English
慶應義塾大学 
法学部 
法律学科 

教授 
亀井 源太郎 
カメイ ゲンタロウ 
KAMEI Gentaro 

1970年生まれ  
 
http://gk1024.jp/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
東京都立大学  法学部  助手  1998/07-2000/09 
東京都立大学法学部助教授  2000/10-2005/03 
ニューヨーク市立大学客員研究員  2002/03-2002/07 
首都大学東京都市教養学部法学系助教授  2005/04-2006/03 
首都大学東京大学院社会科学研究科法曹養成専攻准教授  2006/04-2008/03 
首都大学東京大学院社会科学研究科法曹養成専攻教授  2008/04-2009/03 
慶應義塾大学法学部准教授  2009/04-2011/03 
慶應義塾大学法学部教授  2011/04-現在 
カリフォルニア大学バークレー校  法科大学院  訪問研究員  2016/04/01-2017/03/31 
コロンビア大学  法科大学院  訪問研究員  2017/04/01-2018/03/31 

学歴
慶應義塾大学  法学部  法律学科  1993/03/31  卒業 
東京都立大学  社会科学研究科  基礎法学専攻  修士  1996  修了 
東京都立大学  社会科学研究科  基礎法学専攻  博士  1998  退学 

学位
博士(法学)  東京都立大学  2007/02/22 
修士(法学)  東京都立大学  1996/03 

研究分野
刑事法学 

研究業績(著書)
正犯と共犯を区別するということ  亀井源太郎  弘文堂  2005/11 
刑事立法と刑事法学  亀井源太郎  弘文堂  2010/10 
法学六法'12  亀井源太郎  信山社  2012/10 
標準六法'12  亀井源太郎  信山社  2012/10 
法学六法'11  亀井源太郎  信山社  2011/10 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  「刑法の学び方と論じ方」  亀井 源太郎  法学セミナー  日本評論社  678, 22-31  2011/6 
研究論文(学術雑誌)  単著  「〔書評〕懇切丁寧を旨とした判例学習書(池田真朗編著・小林明彦=宍戸常寿=辰井聡子=藤井康子=山田文著『判例学習のAtoZ』)」  亀井 源太郎  法学セミナー  日本評論社  674, 132  2011/2 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  「共謀共同正犯における共謀概念」  亀井 源太郎  法学研究  84/ 9  2011/11 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  「因果関係論に求められるもの」  亀井 源太郎  法学研究  83/ 8, 1-47  2011/10 
研究論文(学術雑誌)  単著  「街頭募金詐欺について包括一罪と解し得るとされた事例(最決H22-3-17・刑集64-2-111)」  亀井 源太郎  判例セレクト2010[I]  有斐閣  33  2011/1 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
「共謀共同正犯における共謀の概念と刑事手続」  第90回日本刑法学会・個別報告  2012/05 
口頭発表(一般)  「共謀共同正犯における共謀概念」  第89回日本刑法学会・ワークショップ「共謀共同正犯の現在  2011/5 
口頭発表(一般)  「因果関係論に求められるもの」  第88回日本刑法学会・ワークショップ「因果関係論・客観的帰属論の新展開」  2010/6 
口頭発表(一般)  「共謀罪検討の視角」  第84回日本刑法学会・ワークショップ「共謀罪」  2006/6 
口頭発表(一般)  「罪数論と手続法——実体法上の『一罪』と手続法上の『一罪』」  第83回日本刑法学会・ワークショップ「罪数論・競合論の今日的課題」  2005/6 
詳細表示...

所属学協会
情報ネットワーク法学会  2002-現在 
日本刑法学会  1996-現在 
詳細表示...

委員歴
法務省  司法試験考査委員  2015/06-2015/10 
法務省  司法試験考査委員  2014/06-2014/10 
情報ネットワーク法学会  会員  2002-現在 
日本刑法学会  会員  1996-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら