実現するための手法を提案する. 血液は, 赤血球などの固体成分と血漿の液体成分から構成される. 血液が赤いのは, 赤血球内のヘモグロビンの色素によるもので, 大量の血液が黒く見えるのは, 入射した光が赤血球により吸収・散乱を繰り返すためである. 本論文は, 視点から見た血液の厚みによって赤血球による光の吸収・散乱の度合を定義し, それに基づいて血液表面の色を指定することにより, これらの媒体の視覚的性質を少ない計算量で実現した.

75 口頭発表(一般)
計算報道学:次世代コンピュータ可視化への提言
グラフィクスとCAD研究会第144回研究発表会
2011/09/05
URL
視覚的情報提示に対して説明責任の概念を持ち込む新たな枠組みである「計算報道学」を,次世代コンピュータ可視化への確かな方向性の一つとして紹介する.近年の可視化研究事例を用いて,旧来メディアの呪縛から解き放たれた計算報道学固有の特徴の一部を明らかにする.

76 ポスター発表
Visual simulation of bleeding on skin surface
SIGGRAPH 2011
2011/08/09
URL


77 その他
True 3D display
SIGGRAPH 2011
2011/08/07
URL
At the 2006 Emerging Technologies, Burton Inc. in Japan and others successfully exhibited the 3D Aerial Display device, with which the users are allowed to plot a unicursal series of laser-induced illuminants freely in the midair, and thus the surrounding audience can enjoy watching different aspects of the 3D image from different positions, without any eye strain. In the year of 2011, we will present our latest version of the device, called SRV (Super Real Vision)-5000, where we condensed our state of the art laser-plasma technology into a small acrylic case. One remarkable feature of the new device lies in its enhanced resolution: from 300 points/sec. (2006) to 50,000 points/sec. (2011), and it enables us to display 3D objects more faithfully in real time, whereas the display volume gets a bit diminished. The SRV-5000 model is expected to increase the potency of utilization in various application fields.

78 口頭発表(一般)
COSMIC SKY: コンテンツベース検索と画像合成による空の背景画像作成システム
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011
2011/06/26
URL
映像制作では目的にあった空の画像を利用する利点が大きく,効率的に空の画像を作成するソフトウェアが望まれている.本論文では,雲・背景・月といった空を構成する各々のパーツに対して,属性検索やスケッチに基づくコンテンツベース検索を行い,その結果画像を柔軟に合成することで,ユーザが希望する空の画像を容易に生成できるシステムCOSMIC SKY を提案する.

79 口頭発表(一般)
物理吸着と硬化作用を考慮した出血のビジュアルシミュレーション
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011
2011/06/26
URL
我々は, 血液が皮膚表面上を伝う様子をビジュアルシミュレーションするにあたって, 生成される画像やアニメーションの質と視覚的リアリティを高めるためには何を考慮すべきかをファクタアナリシスによって調査し, 計画的に研究を進めてきた. 本論文では, その主要ファクタである“傷口からの出血”, “硬化作用”, “吸着”を実現するための手法を提案する. “傷口からの出血”は, 出血量, 傷口の太さなどを考慮した体内の血流モデルを計算することで実現した.また, 血液の“硬化作用”も考慮できるように, 空気との反応による粘性の変化も実装した. さらに, “吸着”については, SPH 法のナビエ・ストークス方程式にファンデルワールス力による吸着力を加えることで, 皮膚表面を伝う流れや皮膚表面への付着を表現した.

80 ポスター発表
交配に基づく2次元形状モデリング
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011
2011/06/25
URL
本論文では, 簡単に2 次元オブジェクトをモデリングするための新しいパラダイムとして, クロス(交配) とコネクト(接続) を提案する. コネクトはオブジェクト同士を接続する操作であり, クロスは2 つのプリミティブや, プリミティブとオブジェクトから両者の特徴を併せもった新たなオブジェクトを生成する操作である. ユーザはプリミティブやオブジェクトに対しクロス・コネクトを繰り返すことで目的のオブジェクトを得る. クロスの効果は, コネクトによる接続情報を基にしてオブジェクト内で伝搬する. これにより, 簡単な操作であっても大幅な変更を施すことが可能になる. また, システムがユーザの予想を超えた結果を瞬時に返すことで, ユーザの発想が拡がる可能性もある.

81 ポスター発表
レーザプラズマ式3次元ディスプレイにおける特徴点列の強調
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011
2011/06/25
URL
本論文では,物体表面の特徴量である主曲率をサーフェス記述子として使用し,ソフトウェア上で各点の密度・明度を制御することによって,レーザプラズマ式3次元ディスプレイ上の物体の特徴を最大限引き出した描画を実現する.

82 ポスター発表
地形との相互作用を考慮した砂塵の対話的ビジュアルシミュレーション
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011
2011/06/25
URL
娯楽分野において砂の動きをコンピュータグラフィックスで描いたものはよく見かける. しかし, 砂と風とのインタラクションを扱った研究は見当たらない. そこで我々は砂塵を対象として, ビジュアルシミュレーションを実現するアプローチを提案する. 螺旋状の上昇気流の解析的ベクトル場に沿って砂塵の砂粒子の局所的な動きを発生させ, その軌跡を地面との相互作用を考慮しながらインタラクティブに制御することができる. また, 粒子ボリュームレンダリング(Particle-Based Volume Rendering: PBVR)を用いることで, 比較的少ない粒子数でも効果的に砂塵らしい煙状の表現を実現した.

83 口頭発表(招待・特別)
三次元ディスプレイのためのリソースアウェア・レンダリング
視覚情報基礎研究会第8回研究発表会
2011/06/18
URL
完全な三次元映像を表示できる体積走査型立体ディスプレイのなかでも,レーザープラズマ方式は,従来方式と比べ数々の利点をもつが,現行機種には実時間表示できる点数に制限がある.本講演では,この問題を緩和し,よりリッチな三次元コンテンツ表示を可能にするための新たな概念~リソースアウェア・レンダリング~を定義し,関連する最新の取り組みについて
紹介した.

84 口頭発表(招待・特別)
可視化(ポスト・プロセス)の最近の進歩 - 微分位相幾何学アプローチ -
講習会「メッシュ生成・可視化(プリ・ポスト処理)の最近の動向 」
2011/03/07
URL


85 口頭発表(招待・特別)
Panel: Visualization research in Asia Pacific
IEEE Pacific Visualization Symposium 2011
2011/03/03
URL
Visualization research in Asia Pacific has a long history. However, unlike in North American and Europe, many research activities in this area are not well known in the visualization community. The purpose of this panel is to bring together the researchers from different countries and regions to discuss the status, opportunities, and obstacles of visualization research in this area, and foster collaboration across countries and regions.

86 ポスター発表
A PID control-based scheme for time-critical rendering of particle systems
IEEE Pacific Visualization Symposium 2011
2011/03/02
URL
In visual analysis, it is important to maintain interactive and stable rendering frame rates, because it is known that unstable frame rates may cause stress and distraction to the users. For stabilizing the frame rates in large-scale particle visualization, we propose a novel time-critical rendering scheme that combines two methods —
a fast method based on shaded texture mapping and a high-quality method using quadratic surfaces. A method to render each particle is decided on the fly according to the viewing distance; the high quality method is chosen only when the distance is smaller than a threshold, to allow the user to observe the region of interest closely.
A frame-rate stabilization mechanism based on a PID controller is deployed to change the threshold distance dynamically, in order to regulate the number of high-quality particles. We evaluate the effectiveness of our time-critical rendering scheme through experiments with molecular dynamics simulation datasets.

87 ポスター発表
Degeneracy-aware interpolation of 3D diffusion tensor fields
IEEE Pacific Visualization Symposium 2011
2011/03/02
URL
Visualizing 3D diffusion tensor fields has become an important topic especially in medical imaging for understanding microscopic structures and physical properties of biological tissues. However, it is still difficult to track the underlying continuous features from
the discrete tensor samples, due to the absence of interpolation schemes that are able to handle possible degeneracy while fully respecting the smooth transition of tensor anisotropic features. This poster presents such an approach to interpolating 3D diffusion tensor fields. The primary idea behind our approach is to identify the possible degeneracy using a minimum spanning tree-based clustering algorithm, and to resolve such degeneracy through optimizing the rotational transformation between a pair of neighboring tensors by analyzing their associated eigenstructure. Comparisons with existing interpolation schemes will be provided to demonstrate the advantages of our scheme, together with several results of tracking
white matter fiber bundles.

88 口頭発表(一般)
粒子ベース火炎レンダリング
グラフィクスとCAD研究会第142回研究発表会
2011/02/09
URL
本稿では粒子ベースによる火炎レンダリング法を提案する.可視化分野で考案された粒子ベースボリュームレンダリングとよばれる手法をベースとし,これを火炎の特性に合わせて合理的に改良した.これにより,従来の粒子ベースレンダリングでは困難であった,ディテールの表現とユーザの制御性を大きく向上させることができた.また,既存API を活用することで,実装が容易かつ実行速度は高速であり,充分なインタラクティブ性を提供できる.さらに,本手法の要求する粒子データは座標と温度のみであるため,特定の粒子シミュレータに依存することなく,汎用的に用いることができる.

89 ポスター発表
Design of version tree operators for sophisticated visualization provenance
Tenth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration
2010/11/02
URL
A cooperative visualization lifecycle management system, called VIDELICET, is built on a two-layer visualization provenance model to allow multiple users to effectively record, trace and reutilize their visual exploration workflows as their sharing provenance resources. In this article, we present a preliminary design of a version tree simplification operator, which is expected to bring further scalability to the users during their visual exploration through regulating the size of version trees appropriately.

90 口頭発表(一般)
Pax O と Pax X の情報科学
お茶の水女子大学理学部情報科学科創立 20 周年記念 招待講演
2010/09/26



91 口頭発表(一般)
SPHベース火炎シミュレーション
グラフィクスとCAD研究会第140回研究発表会
2010/09/09
URL
本稿では,粒子ベースによる火炎のシミュレーション法を提案する.本手法は,SPHによる流体シミュレーションを火炎に適用したものであり,ナビエ・ストークス方程式の外力として,シンプルな化学反応モデルから発生した熱による浮力項を加える.すなわち,既存のSPH のプログラムと十分な互換性を保持することができ,複雑な物理シミュレーションプログラムの一元化が可能である.また,火炎の周辺に粒子が集中するようにを効果的にリサンプリングすることで計算コストを抑える. 本手法を用いることで,火炎の形成から安定状態への推移,固体の影響による変形などが滑らかに表現でき,インタラクティブに3 次元シミュレーションを実行することができる.

92 口頭発表(一般)
大規模粒子系可視化における描画速度の安定化
日本機械学会2010年度年次大会
2010/09/06
URL
In visual analysis, it is important to maintain interactive and stable rendering framerates, because it is known that unstable framerates may cause stress and distraction problems to the users. For stabilizaing framerates in large-scale particle visualization, we deploy a fast rendering method based on shaded texture mapping and a high-qualitymethod using implicit surfaces in a combined manner. Actual rendering method for each particle is decided on the fly according to the measured distance between the center of the particle and the viewpoint. We propose a framerate stabilization scheme using PID control, which dynamically changes the switching-distance to control the number of particles rendered by each method. We illustrate how well our dynamic framerate stability control works through experiments with practical molecular dynamics simulation datasets.

93 口頭発表(一般)
Cell Broadband Engineを用いたphoton mappingの実装と評価
2010年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ
2010/08/04
URL
本研究報告では間接照明の影響を考慮し,集光模様の表現力に優れるレンダリング手法であるphoton mapping のCell Broadband Engine (Cell/B.E.) 上での実装方法と,その性能評価について述べる.photon mappingを実装した結果,今後の課題は多く残るが,Cell/B.E. の演算用コアであるSPE を8 個使用した時の性能がSPE を1個使用した時の約6 倍になり,高い台数効果を確認することができた.

94 口頭発表(一般)
3D人体モデルの分析アプリケーションの開発とスカートパターン設計への応用
日本人間工学会第53回大会
2010/06/10
URL
本研究では,3Dボディラインスキャナーにより採取した3Dボディデータを分析することで,スカートの高精度な3次元設計から,その展開に基づいた原型作成へと至るデザインシステムを提案する.

95 口頭発表(一般)
次世代パターンメーキング教育のためのアパレルCAD e ラーニングシステムの開発
日本家政学会第62回大会
2010/05/29
URL
アパレル業界のICT化として,次世代大学教育におけるアパレルCAD eラーニングシステム(以下本システムと略称)を開発した.これまでに,CAD教育カリキュラム,授業用テキスト,教育用自動作図機能を開発してきたが,本システムではこれらでは伝えることが難しい内容を,ムービーなどのコンテンツにより可能とする.本システムは様々な使用方法ができ,CAD教育の裾野を広げる役割を果たしうるものと考える.

96 口頭発表(招待・特別)
見せない可視化:データビッグバンを抑止する微分位相幾何学的アプローチ
日本計算機統計学会第24回大会
2010/05/15
URL
本講演では,これまで著者らによって進められてきた協調的可視化環境に関連する研究開発の最新成果のうち,その下流行程に相当するパラメタ調整フェーズの半自動化技術に焦点を当て,時系列ボリュームデータに対して微分位相幾何学の知見を援用する一連の取り組みについて概説する.

97 ポスター発表
Interpolating 3D diffusion tensors through optimizing rotational transformations of anisotropic features
IEEE Pacific Visualization Symposium 2010
2010/03/03



98 ポスター発表
Topologically-accentuated realization of wake turbulence datasets
Ninth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration
2009/11/05
URL
To control aircraft landing and takeoff effectively, it is important to analyze the collapse process of relevant wake turbulence. In this poster, we propose a topologically-based multisensory realization method for observers to comprehend the behavior of the phenomena more intuitively. To this end, we design visual transfer functions with reference to a time-varying critical point histogram, as well as 4DoF haptic transfer functions for producing 2D forces and 2D torques so as to identify the location and strength of a target vortex in real time. The effectiveness of our method is evaluated with a time-varying 2D wake turbulence dataset calculated by measurement-integrated simulation.

99 ポスター発表
Realizing scalable visualization through hierarchical provenance management
Ninth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration
2009/11/05
URL
Maintaining scalability through cooperation with smart software is an essential factor for realizing next-generation, “exploratory” visualization environments. In this joint project, we have been developing a cooperative visualization lifecycle management system, called VIDELICET, which allows multiple users to effectively record, trace and reutilize their visual exploration workflows as their sharing provenance resources. In this article, we focus primarily on its underlying hierarchical visualization provenance model, and the effectiveness of which is proven through the usage of the current prototype system in practical flow analysis.

100 口頭発表(一般)
協調的可視化環境の実現に向けて — リファクタリングの試み
第 3 回流体科学セミナー
2009/10/01



101 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2009参加報告 —コンピュータグラフィックスの最新事情と動向
アー ク情報システム
2009/09/28



102 口頭発表(一般)
大規模粒子系可視化における時間重視レンダリングの実現
日本機械学会2009年度年次大会
2009/09/14
URL
本発表では,ユーザが注目している領域の粒子を精密に描画する手法として陰関数曲面,それ以外の領域の粒子を高速に描画する手法としてテクスチャマッピングの2 種類の描画手法を併用することにより,全体の描画に要する時間を調節し,大規模粒子系の可視化における時間重視レンダリングを実現する.ここで,ユーザの注目領域として,視点と注視点の2 種類の近傍を採り上げ,これらの点と各粒子の中心座標のユークリッド距離に応じて,2 種類の描画手法を切り替える.また,解析に伴う系内のウォークスルーに対応するために,描画切り替え距離を動的に制御する方法も提案する.さらに,本レンダリング法を分子動力学シミュレーションで生成されたデータに適用し,その効果を検証する.

103 口頭発表(一般)
出自管理によるスケーラブルな可視化の実現
可視化情報学会 VDM 研究会講演会『最先端可視化技術』
2009/09/05



104 口頭発表(一般)
見せない可視化
お茶の水女子大学
2009/07/07



105 口頭発表(一般)
見せない可視化
教授・准教授就任講演会
2009/07/01



106 口頭発表(一般)
異方性特徴を考慮した回転変換に基づく3次元拡散テンソル場の補間
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2009
2009/06/25
URL
本論文では,各拡散テンソル値の行列表現から得られる固有値・固有ベクトルに着目し,全体の拡散テンソル場をより系統的に補間する手法を新たに提案する.本手法の重要なアイデアは,データ全体の異方性の分布を考慮に入れながら,隣接するテンソルサンプル値間の回転や異方性の変化を最小化するように,固有ベクトルで表されるテンソル値同士の主軸の対応付けや向きを定めるところにある.

107 口頭発表(一般)
VIDELICET:階層的出自モデルに基づく可視化ライフサイクル支援システム
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2009
2009/06/25
URL
本論文では,既開発の可視化ワークフロー設計支援システムGADGET/FV を発展させて,VIDELICET (VIsualization DEsign and LIfe CyclE management, viz.)とよばれる協調可視化環境(Cooperative Visualization Environment: CVE)を提案する.本システムは,成功事例のリポジトリを公開することによって,個々のユーザの可視化ワークフロー設計・選択支援を増強させるだけでなく,複数ユーザから階層的に構成されるプロジェクトの可視化ライフサイクル全体を通して,出自情報を詳細に記録し,プロジェクト全体にその閲覧と再利用の機能を提供する.

108
見せない可視化:「合点」と「得心」への情報科学的アプローチ
奈良女子大学
2009/06/18



109 口頭発表(招待・特別)
学融合可視化:合点と得心の科学
第1回学融合ヴィジュアライゼーションシンポジウム
2009/05/15
URL


110 口頭発表(一般)
後方乱気流の計測融合シミュレーションデータのリアライゼーション(2) 非定常流れ場に対する力覚化の試み
日本機械学会東北支部第 44 期講演会
2009/03/13



111 口頭発表(一般)
後方乱気流の計測融合シミュレーションデータのリアライゼーション (1) 微分位相解析に基づく経時的伝達関数の設計
日本機械学会東北支部第44期講演会
2009/03/13



112 口頭発表(一般)
再生音楽家の徒然 — 藤代一成式クラシック音楽の楽しみ方 —
第13回関東CAE 懇話会ナイトサイエンスの部
2009/01/23



113 口頭発表(一般)
Point sprite-based visualization of large-scale particle systems
Proceedings of The Eighth International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration
2008/12



114 口頭発表(招待・特別)
可視化と知のレコーダビリティとトレーサビリティ(基調講演)
第2回横幹連合総合シンポジウム予稿集
2008/12/05



115 口頭発表(一般)
On the recordability and traceability of visualization-centered knowledge discovery
Proceedings of Fifth International Conference on Fluid Dynamics
2008/11



116 口頭発表(一般)
TFI-AS/V:視覚解析における知の記録・追跡・再利用
グローバル COE 第 1 回 全体会議
2008/11/11



117 口頭発表(一般)
Cooperative volume exploration based on differential topology
Computer Science Department
2008/10/28



118 口頭発表(一般)
Invisiblization
Presented at Joint Workshop of IFS
2008/10/28



119 口頭発表(招待・特別)
Volume data exploration based on differential topology
Program of CHINAGRAPH2008
2008/09/27



120 口頭発表(招待・特別)
Information visualization R&Ds in Japan
Abstracts of International Workshop on Information Visualization
2008/09/25



121 口頭発表(招待・特別)
Expanding the frontiers of information visualization — Case studies from causality, music and time-varying data visualization —
Abstracts of International Workshop on Information Visualization
2008/09/24

Taipei

122 口頭発表(一般)
CG・可視化教育研究のビジョン
慶應義塾大学理工学部情報工学科
2008/09/21



123 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2008 視察報告会
アーク情報システム
2008/09/18



124 ポスター発表
仙台空港における後方乱気流の計測融合シミュレーション
次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2008
2008/09/16
URL
飛行する航空機の後方に発生する後方乱気流は空港における離発着数を制限する要因の一つであり,今後必要となる空港容量拡大のためには様々な気象条件下における後方乱気流の減衰過程を検討する必要である.本研究ではデータ同化手法により仙台空港における後方乱気流のライダ計測値を数値流体力学シミュレーションに融合し,実運行機の後方乱気流を解析した.

125 口頭発表(招待・特別)
RWS:複雑流動現象のリアライゼーションを目指して
第33回CAVE研究会
2008/08/08



126 口頭発表(一般)
時系列ボリュームレンダリングに対する位相ベース照明設計
日本機械学会2008年度年次大会
2008/08/05



127 口頭発表(一般)
VIDELICET:流動可視化オントロジーの基本設計
日本機械学会 2008 年度年次大会
2008/08/05



128 口頭発表(一般)
融合可視化情報学研究分野紹介
東大生研–東北大流体研研究交流会
2008/07/31



129 口頭発表(一般)
GADGET/FV: Ontology-supported design of visualization workflows in fluid science
CD Proceedings of ACM IWSV2008
2008/06



130 ポスター発表
特徴駆動型ボリューム整形化
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2008
2008/06
URL
本論文では多種多様なボリュームデータを, その特徴を基に整形化する, 特徴駆動型ボリューム整形化(Feature-Driven Volume Fairing) という枠組みを提案する.

131 ポスター発表
3D拡散テンソルフィールドの効果的な解析のための視覚化と力覚化の融合
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2008
2008/06
URL
ボリュームデータを視覚化する際に,空間的位置の把握が困難であったり,遮蔽効果によって奥行き方向の情報がわからなかったりする問題を解決する有力な手法として,視覚化と力覚化の併用が知られている.しかし,誤っ
た力覚化は,問題を解決できないばかりか,ユーザに間違えた情報を与えてしまう.そこで,与えられたデータに対して,適切な力覚伝達関数(HTF: Haptic Transfer Function) を設計することが重要になる.本稿では,3 次元拡散テンソルフィールドに注目し,力とトルクを用いた6 自由度のHTF を提案する.さらに,拡散テンソルフィールドの基本的情報の力覚化と,拡散トラクトグラフィ(DBT: Diffusion-Based Tractography) 法によるテクスチャを用いた拡散テンソルフィールドの局所的情報の視覚化を併用するシステムを実装する.DBT テクスチャを生成する拡散計算ではその局所的性質を生かし,GPU を描画以外の汎用計算に用いるGPGPU (General Purpose computation on GPUs) の原理を適用する.そして,実際に拡散MRI により計測されたヒトの脳内白質の神経線維の構造を表す3 次元拡散テンソルデータの解析への適用を通じて,同手法およびシステムの効果を検証する.

132 口頭発表(一般)
没入的仮想環境を用いた仙台空港における後方乱気流の視覚解析
第13回計算工学講演会
2008/05



133 口頭発表(一般)
T-Project:ボリューム可視化への微分位相幾何学的アプローチ
ソフトウェアクレイドル大阪本社
2008/05/30



134 口頭発表(一般)
VIDELICET:流動可視化ライフサイクル管理システム
ソフトウェアクレイドル 大阪本社
2008/05/30



135 口頭発表(一般)
見せない可視化
東北大学機械系フォーラム 2008 オープン講義
2008/05/10



136 口頭発表(一般)
超大規模データ可視化資源の協調的設計と組織的管理
先端フォトニック情報メモリリサーチセンター 定例研究会
2008/04/18



137 口頭発表(一般)
協調的可視化の意義と役割
第2回技術交流会
2008/03/13



138 口頭発表(一般)
最近の可視化技術と最新トピックス
日本テクノセンターセミナー
2008/03/10



139 口頭発表(招待・特別)
VIDELICETにおけるEFD/CFDデータの並置化
EFD/CFD融合研究会
2008/02/26



140 口頭発表(招待・特別)
見せない可視化 — 情報爆発を回避するための微分位相幾何学的アプローチ
平成19年度 宇宙科学情報解析センターシンポジウム『データ解析技術の新展開』資料集
2008/02/15



141 口頭発表(一般)
音楽演奏における情緒構造のフローテクスチャベース可視化
第74回情報処理学会音楽情報科学研究会
2008/02/09



142 口頭発表(一般)
Repository-based suggestive user interface for flow visualization
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



143 口頭発表(一般)
Haptization of 3D diffusion tensor fields
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



144 口頭発表(一般)
Flow texture-based emotional visualization of music performances
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



145 口頭発表(一般)
Geographical feature-based visualization of 2D time-varying datasets
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



146 口頭発表(一般)
Semi-automatic placement of light sources for volume rendering
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



147 口頭発表(招待・特別)
Perceptually adaptive visualization through nonperspective projection
Proceedings of The Seventh International Symposium on Advanced Fluid Information and The Fourth International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2007/12



148 口頭発表(一般)
協調的可視化環境のプロトタイピングと流体融合研究への適用
日本機械学会創立 110 周年記念 2007 年度年次大会講演
2007/09/11



149 口頭発表(一般)
地理学的特徴解析を用いた2次元時系列データの可視化
日本機械学会創立 110 周年記念 2007 年度年次大会講演
2007/09/11



150 口頭発表(一般)
Optimizing parallel performance of streamline visualization for large distributed flow datasets
可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会
2007/09/01



151 口頭発表(招待・特別)
Visualization design and lifecycle management
Dagstuhl Seminar on Scientific Visualization 2007
2007/07/18



152 口頭発表(一般)
VIDELICET:可視化ライフサイクル管理システム
東北大学流体科学研究所流体融合研究センター研究報告会
2007/07/10



153 ポスター発表
遠近法的手がかりの配置に基づく非透視投影図生成
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2007
2007/06/23
URL
本論文では,描画対象のシーンの構図から,非透視投影の歪みを全体として不自然にならないよう自動的に制御する新しい手法を提案する.まず,オブジェクトの歪みの許容範囲の,手がかりとオブジェクトの位置関係に対する
法則性に関し仮定を置き,それを心理学実験を通して明らかにする.さらにその結果を,透視投影を設計する際の制約として用いることで,不自然な歪みを知覚しない範囲に局所的な変形を保ちながら,全体として非透視投影を設計する手法を提案する.

154 ポスター発表
拡散テンソル量に対する力覚伝達関数の設計
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2007
2007/06/23
URL
ボリュームデータを視覚化する際に,空間的位置の把握が困難であったり,遮蔽効果によって奥の情報がわからなかったりする問題を解決する有力な方法として,力覚化が知られている.しかし,誤った力覚化は,問題を解決
できないばかりか,ユーザに間違えた情報を与えてしまう.それを避けるためには,与えられたデータに対して,適切な力覚伝達関数(HTF:Haptic Transfer Function) を設計することが重要である.本論文では,近年撮像装置の発展により,急速に関連研究が発展しつつある拡散テンソル量に注目し,力とトルクを用いた6 自由度のHTFを提案する.さらに,PHANToM Premium 3.0 を用いた実装系の有効性を,ユーザ評価実験を通じて検証する.

155 口頭発表(一般)
見せない可視化 — 微分位相幾何学の役割 —
ALPINE株式会社 意匠製品開発部
2007/06/08



156 口頭発表(一般)
コンピュータビジュアライゼーション:先進事例と研究開発の最新動向
アーク情報システム/レキシーコンピュータビジュアライゼーションセミナー
2007/05/11



157 口頭発表(一般)
見せない可視化
第8回東北CAE懇話会特別講演2
2007/04/20



158 口頭発表(招待・特別)
Sophisticating volume visualization with differential topology
Proceedings of International Workshop on Information Communication Technology — Theory and Practice Towards U-World
2006/12



159 口頭発表(一般)
見せない可視化 — 微分位相幾何学が切り拓く超大規模データ視覚解析への道
第38回計算科学コロキウム
2006/12/19



160 口頭発表(一般)
見せない可視化=魅せる可視化
IBM HPC 天城セミナー 2006
2006/12/10



161 口頭発表(一般)
Collaborative visualization design R&Ds in Integrated Visual Informatics
Proceedings of Third International Conference on Fluid Dynamics
2006/11



162 口頭発表(一般)
T-Project: Topological approaches to informative volume visualization
レキシー社
2006/11/06



163 口頭発表(一般)
CG新地平: 10年後のCGへのブレークスルー
画像電子学会 VC–WS2006 第2回特別シンポジウム
2006/10/20



164 口頭発表(招待・特別)
流体科学における協調的可視化の役割— 応用設計とパラメタ調整のソフトウェア支援 —
画像電子学会第 227 回研究会講演予稿
2006/10/13



165 口頭発表(一般)
Potentials of topological approaches to volume data mining
Presented at CNR/IMATI
2006/10/02



166 口頭発表(一般)
ACM SIGGRAPH 2006 — CG・可視化技術の最新動向 —
アーク情報システム
2006/09/29



167 口頭発表(一般)
CGの基礎と応用V:ビジュアライゼーション
画像電子学会第30回秋季セミナー『Visual Computingの基礎と先端技術』
2006/09/15



168 口頭発表(一般)
実践力を育成するアパレルCAD教育用カリキュラムの開発と評価
教育システム情報学会第31回全国大会講演
2006/08



169 口頭発表(一般)
Visualization Research Challenge Report January 2006 の紹介
KGT
2006/08/25



170 口頭発表(一般)
特別シンポジウム:グラフィクスの新地平へのブレークスルー
第124回情報処理学会グラフィクスとCAD研究会
2006/08/17



171 口頭発表(一般)
Diffusion-Based Tractography: Effective visualization of diffusion tensor fields
Proceedings of Third International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2006/06



172 口頭発表(一般)
Real-time analysis and visualization of Karman vortex street using hybrid wind tunnel
Proceedings of Third International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2006/06



173 口頭発表(招待・特別)
Toward feature-driven approach to perceptionbased visualization
Proceedings of Third International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2006/06



174 ポスター発表
カルマン渦列計測融合シミュレーションの臨界点情報を用いたリアルタイム可視化
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2006
2006/06
URL
本論文では,圧力場の極小点が渦中心とほぼ一致するなど,臨界点情報がカルマン渦列の同定に有効である事実に基づき,臨界点情報を用いて適応的に伝達関数の設計を行いながら,カルマン渦列計測融合シミュレーションの結果をリアルタイムに可視化する方法を提案する.

175 口頭発表(一般)
IFS における可視化研究開発
第 2 回 JAXA・JAEA・IFS 共同研究定例会
2006/06/06



176 口頭発表(一般)
可視化の統一化 — 拡張点群と拡散テンソル —
KGT
2006/06/06



177 口頭発表(一般)
GADGET/FV:流体融合研究アーカイブシステムのプロトタイピング
東北大学流体科学研究所流体融合研究センター研究報告会
2006/05/08



178 口頭発表(一般)
GADGET/FV:流体融合研究アーカイブシステムのプロトタイピング
KGT
2006/04/28



179 口頭発表(一般)
TFI-AS:流体融合研究アーカイブシステムのプロトタイピング
東北大学流体科学研究所教授会サロン
2006/04/12



180 口頭発表(一般)
協調的可視化技術が拓く新たな世界
日立ITユーザ会第19回科学技術分科会
2006/03/14



181 口頭発表(一般)
協調的可視化:第一人称性の実現を目指して
大阪電気通信大学視覚情報基礎研究施設第 6 回定例研究会
2006/03/10



182 口頭発表(招待・特別)
新時代のCG教育カリキュラム
第122回情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 招待講演
2006/02



183 口頭発表(一般)
Adaptive visualization of measurement-integrated simulation of Karman vortex street based on critical points
Proceedings of Fifth International Symposium on Advanced Fluid Information (AFI- 2005) – IFS-JAXA Joint Symposium –
2005/12



184 口頭発表(一般)
A design support environment for flow visualization applications
Proceedings of Second International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2005/10



185 口頭発表(一般)
複合現実感と並置化 – リアリゼーションを目指して –
KGT
2005/10/25



186 口頭発表(一般)
アパレルCAD eラーニングシステムの開発と評価
日本教育工学会第 21 回全国大会
2005/09



187 口頭発表(一般)
コンピュータで見る流れ –見えないものを視る可視化技術の最前線–
宮城県民大学『流れを科学する』
2005/09/29



188 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2005 参加報告 — CG・可視化技術の最新動向 —
アーク情報システム
2005/09/20



189 口頭発表(一般)
可視化設計支援環境 — GADGET とその拡張 —
KGT
2005/09/14



190 口頭発表(招待・特別)
Potentials of topological approaches to volume data mining
Mini-symposium on Scientific Visualization in the Computational Sciences and Engineering
2005/07/25



191 口頭発表(一般)
ボリューム探索におけるレベルセット解析の可能性
KGT
2005/07/22



192
視線情報に基づく流れ場のストリームライン配置
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2005
2005/06



193
位相構造に基づくボリュームの自動断面生成
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2005
2005/06



194
ボリューム可視化のための最適視点位置計算
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2005
2005/06



195 口頭発表(招待・特別)
Potentials of level-set analysis for volume exploration
Dagstuhl Seminar on Scientific Visualization: Challenges for the future
2005/06/07



196 口頭発表(一般)
アパレルCAD教育のためのe–ラーニングシステムのプロトタイピング
日本家政学会第 57 回大会研究発表
2005/05



197 口頭発表(一般)
原子力発電所トラブル隠し問題の解析に向けた階層的因果関係の対話的可視化
第 2 回社会技術研究シンポジウム
2005/03



198 口頭発表(一般)
ビジュアルデータマイニングにおけるレベルセット解析の可能性
流体融合研究セミナー
2005/03/22



199 口頭発表(招待・特別)
大規模データ可視化におけるレベルセットグラフの可能性
京都大学数理解析研究所共同研究集会「21世紀における数値解析の新展開」招待講演
2004/11



200 口頭発表(一般)
Potentials of level-set graphs for visual exploration of large-scale datasets
Proceedings of First International Symposium on Transdisciplinary Fluid Integration
2004/11



201 口頭発表(一般)
階層的因果関係の対話的可視化
可視化情報学会第10回ビジュアリゼーションカンファレンス講演
2004/10



202 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2004参加報告:CG技術の方向性
アーク情報システム
2004/09



203 口頭発表(一般)
CGの基礎と応用V:ビジュアライゼーション
画像電子学会第28回秋季セミナー『これだけ聴けばわかる“最新のコンピュータグラフィックス』
2004/09



204 口頭発表(一般)
見せない可視化
第 36 回流体力学講演会
2004/09



205 口頭発表(招待・特別)
フルードインフォマティクスにおける高度可視化技術
先端技術フォーラム:フルードインフォマティクス(流体情報学)
2004/09



206 口頭発表(一般)
Practice and evaluation of streamed apparel CAD classes using slopes with automatic drawing functions
2004 International Conference on Industrial and Technology Education
2004/09



207 口頭発表(一般)
A topological approach to volume data mining
Proceedings of the Fifth Joint Forum of JWU, OU, and EWU for the Promotion of Education and Research in Science for Women in the 21st Century.
2004/09



208 口頭発表(一般)
アパレル CAD の自動作図機能を用いた教材開発
日本家政学会第 56 回大会
2004/08



209
対話型再進化計算とブラウスデザインへの応用
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2004
2004/06



210
拡張サーフェルを用いた砕波の3次元アニメーション
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2004
2004/06



211
ボリュームビジュアリゼーションにおける適応的詳細度制御
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2004
2004/06



212
対話的 2D/3D 表示技法を用いた階層的因果関係可視化システム
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2004
2004/06



213
位相属性を用いた多次元伝達関数の設計
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2004
2004/06



214 口頭発表(一般)
ボリューム可視化における微分位相幾何学の可能性
計算工学研究分科会「実用流れ解析手法の開発」
2004/05



215 口頭発表(一般)
プログラマブルGPUを用いた反応拡散系パターンダイナミクスの演算と表示の高速化
画像電子学会第 210 回研究会講演
2004/05



216 口頭発表(一般)
画像の類似性を利用した写真風画像生成システムの実現
画像電子学会 第 210 回研究会講演
2004/05



217 口頭発表(一般)
Parallel computational steering using M ×N communication model on HPC-MW
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
2004/05



218 口頭発表(一般)
High performance parallel visualization library for HPC-MW
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
2004/05



219 口頭発表(一般)
社会問題の解決に資する事実の明示化手法の構築
第 1 回社会技術研究シンポジウム
2004/03



220 口頭発表(一般)
Point-based unification of complex data visualization
Proceedings of Second International Symposium on New Developments of Integrated Sciences
2004/03



221 口頭発表(一般)
VG Cluster: A scalable visual computing system
Final Program and Abstracts, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing
2004/02



222 口頭発表(一般)
Towards large scale, higher grid complexity and better speedup performance: Parallel volume rendering strategies on Earth Simulator
Final Program and Abstracts, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing
2004/02



223 口頭発表(一般)
地球シミュレータ上での大規模並列可視化システム開発 (Large-scale parallel visualization on Earth Simulator)
日本機械学会第 16 回計算力学講演会
2003/11



224 口頭発表(一般)
位相的特徴解析に基づく地形データの詳細度制御
可視化情報学会第 9 回ビジュアリゼーションカンファレンス
2003/10



225 口頭発表(一般)
アパレル CAD 教育のための自動作図機能を用いた教材の開発とその授業実践
日本教育工学会第 19 回全国大会
2003/10



226 口頭発表(一般)
***
文部科学省ITプログラム戦略的基盤ソフトウェアの開発・ワークショップ(第 12 回)
2003/10



227 口頭発表(一般)
可視化研究のパースペクティブ
マルチメディア合同研究会
2003/09



228 口頭発表(一般)
コンピュータビジュアリゼーション:研究開発のパースペクティブ
東北大学流体科学研究所可視化情報 (SGI) 寄附研究部門最終講演会特別講演
2003/09



229 口頭発表(一般)
ポストをプレに!:大規模データ可視化の現状と課題
第 22 回 HPC-MW 研究会
2003/09



230 口頭発表(一般)
SIGGRAPH2003参加報告:CG技術の現状と課題
アーク情報システム
2003/09



231 口頭発表(一般)
密な神経走行を強調する拡散テンソル場の可視化法
電子情報通信学会
2003/09



232 口頭発表(一般)
新教材「ビジュアル情報処理(仮称)」テキスト発行に際して
平成15 年度 [夏期] 認定講師ブラッシュアップ講座
2003/08



233 口頭発表(一般)
ボリューム位相構造を利用した流体データの可視化
日本機械学会 2003 年度年次大会
2003/08



234 口頭発表(一般)
VG2003 報告
第 20 回 HPC-MW 研究会
2003/07



235 口頭発表(一般)
サイバーワールドの世界
大学見学会
2003/07



236 口頭発表(一般)
ポストをプレに!:大規模データ可視化の現状と課題
日本SGI HPC Open Forum
2003/06



237 口頭発表(一般)
藤代研紹介
(独)産業技術総合研究所デジタルヒューマンラボラトリ
2003/06



238 口頭発表(招待・特別)
A topological approach to time-varying volume migration and visualization
Dagstuhl Seminar on Scientific Visualization 2003
2003/06



239
プログラマブルGPUを用いた付加情報をもつ3D LICの実時間可視化法
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2003
2003/06



240
サーフェルの拡張による連続面と粒子系の統一的レンダリング
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2003
2003/06



241
SOAR:臨場感獲得のための映像空間へのウォークスルー
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2003
2003/06



242
Non-Videorealistic Rendering – ウェーバーの法則を考慮した動きの自動 強調 –
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2003
2003/06



243 口頭発表(一般)
VG-Cluster 上の並列 VLIC を用いた拡散テンソル場の可視化
東京大学 医学部放射線科
2003/05



244 口頭発表(一般)
ヒトの視覚特性を考慮した木漏れ日の心象風景レンダリング
芸術科学会2003年 NICOGRAPH2003 春季大会論文&アート部門コンテスト
2003/05



245 口頭発表(一般)
Comparative study on parallel visualization strategies for different platforms
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
2003/05



246 口頭発表(一般)
位相骨格情報を用いた時系列ボリュームデータ解析
京都大学学術情報メディアセンター第 72 回研究セミナー「ビジュアルデータマイニングの動向」報告
2003/03



247 口頭発表(一般)
A topological approach to volume data mining
Proceedings of First International Symposium on New Developments of Integrated Sciences
2003/03



248 口頭発表(一般)
GeoFEM の地球シミュレータにおける大規模データ可視化戦略
第 10 回 HPC-MW 研究会
2003/01



249 口頭発表(一般)
時系列ボリュームデータのマイグレーションと可視化への位相的アプローチ
大規模データマネージメント関連会議
2003/01



250 口頭発表(一般)
位相構造を利用した大規模ボリュームデータの可視化
大規模データマネージメント関連会議
2003/01



251 口頭発表(一般)
最新の CG 技術について — SIGGRAPH2002 を中心に —
アーク情報システム
2002/11



252 口頭発表(一般)
藤代研究室 2002 Visual Computing
(株)CAD センター
2002/10



253 口頭発表(一般)
ボリューム位相に基づく可視化パラメタ設定手法の流体データへの適用
日本機械学会2002年度年次大会講演
2002/09



254 口頭発表(一般)
演奏可視化–その意義と例
情報処理学会/電子通信情報学会 FIT2002 一般講演
2002/09



255 口頭発表(一般)
Volume data mining based on topological feature analysis
State Key Laboratory of CAD&CG
2002/08



256 口頭発表(一般)
可視化サブシステムの使用法
第4回 GeoFEM セミナー
2002/07



257 口頭発表(一般)
comp-i ‐ MIDI データの3次元可視化‐
第 46 回情報処理学会音楽情報科学研究会
2002/07



258 口頭発表(一般)
BRASS –スコアリーディングのための支援インタフェース–
第 46 回情報処理学会音楽情報科学研究会
2002/07



259 口頭発表(一般)
サイバースペース構築要素技術の研究開発動向
アーク情報システム
2002/06



260
ボリューム位相解析に基づく位相強調型伝達関数の半自動設計
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2002
2002/06



261
地形案内図生成のための風景画多視点透視投影モデリング
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2002
2002/06



262
木漏れ日の心象風景レンダリング
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2002
2002/06



263
拡張ConeTrees 技法によるDAG情報の可視化
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2002
2002/06



264 口頭発表(一般)
Parallel Visualization for Earthquake Simulation in GeoFEM
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
2002/05



265 口頭発表(一般)
GeoFEM における並列可視化:開発戦略と成果
第7回計算工学講演会
2002/05



266 口頭発表(一般)
Parallel performance optimization in large-scale data visualization in GeoFEM
Abstracts for International Workshop on Solid Earth Simulation
2002/05



267 口頭発表(一般)
ビジュアルコンピューティングの現状と課題— 藤代研究室の取り組み —
日本IBM 東京基礎研究所
2002/03



268 口頭発表(一般)
T-Map:位相解析に基づく時系列ボリュームデータマイニング
日本原子力研究所 関西研究所
2002/02



269 口頭発表(一般)
A topological approach to volume modeling
PRISM Seminar
2002/01



270
パネル討論:ビジュアルデータマイニングとは?
第4回可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会
2002/01



271 口頭発表(一般)
VST を用いた位相構造強調型ボリュームレンダリング
第 4 回可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会
2002/01



272 口頭発表(一般)
VST に基づく時系列ボリュームデータマイニング手法
第4回可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会
2002/01



273 口頭発表(一般)
Parallel volume rendering for large-scale datasets in GeoFEM
Abstracts of Workshop on Scalable Solver Software 2001
2001/12



274 口頭発表(一般)
Current parallel visualization utilities in GeoFEM
Abstracts of Workshop on Scalable Solver Software 2001
2001/12



275 口頭発表(一般)
いまサイバーワールドに求められているもの
徽音祭ミニ講義
2001/11



276 口頭発表(一般)
Semi-automatic simplification of interval volumes taking into account shape and color distribution features
Proceedings of the Third Joint Forum of EWU, JWU, and Ochanomizu U. for the Promotion of Education and Research in Science for Women in the 21st Century
2001/11



277 口頭発表(一般)
T-map:位相的特徴解析に基づく時系列ボリュームデータマイニング
画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ 2001
2001/10



278 口頭発表(招待・特別)
時系列ボリュームデータマイニング
流体情報学ワークショップ招待講演
2001/10



279 口頭発表(一般)
パワーシフトから見たサイバースペース考
お茶大・山梨大・東大合同ワークショップ
2001/09



280
ボリューム骨格抽出とその伝達関数設計への応用
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2001
2001/06



281
ホイップドクリームの3次元テクスチャ合成?
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2001
2001/06



282 口頭発表(一般)
tutti:音楽データのブラウジング・編集向け3次元空間インタフェース
第40回情報処理学会音楽情報科学研究会
2001/05



283 口頭発表(一般)
マルチモーダルコンピューティング
お茶の水女子大学理学部一般公開情報セミナー
2001/03



284 口頭発表(一般)
情報可視化の最新動向~エージングによるウェブページアクセス履歴の可視化と記録 可能な複合現実感環境~
リコー技術指導セミナー第 6 回
2001/03



285 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション&グラフィックスの新展開
精密工学会産学協議会産学協同研究会メガポリゴン研究会
2001/03



286 口頭発表(一般)
マルチモーダルコンピューティング
お茶の水女子大学理学部一般公開情報セミナー
2001/03/20



287 口頭発表(一般)
コンピュータグラフィックス/ビジュアリゼーション研究の最新動向— 没入的視覚環 境の実現に向けて —
3次元画像処理技術発表会&講演会特別講演
2001/02



288 口頭発表(一般)
微分位相幾何学に基づくビジュアルデータマイニング
可視化情報学会第3回ビジュアルデータマイニング研究会
2001/01



289 口頭発表(一般)
多重平行断像列を用いた病態の3次元可視化
第9回日本バイオイメージング学会学術集会
2000/11



290 口頭発表(招待・特別)
ボリュームデータマイニング:大規模ボリュームの視覚的解析におけるserendipityの追求(招待講演)
日本原子力研究所関西研究所光量子科学研究センター大規模データ・マネージメント研究会/ 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会合同シンポジウム
2000/11



291 口頭発表(一般)
情報の可視化 – 基本概念と研究開発動向 –
知見プラットフォーム協議会講演会
2000/10



292 口頭発表(一般)
CG/ビジュアリゼーション研究開発の最新動向– SIGGRAPH2000を中心として –
株式会社アーク情報システム講演会
2000/09



293 口頭発表(一般)
伝達関数設計ギャラリーの基本構想
三菱プレシジョン株式会社講演会
2000/09



294 口頭発表(一般)
Comprehensible volume rendering のための伝達関数の自動設計アプローチ
三菱プレシジョン株式会社講演会
2000/09



295 口頭発表(一般)
ハイパーレーブグラフ:ボリュームフィールドトポロジーの表現とその応用
三菱プレシジョン株式会社講演会
2000/09



296 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション:基本概念と研究開発動向
三菱プレシジョン株式会社講演会
2000/09



297 口頭発表(招待・特別)
Special Session on Future R&Ds in Computational Science and Engineering
Fourth International Conference on Supercomputing in Nuclear Applications
2000/09



298 口頭発表(一般)
情報可視化のスケーラビリティについて
リコー技術指導セミナー第5回
2000/08



299 口頭発表(一般)
可視化サブシステム
第2回GeoFEMセミナー
2000/07



300 口頭発表(招待・特別)
空間, 可視化, 思想の結晶(招待講演)
情報処理学会情報メディア研究会
2000/07



301 口頭発表(招待・特別)
ボリュームビジュアリゼーション技術
日本機械学会設計工学・システム部門企画講習会『設計プロセスの革新技術』
2000/06



302
モルフォロジーに基づく氷解現象のビジュアルシミュレーション
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2000
2000/06



303
色分布を考慮した区間型ボリュームの詳細度制御
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2000
2000/06



304 口頭発表(一般)
情報の可視化:基本概念と研究開発動向
リコー技術指導セミナー第4回
2000/05



305 口頭発表(一般)
情報の可視化:基本概念と研究開発動向
慶応大学理工学部棚橋研究室
2000/05



306 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
Information Visualization: Fundamental Concepts and Research Directions
IFIP Fifth Working Conference on Visual Databases
2000/05



307 口頭発表(一般)
Recent Trends in Volume Visualization and Graphics
シュルンベルジェ株式会社講演会
2000/03



308 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション&グラフィックスの新展開
北海道大学大型計算機センター講演会
2000/03



309 口頭発表(一般)
色えんぴつ画におけるドライウォッシュ効果のボリュームモデリング
電子情報通信学会総合大会
2000/03



310 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション&グラフィックス‐ ビジュアルメディア処理の新展開 ‐
リコー技術指導セミナー第 3 回
2000/01



311 口頭発表(一般)
VDM への誘い
可視化情報学会第1回ビジュアルデータマイニング研究会
2000/01



312 口頭発表(一般)
GeoFEM: Solid earth simulation platform (2) volume visualization tools
Abstracts for International Workshop on Solid Earth Simulation
2000/01



313 口頭発表(一般)
視覚の情報科学:ビジュアルコンピューティングの可能性
お茶大徽音祭
1999/11



314 口頭発表(一般)
適応的仮想環境の構築を目指して
群馬大学工学部講演会
1999/11



315 口頭発表(一般)
情報の可視化:データマッピングの実際
リコー技術指導セミナー第2回
1999/10



316 口頭発表(一般)
擬似力覚による仮想対話デバイスの強化
日本バーチャルリアリティ学会第4回大会
1999/09



317 口頭発表(一般)
色えんぴつ画におけるインプレッション効果のボリュームモデリング
電子情報通信学会 1999 年ソサイエティ大会
1999/09



318 口頭発表(一般)
Transfer function design by 3D field topology analysis
Monolith Seminar
1999/08



319 口頭発表(一般)
情報の可視化:基本概念と最新研究動向
リコー技術指導セミナー第1回
1999/07



320 口頭発表(一般)
GADGET/IV:情報可視化の半自動設計支援環境 — 目的指向分類の考察とシステムアーキテクチャの基本設計
情報処理学会データベースシステム研究会夏のデータベースワークショップ
1999/07



321 口頭発表(招待・特別)
ボリュームビジュアリゼーションテクノロジーの行方
日本機械学会 1999 年年次大会ワークショップ「並列分散処理環境におけるビジュアリゼーション」
1999/07



322 口頭発表(一般)
ホモトピーに基づくボリュームビジュアリゼーションの高度化
日本機械学会研究協力部会 R169 アクショングループ第 1 回会議
1999/06



323 口頭発表(一般)
ソフトウェア技術(可視化技術)
科学技術庁情報科学部会ヒアリング
1999/06



324 口頭発表(一般)
固体地球シミュレータGeoFEMの開発(大規模非構造格子可視化技術)
1999年地球惑星科学関連学会合同大会
1999/06



325
ボリュームフィールドの位相解析に基づく Transfer Function の改良
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム1999
1999/06



326
Voxel stuffing: 複数方向の平行断像列からの高品質ボリュームデータの再構成
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 1999
1999/06



327 口頭発表(一般)
ビジュアリゼーションシステムの動向とビジネス応用
富士XEROXシンボリックリーダーズプログラム講演会
1999/04



328 口頭発表(一般)
複合現実感のための Visual Computing 技術
日本バーチャルリアリティ学会複合現実感研究会
1999/04



329 口頭発表(一般)
色えんぴつ画のボリュームモデリングにおける消しゴム効果の検討
電子情報通信学会総合大会
1999/03



330 口頭発表(招待・特別)
リアライゼーション:映像と音による対象理解を目指して
日本音響学会 1999 年 春季研究発表会
1999/03



331 口頭発表(一般)
情報の可視化:基本概念と研究開発の動向
(財)光産業技術振興協会第4回レーザ画像計測・処理懇談会
1999/01



332 口頭発表(一般)
コンピュータデータビジュアリゼーション研究開発の最新動向
日本システムインテグレーション協会テーマ別研究報告会
1998/12



333 口頭発表(一般)
大規模固体地球有限要素解析のための区間型ボリュームの詳細度制御
第2回ビジュアリゼーション・シンポジウム
1998/12



334 口頭発表(一般)
Mathematical Morphology を用いた石の風化のシミュレーション
画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ’98
1998/10



335 口頭発表(一般)
Advanced indirect volume visualization for GeoFEM
第2回並列有限要素法研究会ワークショップ,「GeoFEM」プロジェクト講演
1998/09



336 口頭発表(一般)
連続等値面群のトポロジー解析に基づく opacity transfer function の最適化
(株)モノリス
1998/08



337 口頭発表(一般)
Visualization with GADGET (tentative)
State Key Laboratory of CAD&CG
1998/07



338
仮想社会におけるインタラクションの再現システム
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム1998
1998/06



339 口頭発表(一般)
インフォメーションビジュアリゼーション
電力中央研究所
1998/05



340 口頭発表(一般)
GeoFEM: Multi-purpose parallel FEM for solid earth – (7) unstructured volume visualization: approaches and issues –
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
1998/05



341 口頭発表(一般)
GeoFEM: Multi-purpose parallel FEM for solid earth – (1) project overview –
Proceedings of Conference on Computational Engineering and Science
1998/05



342 口頭発表(一般)
データビジュアリゼーション– 研究開発の過去,現在,そして将来 –
九州工業大学情報工学部講演会
1997/12



343 口頭発表(一般)
Visualization subsystem in GeoFEM
第1回並列有限要素法研究会ワークショップ,「GeoFEM」プロジェクト講演
1997/12



344 口頭発表(一般)
未定
Digitalmedia World – NICOGRAPH’97,Digitalmedia Solution Stage トークセッション
1997/11



345 口頭発表(一般)
ボリュームコヒーレンスを考慮したレベルサーフェスの適応的抽出
画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ’97
1997/10



346 口頭発表(一般)
水溶性色えんぴつ画の3Dモデリング — 紙の微細構造を反映した加水効果 —
画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ’97
1997/10



347 口頭発表(一般)
区間型ボリュームを用いたボリュームレイキャスティングの高速化
日本原子力学会 1997 年秋の大会
1997/10



348 口頭発表(一般)
サイエンティフィックビジュアリゼーション技術の動向 – 医学応用を中心として –
山梨医科大学形成外科教室
1997/09



349 口頭発表(一般)
インフォメーションビジュアリゼーション:21 世紀のドキュメンテーションの方向性
富士ゼロックス SCC’97 基調講演
1997/07



350 口頭発表(招待・特別)
サイエンティフィックビジュアリゼーションからインフォメーションビジュアリゼーションへ(招待講演)
第28回3D画像コンファレンス’97論文集
1997/07



351 口頭発表(一般)
サイエンティフィックビジュアリゼーション:研究開発の現状と展望
第17回MARC ユーザーズ・ミーティング基調講演
1997/06



352
水溶性色えんぴつ画の3D モデリング— 紙の微細構造を反映した顔料付着操作
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 1997
1997/06



353
生命科学とビジュアライゼーション: リソソーム病 の病態解明と臨床への応用
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム1997
1997/06



354 口頭発表(一般)
VolGlyphs: 一般化されたグリフによる 3 次元スカラー/ベクトル場の混合表示法
第2回日本計算工学会講演
1997/05



355 口頭発表(招待・特別)
インフォメーションビジュアリゼーション: 基本概念と最新研究動向
関東AVSユーザ会/InfoVizシンポジウム講演論文集
1997/03



356 口頭発表(一般)
インフォメーションビジュアリゼーションとその周辺
日本システムインテグレーション協会技術委員会
1997/01



357 口頭発表(一般)
IEEE Vis96/VolVis96/InfoVis96参加報告
第3回原子炉総合数値解析システム実用化検討委員会
1996/12



358 口頭発表(一般)
ビジュアラアイゼーションの現状と展望 — サイエンティフィックビジュアリゼーションから インフォメーションビジュアリゼーションへ
Digitalmedia World – NICOGRAPH’96, Digitalmedia Solution Stage トークセッション
1996/11



359 口頭発表(一般)
IEEE InfoVis’96/Vis’96 報告
日本無線研究所
1996/11



360 口頭発表(一般)
被験者行動モデルに基づく適応的テクスチャマッピング:画像ベース仮想現実感に対するTCRアプローチ
画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ’96
1996/11



361 口頭発表(一般)
CGの最新動向 – SIGGRAPH’96を振り返って –
アーク情報システム報告会
1996/10



362 口頭発表(一般)
Courses/Panelsの概要とPapersの動向
SIGGRAPH’96報告セミナー
1996/10



363 口頭発表(一般)
Scientific VisualizationからInformation Visualizationへ
RUKIT NEWS
1996/09



364 口頭発表(招待・特別)
データビジュアリゼーションの最新動向 –Scientific Visualization から Information Visualization ヘ –(特別講演)
第2回ビジュアリゼーションカンファレンス講演論文集
1996/09



365 口頭発表(一般)
Scientific VisualizationからInformation Visualizationへ
中四国AVSユーザー会
1996/08



366 口頭発表(一般)
Scientific VisualizationからInformation Visualizationへ
日本電子計算(株) COMPUTER VISUALIZATION セミナー
1996/07



367 口頭発表(一般)
時系列 NDVI データのフーリエスペクトルを用いた東アジアの土地被覆分類
日本リモートセンシング学会第20回学術講演会
1996/05



368 口頭発表(一般)
ボリュームレイトレーシング法にもとづく三次元気液二相流データの可視化
第1回日本計算工学会講演会
1996/05



369 口頭発表(招待・特別)
Scientific Visualization から Information Visualization へ
第 4 回情報知識学会研究報告会講演論文集
1996/05



370 口頭発表(一般)
欧米における可視化技術の動向と将来について
日本システムインテグレーション協会テーマ別研究報告会
1996/03



371 口頭発表(一般)
原子力における複雑現象のミクロ・シミュレーション (6) – ソリッドフィッティングを用いたボリュームデータの高速表示と計量
日本原子力学会 1996 年春の年会
1996/03



372 口頭発表(一般)
区間型ボリュームデータに基づくボリューム計測と可視化の統合
第2回日米欧先進シミュレーション手法研究会
1995/11



373 口頭発表(一般)
遺伝性代謝病における組織病理の3次元像再構築
第26回画像工学コンファレンス
1995/11



374 口頭発表(一般)
コンピュータグラフィックスの最新技法
OZONE メンバーズセミナー
1995/10



375 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーションを用いた遺伝性白質ジストロフィー患者脳の3次元像再構築
先天代謝異常学会
1995/10



