English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

顔写真 専任講師 
光田 達矢 
ミツダ タツヤ 
MITSUDA Tatsuya 

 

J-GLOBALへのリンク

プロフィール
Tatsuya Mitsuda is Assistant Professor at Keio University, Tokyo/Yokohama, Japan. He was educated at Keio, Bonn and Cambridge, where he completed his PhD in History on the topic of horses in modern Europe. His broad research and teaching interests span the intertwined social and cultural histories of food and animals, with particular reference to the German and Japanese experience in the nineteenth and twentieth centuries. His most recent publications include: “Entangled Histories: Germany Veterinary Medicine, c. 1770-1900”, Medical History 61/1 (2017), 25-47 and “‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930”, in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk (Basingstoke: Palgrave Macmillan, 2017). He is currently writing a book on the history of sweets and snacking in Japan and a monograph on the history of German veterinary medicine. 

経歴
ケンブリッジ大学 クレア・カレッジ リサーチ・アソシエイト  2007/10-2009/03 
慶應義塾大学  経済学部  専任講師  2009/04/01-現在 

学歴
ボン大学  哲学部  歴史学  修士  2000/07/30  その他  ドイツ 
慶應義塾大学  法学部  政治学科  2000/09/30  卒業 
慶應義塾大学  経済学研究科(科目等履修生)  2000  その他 
ケンブリッジ大学  歴史学部  修士  2002/09  修了 
ケンブリッジ大学  歴史学部  博士  2002/10  その他 
ケンブリッジ大学  歴史学部  博士  2007/10  修了  英国 

学位
学士号  慶應義塾大学  2000/09/01 
修士号  ケンブリッジ大学  2002/10 
博士号  ケンブリッジ大学  2007/10 

総合紹介
現在、以下の研究に主に取り組んでいます。

1. 食肉のドイツ社会文化史
2. ドイツにおける獣医学と獣医師の社会史
3.日本における菓子の社会文化史
4. 日本における食肉普及と植民地政策の歴史
 
動物と食の関係性を明らかにすることで、人間とは何か、近現代社会とは何か、という問いに答えようとしています。

海外を中心に研究発表を重ねてきましたが、徐々に、国内での活動にも力を入れるようになってきました。

現在、上記の専門を生かした教育にも取り組んでいます。海外留学経験を活用した授業も展開しています。また、私の専門領域に近いテーマであれば、経済学部設置の研究プロジェクトを履修希望する学生を相手に論文指導を引き受けます。

1.食の歴史(講義&ゼミ・教養課程)
2.動物の歴史(講義・教養課程)
3.日本における動物の社会文化史(海外留学生向け)
4.論文指導(経済学部・研究プロジェクト)食・動物の歴史を中心としたテーマ
5.動物・食の歴史をテーマにしたセミナー(英語:帰国生クラス)
6.アカデミック・スキルズ 

研究分野
地域研究 
日本史 
ヨーロッパ史・アメリカ史 
ヨーロッパ社会文化史 

研究キーワード
ヨーロッパ 日本 ドイツ 動物 食 肉 馬 菓子 

競争的資金等の研究課題
近代ドイツにおける食肉観の科学化―動物・食品・獣医―  補助金  2014年4月1日~2018年3月31日  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2014/04/01-2018/03/31 
大人から子どもへ -日本におけるチョコレートの生産・普及・消費-  補助金  慶應義塾大学  慶應義塾学事振興資金  2014/04/01-2015/03/31 
家庭動物と獣医学の関係史 ― 20世紀ドイツの例を通して ―  補助金  日本愛玩動物協会  2014/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
"‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930" in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk  MITSUDA Tatsuya  Palgrave Macmillan  2017/05/01 
"The Politics of Reproduction: Horse Breeding and State Studs in Prussia, 1750-1900" in Kristen Guest and Monica Mattfeld (eds), Equine Cultures: Horses, Human Society, and the Discourse of Modernity, 1700-Present  MITSUDA Tatsuya  The University of Chicago Press  2016 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  Veterinary identities in late imperial Germany  MITSUDA Tatsuya  Veterinary History  19/ 1, 66-86  2017 
研究論文(学術雑誌)  単著  Entangled histories: German veterinary medicine, c.1770–1900  MITSUDA Tatsuya  Medical History  Cambridge University Press  61/ 1, 25-47  2017/01/01  10.1017/mdh.2016.99 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  近代ヨーロッパにおける競走馬中心性の台頭と騎士中心性の衰退  光田 達矢  ヒトと動物の関係学会誌  45  2016/12/20 
研究論文(学術雑誌)  単著  From reception to acceptance: chocolate in Japan, c. 1870-1935  光田 達矢  Food & History  Brepol  12/ 1, 175-200  2015/04/30 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  19世紀後半のイギリスにおける競走馬の質低下問題  光田 達矢  慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  55, 33-68  2009  URL 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  Bovine imperialism: Japanese livestock, the threat of animal diseases, and the supply of ‘safe’ meat and cattle in East Asia, c. 1890-1940  Animal Agriculture from the Middle East to Asia  2017/05/12 
口頭発表(招待・特別)  Imposing confectionary identities in Japan, 1890-1935  Culinary Nationalism in Asia  2017/03/31 
口頭発表(一般)  Children as Consumer: Sweets and Snacking in the Construction of Confectionary Consumer Culture in Modern Japan  History of Consumer Culture  2017/03/25 
口頭発表(一般)  Animal health, veterinary knowledge and Japanese imperial opportunities c. 1890-1930  The Eighth Meeting of the Asian Society for the History of Medicine  2016/10/01 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  近代ヨーロッパにおける競走馬中心性の台頭と騎士中心性の衰退  ヒトと動物の関係学会  2016/03/05 
詳細表示...

所属学協会
社会経済史学会 
英国・獣医学史学会 
ヒトと動物関係学会 
Association for the Study of Food & Society (ASFS)  2017/08/26-現在 
日本獣医史学会  2014/10/01-現在 
詳細表示...

委員歴
味の素食の文化センター 食の文化フォーラム  オブザーバー  2017/05/10-現在 
日本獣医史学会  評議員  2017/04/22-現在 
ヒトと動物の関係学会  常任理事  2016/03/06-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら