English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 

教授 
皆川 泰代 
ミナガワ ヤスヨ 
MINAGAWA Yasuyo 

経歴
東京大学  大学院医学系研究科  客員研究員  2000/04-2001/03 
国立身体障害者リハビリテーションセンター  研究所  リサーチレジデント  2000/11-2001/03 
国立国語研究所,日本学術振興会  日本学術振興会特別研究員PD  2001/04-2004/03 
慶應義塾大学文学部心理学専攻・科学技術振興機構  研究員  2004/04-2006/03 
University College London(UCL)  Dept. Medical Physics,Dept. Human Communication Science  訪問研究員(Visiting Research Fellow)  2006/04-2007/06 
フランス ENS-EHESS-CNRS  研究員  2006/04-2008/08 
UCL Hospital, NHS.  訪問研究員(Honorary Research Fellow)  2006/11-2007/06 
(独)理化学研究所  BSI言語発達研究チーム  客員研究員  2007/04-2013/03 
慶應義塾大学  大学院社会学研究科  特任准教授  2008/10-2013/03 
慶應義塾大学  文学部  准教授  2013/04-2017/03 
慶應義塾大学  文学部  教授  2017/04-現在 

学歴
国際基督教大学  教養学部  語学科  1993/03  卒業  日本 
国際基督教大学  大学院比較文化研究科  日本語学・日本語教育学  修士  1996/03  修了  日本 
東京大学  大学院医学系研究科  脳神経医学専攻認知・言語医学講座修了  博士後期  2000/03/31  修了  日本 

学位
博士(医学)  東京大学  2000/09 

学術受賞歴(賞、称号)
日本音声学会賞学術研究奨励賞共同受賞  「マイボイス:難病患者様の失われる声を救う」  2016/03 
日本音声学会賞優秀発表賞  「4ヶ月児における音声,非音声に対する脳反応の側性化」  2008/09 
詳細表示...

研究分野
Cognitive Neuroscience, Developmental Psychology, Psycholinguistics 

研究キーワード
脳の発達 
言語獲得 
コミュニケーション 

研究業績(著書)
Oxford Handbook of Neurolinguistics  Minagawa, Y., Cristia, A.  Chapter 7 Optical imaging can shed light on language brain function  Oxford University Press  2019/05/01 
聞くと話すの脳科学  廣谷定男,筧一彦,辰巳格,皆川 泰代,持田岳美,渡辺眞澄  乳幼児の発達における音声知覚生成相互作用  コロナ社  2017/11/07  978-4-339-01337-5 
Frontiers in Developmental Psychology Research: Japanese Perspectives  Minagawa, Y., Tsuji, S.  Cerebral lateralization for speech processing assessed with Near Infrared Spectroscopy: typical and atypical development. pp.113-128  HITUZI SYOBO publishing  2016/07  978-4-89476-798-0 
新・発達心理学ハンドブック  皆川 泰代  第20章 脳科学からの示唆  福村出版社  2016/07/02 
発達科学ハンドブック8・脳の発達科学  皆川 泰代  第13章 発達初期の言語脳機能発達  新曜社  2015/09/01 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Symbolic time series analysis of fNIRS signals in brain development assessment.  Liang, Z., Minagawa, Y., Yang, H-C., Tian, H., Cheng, L., Arimitsu, T., Takahashi, T., Tong, Y.  Journal of Neural Engineering  15/ 6, 066013  2018/09/12  10.1088/1741-2552/aae0c9 
研究論文(学術雑誌)  共著  Toward interactive social neuroscience: Neuroimaging the real-world interaction in various populations.  Minagawa, Y., Xu, M. Morimoto, S.  Japanese Psychological Research  60/ 4, 196-224  2018/07/27  1468-5884  10.1111/jpr.12207 
研究論文(学術雑誌)  共著  The cerebral hemodynamic response to phonetic changes of speech in preterm and term infants: The impact of postmenstrual age.  Arimitsu, T., Minagawa, Y., Yagihashi, T., Uchida-Ota, M., Matsuzaki, A., Ikeda, K., Takahashi, T.  Neuroimage: Clinical  19, 599-606  2018/05/15  10.1016/j.nicl.2018.05.005 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of mother's voice on neonatal respiratory activity and EEG delta amplitude.  MINAGAWA Yasuyo  Developmental Psychobiology  60/ 2, 140-149  2018/03  10.1002/dev.21596 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  共同注意場面における話者の視線が乳児の注視行動に与える影響:話者の顔と対象物への注意の検討  白野陽子,皆川 泰代  慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要  83, 35-45  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  Long range connectivity develops slowly in very preterm infants: fNIRS study on resting state networks in preterm and term infants.  The Functional Near Infrared Spectroscopy Conference 2018,Ⅱ-81.  2018 
ポスター発表  The time-delay of oxygenated-hemoglobin changes in early infancy.  The functional Near Infrared Spectroscopy Conference 2018,I-47.  2018 
ポスター発表  Inter-brain synchronization during a freestyle PC game: an fNIRS hyperscanning study.  The Functional Near Infrared Spectroscopy Conference 2018,Ⅲ-3  2018 
ポスター発表  Cortical responses to affective touch in 7 and 9 month-old infants.  The functional Near Infrared Spectroscopy Converence 2018,Ⅲ-37.  2018 
ポスター発表  Guidelines for motion correction for infant fNIRS signals based on multiple data sets and acquisition systems.  The Functional Near Infrared Spectroscopy Conference 2018,Ⅲ-34.  2018 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  単独  学際性で広げる未来の赤ちゃん研究:発達脳科学・心理学の立場から  2011/05/08-現在 
講演  単独  Investigating the cerebral bases of language acquisition with NIRS.  2011/04/13-現在 
講演  単独  プロソディ処理の大脳機能:発達とその障害  2010/07/17-現在 
講演  単独  近赤外分光法による発達脳機能研究:母子間コミュニケーション  2010/07/02-現在 
講演  単独  乳児にとっての母親声・非母親声そして母語・非母語  2009/12/15-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら