研究業績(口頭・ポスター発表)
公開件数:60件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要 関連情報
1 口頭発表(招待・特別)
AI, Robot, plus IoT and its relationship with Data Protection and Privacy
The 6th APSN International Conference
2017/09/27
URL


2 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
Alliance Engagement Priorities for the Common Good
Artificial Intelligence (AI) Development and Alliance Engagement
2017/01/12

The Carnegie Endowment for International Peace will host a half-day conference to explore the current state of AI development in the United States and Japan and consider an alliance strategy for AI-related engagement. It will review recent trends in this field and examine each country’s relative strengths and weaknesses, focusing not only on government policy with regard to key milestones and global norms, but also the private sector’s involvement. The U.S. National Science and Technology Council recommended in October 2016 that the United States should develop a government-wide strategy for international engagement related to AI, and this event can contribute concretely to a U.S.-Japan foundation for that strategy.

3 口頭発表(招待・特別)
AI, Robot and Data Protection
Japan's 2017 Data Privacy and Tech Agenda: A Briefing by Senior Japanese Government and Academic Officials
2017/01/11



4 口頭発表(招待・特別)
人間性と機械 ~法・制度と責任~
アカデメイア研究会「知と思想 グローバリズムとデモクラシー
~帝国、経済、宗教、民族、IT、環境~」グループ 第9回会合
2016/12/12



5 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
自動運転の導入に向けた制度的課題―国内外におけるルール作りの最新動向ー
公益財団法人高速道路調査会
2016/12/02



6 口頭発表(招待・特別)
ロボットと人工知能の普及と法的課題
近未来教育フォーラム2016
2016/11/24

モノのインターネット(IoT)の普及により、ロボットがネットワークに接続され日常的にあらゆる所(モノ)で利用される「ロボット共生社会」の到来が見込まれている。ネットワーク化され遍在するロボットが、人工知能(AI)により自律性を有し動作することによって、日常生活において様々な問題を引き起こす可能性があることから、自律ロボットがIoT環境で用いられることに伴い生ずる可能性がある法的課題を把握し、安全・安心な利用環境の整備に向けて必要な取り組みを確認する。

7 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
リーガルデザイン・ラボ
慶應義塾大学オープン・リサーチ・フォーラム(ORF)
2016/11/19



8 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
ロボット法の国際動向
情報ネットワーク法学会第16回研究大会分科会「第2回ロボット法研究会」
2016/11/12



9 口頭発表(招待・特別)
人工知能・ロボット共生社会における法的課題
平成28年度裁判基盤研究会
2016/10/27



10 口頭発表(招待・特別)
個人情報保護制度の変革への対応 - 改正個人情報保護法/EU一般データ保護規則 -
2016年度情報通信マネジメントシステム研究会
2016/10/11



11 口頭発表(招待・特別)
ロボット革命(AI+IoT)への推進方策と法的課題~ロボット共生社会で起こりうる様々な問題に対する法的課題と必要な取組み~
SSK
2016/09/30



12 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
Data Governance
Expert Invitation: Global Governance Futures – Robert Bosch Foundation Multilateral
Dialogues
2016/09/18



13 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
安全な暮らしをつくる新しい個人情報保護法制の構築に向けて
判断能力が不十分な人の個人情報保護について考える
2016/09/11



14 その他
ロボットとAIに係る法的・制度的課題の検討の在り方について
人工知能未来社会経済戦略本部
2016/05/25



15 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
「ロボット法研究会」設立記念シンポジウム
情報ネットワーク法学会特別講演会
2016/05/21



16 口頭発表(招待・特別)
Robot Law and Recent Japanese Strategies
The “Cambrian Explosion” of Robots & Artificial Intelligences and its Implication on the Legal System in the U.S. and Japan
2016/05/07



17 口頭発表(招待・特別)
ロボットと法をめぐる最近の政策動向について
AI社会論研究会
2016/04/13



18 口頭発表(招待・特別)
医療等分野における番号制度等について
第6回「ビッグデータ時代における医療情報の社会実装に向けた研究会」
2016/03/11



19 口頭発表(基調)
個人情報保護法の過去・現在・未来
個人情報の保護と利活用を考えるシンポジウム
2016/02/29



20 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
ロボットの社会実装に向けたルール作り
ロボット革命国際シンポジウム
2016/02/14
URL


21 口頭発表(一般)
REFORM OF DATA PROTECTION IN JAPAN
Computers, Privacy & Data Protection
2016/01/29
URL
http://www.cpdpconferences.org/

22 口頭発表(一般)
ロボットと法(IoT + AI)IoTの法的課題・個人情報保護
第40回法とコンピュータ学会
2015/11/14



23 口頭発表(一般)
何故に「ロボット法」なのか(ロボット法原則の提言に向けて)
「ロボット法学会」設立準備研究会
2015/10/11



24 口頭発表(一般)
改正個人情報保護法に基づく個人情報保護及び情報セキュリティ対策について
IEEE RFID-Technology and Application
2015/09/16



25 口頭発表(一般)
Session IV: Protecting Privacy and Sharing Data
2015 APRU Internet Economy Summer Seminar
2015/08/26



26 口頭発表(一般)
個人情報保護制度の見直しをめぐって
第113回憲法学会
2015/06/20

個人情報保護法の改正は、法施行から10 年を経て個人情報の取扱環境が大きく変化したことを踏まえたものである。行政におけるマイナンバーの導入やオープンデータの推進、民間企業のビッグデータ活用の進展などにより、個人のプライバシーの権利保障への課題は増加の一途をたどっている。三条機関として新たに個人情報保護委員会が設置されることにより、個人の権利利益保護及び法執行体制に関し大きな転換期を迎える個人情報保護制度について考察する。

27 口頭発表(基調)
Outline of Legislative Bill on the Protection of Personal Information Act in Japan
The Expert Meeting of Data Protection
2015/05/15



28 口頭発表(基調)
Data protection and information security under the revised Japanese Personal Information Protection Act
Financial Information Summit 2015
2015/04/23
URL


29 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
特定個人情報保護評価(PIA)の実務
地域科学研究会
2015/03/26



30 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
個人情報の保護に関する法律の改正について
全国銀行個人情報保護協議会
2015/03/05



31 口頭発表(一般)
個人情報保護制度の国際的な新たな段階への移行
法とコンピュータ学会小グループ研究会
2014/06/03

2013年のOECDガイドライン改正、2014年のEU一般データ保護規則案制定に向けた動向、2014年4月28日にはAPEC越境プライバシールールシステムへの日本の参加承認と、2013年から今年にかけて、個人情報保護制度はめまぐるしく変化を遂げている。
我が国の個人情報保護制度の見直しに向けて、2014年6月末までに大綱がとりまとめられる予定になっている現時点で、次へのステップに踏み出すにあたって確認をしておかなければならない事項について報告する。

32 口頭発表(一般)
The Current, Ongoing Revision of the Personal Information Protection Law in Japan
Asia Forum on Cyber Security and Privacy - Sharing Challenges, Strategies and Best Practices -
2014/05/30



33 口頭発表(一般)
The Status Report regarding the on-going Review of Privacy Legislation in Japan
Asia Forum on Cyber Security and Privacy
2014/01/15
URL


34 口頭発表(一般)
国際的な変革期にある プライバシー・個人情報保護法制の現況 - 国際的な駆け引きに負けないために -
堀部政男情報法研究会第9回シンポジウム
2013/12/22


10634945460120131223104403PDF1.pdf
35 口頭発表(一般)
OECDプライバシー・ガイドライン(2013年7月11日改正)の詳解
堀部政男情報法研究会第8回シンポジウム
2013/09/01



36 口頭発表(一般)
The Cloud and Big Data: What about Privacy?
ASIA FORUM ON CYBER SECURITY AND PRIVACY: Cloud and Big Data: Challenges for Policy Making
2013/05/30



37 口頭発表(招待・特別)
プライバシー・バイ・デザインによる弁解 - 法的責任の回避とリスクマネジメント
法とコンピュータ学会小グループ研究会
2013/03/12



38 口頭発表(招待・特別)
Personal Information Protection in Japan
Workshop on the New Privacy Framework Proposed by the EU Commission
2013/01/10



39 口頭発表(招待・特別)
プライバシー個人情報保護法制の 国際的勢力関係 - 新たな課題への日本の対応のあり方 -
サイバー空間のプライバシー -米欧の対立と日本の立ち位置-
2012/12/06



40 口頭発表(一般)
The Japanese Data Protection Policy
Asian Privacy Scholars Network 2nd International Conference -
Privacy in the Social Networked World
2012/11/20



41 口頭発表(一般)
OECDプライバシーガイドライン改正案の全容及び情報セキュリティガイドライン改正の動向
第7回堀部政男情報法研究会シンポジウム
2012/11/11
URL


42 口頭発表(招待・特別)
Current Data Protection Developments in Japan
CDT-GLOCOM Joint Workshop - A better policy environment for the innovative use of personal data, issues and views from the U.S. and Japan
2012/09/14



43 口頭発表(一般)
日本のプライバシー・個人情報保護とマネジメントシステムの国際標準化
情報ネットワーク法学会特別講演会「日本のプライバシー・個人情報保護とマネジメントシステムの国際標準化シンポジウム」
2012/04/07

日本のプライバシー・個人情報保護とマネジメントシステムの国際標準化について、OECDプライバシーガイドライン改正の動向や個人情報保護に関するISO国際規格の検討状況について解説。

44 口頭発表(一般)
EU個人データ保護規則 vs. いわゆるビッグ・データ
法とコンピュータ学会第10回小グループ研究会
2012/03/22
URL
「ビッグ・データ」という用語が用いられる機会が増えている。一方で,EU個人データ保護規則案では、「忘れられる権利」という実効性の担保が不明な規定が設けられようとしている。非構造化データの野放図な活用と、権利のインフレ化に惑わされることがないよう、近時の国内外の動向及び議論の現状を把握し法的課題を確認した。

45 口頭発表(招待・特別)
The Current Status regarding the Protection of Children Online in Japan - The Legal Framework and its Contribution towards Adopting the OECD Recommendation -
アジア・太平洋電気通信共同体(APT)サイバーセキュリティフォーラム
2011/12/05
URL
This presentation focuses on the trends related to the development of the internet environment for young people in Japan. From the point of view of the current legal framework, 'the Law on the Development of an Environment which Provides Safe and Secure Internet Use for Young People' has been enacted for protecting them against illegal or harmful information. I will describe the current state of the internet use environment for young people, the outline of the recommendation regarding the development of an environment which provides safe and secure internet use for them, and the background to, and a summary of, the draft OECD recommendation for the protection of children online.

46 口頭発表(一般)
全国民への共通番号の付番と人権保障
憲法学会第106回研究集会
2011/10/29

「社会保障・税番号大綱」により「番号制度(マイナンバー)」の導入が決定した。所得情報の把握と公平な社会保障給付の実現のために、国民を確実に識別することを目的として用いられる共通番号は、国家による国民の管理、個人情報の追跡・突合、財産その他の被害等の問題が指摘されている。番号制度の導入と人権保障における課題について、第三者機関(三条委員会)の設置へ向けた提言、情報保護評価(PIA)の実施へ向けた方針について報告した。

47 口頭発表(一般)
クラウド・コンピューティングの活用と法的課題 - 越境データ流通と諸外国の法制度 -
情報セキュリティ ワークショップ in 越後湯沢2011
2011/10/08

クラウド・コンピューティングの活用にあたって適用される国内外の法令・規格等を概観し、越境データ流通に伴う問題を、日本、米国、EU、APECの各制度間における法的枠組み相互の観点から検討した。

48 口頭発表(招待・特別)
Current Data Protection Developments and Recent, Relevant Topics in Japan
7th Korea Communications Conference
2011/05/12
URL
This report focuses on the current development of the Data Protection in Japan.
1 Personal Data Protection Systems and Maintenance Processes in Japan
2 History of Personal Data Protection Systems in Japan
3 Laws Relating to Personal Data Protection, History of Establishment of Laws Relating to Personal Data Protection (Japan)
4 Act on the Protection of Personal Information
5 Overall Outline of Personal Data Protection Laws in Japan
6 Ministerial Guideline Policy Decisions / Basis of Revisions
7 Areas for Establishing Ministerial Guidelines Relating to Personal Data Protection Laws
8 Recent Topic: Basic Principles for handling Life-Log, and the Comprehensive 'smart' ID plan.

49 口頭発表(一般)
共通番号制度導入に伴うプライバシーの権利保障のあり方
堀部政男情報法研究会第4回シンポジウム
2011/03/26
URL
社会保障・税番号の導入に向けた検討において、共通番号制度導入に伴うプライバシーの権利保障のあり方について報告した。

50 口頭発表(招待・特別)
The Definition of the Term 'Life-Logs' and Related Legal Accountability Issues concerning Their Use
上廣・カーネギー・オックスフォード情報倫理会議
2010/12/08
URL
A life-log is a comprehensive archive of personal, everyday life which is collected by computing technologies. This information is used for business purposes such as online behavioural advertising. However, the meaning of the term 'life-log' is vague. Moreover, the distinction between Personally Identifiable Information (PII) and Non-Personally Identifiable Information (non-PII) is not clear. The traditional notion of what constitutes PII or non-PII is becoming less and less clear. Therefore, I will try to detail and explain the current, complete range of legal accountability issues related to the collection of data for constructing a 'life-log'.

I will examine the following issues: concerns about the technical and legal issues of using 'life-logs'; obligations related to the Personal Information Protection Act; principles concluded by the May 2010 Study of The Committee of the Ministry of Internal Affairs and Communications of Japan; `The 2007 Self-Regulatory Principles for Online Behavioural Advertising` created by the Federal Trade Commission and industry groups in the United States.

I will make reference to a number of legally important cases concerning the unfortunate and rather embarrassing, public disclosure of personal details of specific individuals and of the ensuing publicity which created the wrong impression of these individuals in the public imagination.

Finally, I will examine the concept of legal accountability when handling 'life-logs'.

51 口頭発表(一般)
ネットワーク社会における青少年保護
第35回法とコンピュ-タ学会総会・研究会
2010/11/20

ネットワーク社会における青少年保護の問題について、青少年インターネット環境整備法をはじめとする現行法令を総覧し、非実在青少年も対象にした東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案における問題について報告した。

52 口頭発表(一般)
OECDプライバシーガイドラインの改正動向と最新情報
堀部政男情報法研究会第1回シンポジウム
2010/08/21
URL
1980年に制定されたOECDプライバシーガイドラインの改正動向と最新情報について、ガイドライン見直しの論点を中心に解説を行った。

53 口頭発表(招待・特別)
The Meaning and interpretation of privacy principles - Access and correction principles -
1st Asian Privacy Laws Symposium
2010/03/03

I gave a presentation with respect to the Meaning and interpretation of privacy principles - Access and correction principles -. This report was the part of one day course which provided a complete and up-to-date survey of information privacy (data protection) law and regulation developments across the Asia-Pacific region.

54 口頭発表(一般)
Privacy in the Asia-Pacific: 2010 Update - A comprehensive survey of privacy and data protection in the region -
The Centre for Continuing Legal Education, University of New South Wales
2010/03/02
URL
This one day course will provide a complete and up-to-date survey of information privacy (data protection) law and
regulation developments across the Asia-Pacific (from Japan to Pakistan, and Mongolia to New Zealand), plus
developments in international agreements and standards relevant
to Australia (APEC, OECD, European Union etc).

55 口頭発表(招待・特別)
ネット検索サービスとプライバシー・個人情報保護
法とコンピュータ学会第34回研究会
2009/11/21

ネット検索サービスとプライバシー・個人情報保護の問題について、衛星を用いた画像の取得、道路周辺映像提供サービス、その他検索サービスにかかる様々な問題を詳細に分析した。

56 口頭発表(招待・特別)
プライバシーの権利の再構成
情報ネットワーク法学会特別研究会
2009/06/13

既存のプライバシーの権利概念を省察し、新たな視点から当該権利概念について報告を行った。

57 口頭発表(一般)
ライフログの構築とプライバシー  -忘れたい過去の記録の取扱いと法-
LOIS研究会「ライフログが拓く新たな世界」
2009/05/22
URL
ブログ等のオーサリングツールの進歩や、記憶媒体の低コスト化などにより、実生活で発生した購買履歴、移動履歴、写真撮影情報などの様々な情報のディジタル化が進み、大量のライフログとして蓄積されつつある。こうした中でライフログを活用した新しいサービスとそれを支えるための蓄積、管理、利用に関する技術や、プライバシーの保護等の様々な課題に応える技術が求められるようになってきた。このような背景の下、「ライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS)研究会」において、ライフログと忘れられる権利について報告した。

58 口頭発表(招待・特別)
学術研究における個人情報の取扱いにあたっての留意点
戦略的創造研究推進事業 CREST 研究領域「先進的統合センシング技術」研究課題「安心・安全のための移動体センシング技術」最終報告会
2009/03/13

学術研究における個人情報の取扱いにあたっての留意点について、個人情報保護法が定める個人情報取扱事業者の義務の適用が除外される場合だけでなく、研究に関わる事業者の留意点についても報告した。

59 口頭発表(一般)
テロ対策と人権保障
第99回憲法学会研究集会
2008/06/21

入国審査手続における個人識別情報(指紋及び顔写真)の提供の義務化、顔貌認識システムを用いたテロリストや指名手配犯の自動識別装置の実証実験など、テロを未然に防止するために新たな情報技術を用いた様々な取り組みがなされている。  本報告では、テロ対策等を目的とする情報システムの稼働に関し、公共の安全確保と秩序維持に伴う公共の福祉による基本的人権の制約に関する検討にとどまらず、バイオメトリクスの利用に伴う問題や、「プライバシー影響評価(PIA)」など新たな試みによる人権保障のための事前評価手法を実施することの憲法的意義について考察する。

60 口頭発表(一般)
個人情報保護制度における実効性担保の仕組み
第94回憲法学会研究集会報告
2005/10/15

個人情報保護法に基づく法執行の仕組みについて報告。現行法の主務大臣制による執行の限界を指摘。