376 口頭発表(招待・特別)
パネル討論: ビジュアリゼーションからリアライゼーションへ
情報処理学会グラフィクスと CAD シンポジウム論文集
1995/10



377
Solid fittingを用いたボリュームデータの可視化
情報処理学会グラフィクスとCAD ’95 シンポジウム
1995/10



378 口頭発表(一般)
コンピュータグラフィックスの最新技法
OZONE 居住空間ブレインバンク・ビジネスセミナー
1995/07



379 口頭発表(一般)
第 2 世代のボリュームビジュアライゼーション
NICOGRAPH CG 教育委員会勉 強会
1995/06



380 口頭発表(一般)
サイエンティフィックビジュアリゼーションの最新動向 – 第 2 世代のボリュームビジュアリゼーション–
コンピューティング懇話会
1995/06



381 口頭発表(一般)
データフロー型可視化システムにおけるモジュールネットワーキングの半自動化
画像電子学会 Visual Computing ’95
1995/06



382 口頭発表(一般)
米国におけるボリュームビジュアリゼーションの最新動向
テレビジョン学会次世代映像処理ジョイント講習会’95 「マルチメディア時代のキーテクノロジー – MPEG,CGそしてマルチメディア情報処理 –」
1995/05



383 口頭発表(一般)
単語の意味論的進化情報を付加した英語シソーラスデータベースシステムの構築
第3回情報知識学会研究発表会
1995/05



384 口頭発表(一般)
情報システム教育・研究における日米格差 — ビジュアルシステムを例として —
日本システムインテグレーション協会 第 14 回 SI サロン
1995/04



385 口頭発表(一般)
シミュレーションにおける先進可視化技術の現状と今後の高度化動向
平成6年度 第 4 回原子炉数値解析システム実用化検討委員会
1995/02



386 口頭発表(一般)
Towards volume realization – VolGlyphs and interval volume –
Visualization Laboratory, Department of Computer Science
1994/11



387 口頭発表(一般)
ファジィデータベース向けデータモデルに関する考察
ファジィデータベースワークショップ
1994/04



388 口頭発表(一般)
サイエンティフィックビジュアリゼーション(S·V) – その現状と課題 –
第14回解析技術交流会
1994/01



389 口頭発表(招待・特別)
サイエンティフィックビジュアリゼーション– 基本技法,応用,そして新たな展開 –
NICOGRAPH ’93 セミナー
1993/11



390 口頭発表(招待・特別)
From volume visualization to volume realization
Proceedings of the First Japanese-Polish Joint Seminar on Advanced Computer Simulation
1993/11



391 口頭発表(一般)
画像データベース
ソフト技研
1993/09



392 口頭発表(招待・特別)
最新分散データベース技術 (パネル 討論)
SunWorld Expo/Tokyo Conference Notes
1993/07



393 口頭発表(招待・特別)
フォトリアリスティック・ボリュームレンダリング
CG Osaka’93シンポジウム「最新の質感表現 (レンダリング) 技術」資料
1993/06



394 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーションの現状と課題
科学研究費(試験B)「非線形大型 計算とその可視化」研究会
1993/03



395 口頭発表(一般)
ビジュアリゼーションからリアライゼーションへ
日本工業振興協会
1992



396 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション
日本無線研究所
1992



397 口頭発表(招待・特別)
Scientific Data Visualization と AVS(基調講演)
理研シンポジウム「第 3 回計算機の新しい利用 Scientific Data Visualization」資料集
1992/11



398 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション技術とその応用事例
技研情報センター
1992/09



399 口頭発表(一般)
SIGGRAPH ’92 に参加して
アーク情報システム
1992/09



400 口頭発表(一般)
陽子・水素原子衝突シミュレーションの可視化
第3回ジャパン AVS カンファレンス プロシーディングズ
1992/09



401 口頭発表(一般)
2次元 Belousov-Zhabotinsky 反応の動的特性の可視化
第 3 回ジャパン AVS カンファレンス プロシーディングズ
1992/09



402
生物対流現象の数値シミュレーションとその可視化
第3回ジャパンAVSカンファレンス プロシーディングズ
1992/09



403 口頭発表(一般)
Asymptotic Decider を用いた曖昧さのない等値面作成モジュール
第 3 回ジャパン AVS カンファレンス プロシーディングズ
1992/09



404 口頭発表(招待・特別)
CAE: サイエンティフィックビジュアリゼーションの新たな展開(基調講演)
第3回ジャパン AVS カンファレンス プロシーディングズ
1992/09



405
生物学的モデルに基づく紅葉の可視化— 葉のレベルにおける色変化
情報処理学会グラフィクスとCAD ’92 シンポジウム
1992/09



406 口頭発表(一般)
C++による 3 次元 CG プログラミング入門
日本テクノセンター
1992/06



407 口頭発表(招待・特別)
ボリュームビジュアリゼーションとその応用事例
CG Osaka’92シンポジウム「科学・技術分野の最新可視化技術とすすめ方」資料
1992/06



408 口頭発表(一般)
最新コンピュータグラフィックス入門
日本テクノセンター
1992/01



409 口頭発表(一般)
ボリュームレンダリング技術とその応用事例 ~3次元CGの新潮流~
技研情報センター
1991/12



410 口頭発表(一般)
ボリュームビジュアリゼーション– 基礎概念と応用事例 –
東京理科大学工学部電気工学科川井研究室
1991/12



411 口頭発表(一般)
ビジュアルコンピューティングのためのデータベース技術と将来展望
日本テクノセンター
1991/09



412 口頭発表(一般)
CG 再統合の時代 第 4 世代グラフィックス:ボリュームレンダリングの本質
第 2 回原子炉総合数値解析システム実用化検討委員会
1991/09



413 口頭発表(招待・特別)
コンピュータ概論 (コンピュータグラフィックス)
情報処理教育担当教員養成講座
1991/09



414 口頭発表(一般)
The numerical solution of J0(z)−ıJ1(z) = 0
Proceedings of Fourth SIAM Conference on Applied Linear Algebra
1991/09



415 口頭発表(招待・特別)
A graph-based database language for fuzzy data management
Fourth IFSA World Congress
1991/07



416 口頭発表(一般)
Singular Resolvent とその応用
第20回数値解析シンポジウム
1991/06



417 口頭発表(一般)
三次元グラフィックスとその高度化/高速化
技研情報センター
1991/04



418 口頭発表(一般)
EWS と UNIX
竹中工務店
1991/01



419 口頭発表(一般)
階層的画像処理とその表示技術
日本原子力学会分科会
1990/12



420 口頭発表(一般)
三次元グラフィックス処理技術
技研情報センターセミナー
1990/11



421 口頭発表(一般)
J0(z)−ıJ1(z) = 0 の数値解法と誤差解析
数値解析と科学計算研究集会
1990/11



422 口頭発表(招待・特別)
コンピュータグラフィックスの現状と将来展望
街づくりのための新技術フォーラム – 景観シミュレーション–
1990/11



423 口頭発表(一般)
データベース/CD-ROM は使い方次第
情報図書館 RUKIT 一周年記念パネルディスカッション
1990/09



424 口頭発表(一般)
ファジィデータのモデル化への実体–関連アプローチ
ファジィデータベース・情報検索研究会
1990/02



425 口頭発表(一般)
科学データベースを目指して
環境庁国立公害研究所環境情報部 講演会
1989/09



426 口頭発表(一般)
情報構造への縮約的アプローチとその応用
情報科学コロキウム
1989/07



427 口頭発表(一般)
意味論データモデルによるデータベース設計技術
SRC セミナー
1988/05



428 口頭発表(一般)
外耳道のグラフィック・リコンストラクション
第15回日本臨床耳科学会
1987/11



429 口頭発表(一般)
3次元画像再構成技術の医学への応用
YHPセミナー
1987/10



430 口頭発表(招待・特別)
Computer graphics for intelligent city plan ning and management
Proceedings of Imaginaire Numerique
1987/05



431 口頭発表(一般)
スーパーリレーショナル DBMS – G-BASE の紹介
日科技連 CP 部会
1986/12



432 口頭発表(一般)
鞭毛藻による生物対流
日本海洋学会 昭和59年春季大会
1984



433 口頭発表(一般)
CAI 研究の動向とその目指すもの
千葉市教育センター 第一回 CAI 研究委員会
1984/08/27