Research Achievements (Oral/Poster Presentations)
Number of the published data : 243     Download a complete list of all data (tab-deliminated text format)
No. Type of Presentation Title Conference Date URL Summary Related information
1 Poster presentation
フッ素導入により反応性代謝物の生成を回避した改良型Diclofenac類縁体の創製
日本薬学会第139年会
2019/03/20



2 Poster presentation
抗パーキンソン病活性を有するテトラロンアナログB環へのフッ素の導入と神経細胞保護効果
日本薬学会第139年会
2019/03/20



3 Poster presentation
HIVプロテアーゼおよび逆転写酵素阻害活性を有する新規多標的型C60誘導体の創製:基質遷移状態模倣型イソスターとC60コアを結ぶリンカーの長さの検討
日本薬学会第139年会
2019/03/20



4 Poster presentation
ハードな反応性代謝物を捕捉する新規蛍光標識化トラッピング剤の創製
日本薬学会第139年会
2019/03/20



5 Oral presentation(general)
オキシカム構造を模倣したスルホン類の抗パーキンソン病効果
日本薬学会第139年会
2019/03/20



6 Oral presentation(general)
ハード及びソフトな反応性代謝物を捕捉する新規蛍光標識トラッピング剤の創製
日本薬学会第139年会
2019/03/20



7 Poster presentation
p62-Keap1-Nrf2系を標的としたPPI阻害剤の幹細胞がん薬剤耐性抑制効果
第36回メディシナルケミストリーシンポジウム
2018/11/28



8 Oral presentation(general)
がん細胞増殖抑制効果を有するカチオン型フラーレン誘導体による活性酸素産生およびその構造活性相関
第62回日本薬学会関東支部大会
2018/09/15



9 Oral presentation(general)
新規アザフレロイド誘導体の合成と HCV RNA ポリメラーゼ阻害活性
第62回日本薬学会関東支部大会
2018/09/15



10 Poster presentation
抗がん剤耐性克服を志向したKeap1-リン酸化p62タンパク質間相互作用阻害剤の創薬研究
第71回日本酸化ストレス学会
2018/05/17



11 Oral presentation(general)
医薬品としての物性向上を目指したKeap1-リン酸化p62結合阻害剤の創製
日本薬学会第138年会
2018/03/25



12 Poster presentation
グルクロン酸抱合経由の代謝活性化を回避したジクロフェナク類縁体の創製
日本薬学会第138年会
2018/03/25



13 Poster presentation
抗酸化活性を有する非フェノール型尿酸アナログの創製
日本薬学会第138年会
2018/03/25



14 Poster presentation
抗 HIV 薬を目指した新規ピリジニウム型フラーレン誘導体の創製
第35回メディシナルケミストリーシンポジウム
2017/11/30



15 Oral presentation(general)
代謝活性化を回避した新規ベンズブロマロン類縁体の合成およびその毒性評価
第61回日本薬学会関東支部大会
2017/09/16



16 Oral presentation(general)
HIV 逆転写酵素阻害活性を有するジドブジン結合型新規フラーレン誘導体の創製
第61回日本薬学会関東支部大会
2017/09/16



17 Oral presentation(general)
抗がん薬を⽬指した新規ピリジニウム型C60 誘導体の創製
第7回ナノカーボンバイオシンポジウム
2017/09/12



18 Poster presentation
HCVポリメラーゼ/プロテアーゼ二重阻害活性を有するフラーレン誘導体の細胞内HCV複製阻害及び酸化ストレス抑制効果
日本薬学会第137年会
2017/03/27



19 Poster presentation
HIV逆転写酵素及びプロテアーゼを阻害する
多標的型新規フラーレン誘導体の創製
日本薬学会第137年会
2017/03/27



20 Oral presentation(general)
ネビラピンA環及びB環の変換により代謝活性化を回避した新規誘導体の合成
日本薬学会第137年会
2017/03/26



21 Oral presentation(general)
薬剤耐性がん治療薬を目指した新規ジカチオン型C60誘導体の創製
日本薬学会第137年会
2017/03/25



22 Oral presentation(general)
ラジカル消去活性を有するインドール型環状ジペプチドの構造展開
日本薬学会第137年会
2017/03/25



23 Oral presentation(general)
ヒダントイン環を活性部位とする抗酸化剤のラジカル消去活性
第31回日本酸化ストレス学会関東支部会
2016/12/17



24 Oral presentation(general)
ヒダントイン型抗酸化剤のラジカル消去活性と消去機構
第60回日本薬学会関東支部大会
2016/09/17



25 Oral presentation(general)
HCVポリメラーゼ/プロテアーゼを阻害する二重標的型フラーレン誘導体の創製
第60回日本薬学会関東支部大会
2016/09/17



26 Poster presentation
酸化ストレス応答性新規Keap1-Nrf2結合阻害剤の創製
第69回 日本酸化ストレス学会学術集会
2016/08/30



27 Poster presentation
新規非共有結合性Keap1-Nrf2結合阻害剤の探索と誘導体合成
第11回日本ケミカルバイオロジー学会年会
2016/06/15



28 Oral presentation(general)
肝毒性を示す医薬品の代謝活性化機構の解析とそれに基づいた創薬戦略
日本薬学会第136年会
2016/03/28



29 Oral presentation(general)
ピリジニウム側鎖を有する新規ジカチオン型C60誘導体のHIV逆転写酵素阻害活性およびがん細胞増殖抑制効果
日本薬学会第136年会
2016/03/28



30 Poster presentation
抗酸化活性を有する2-インダノン誘導体のAβ誘発細胞死保護効果
日本薬学会第136年会
2016/03/28



31 Poster presentation
新規環状ジペプチド化合物の合成およびラジカル消去活性と置換基効果
日本薬学会第136年会
2016/03/28



32 Poster presentation
5位メチル化によるnevirapineの代謝活性化の回避
日本薬学会第136年会
2016/03/28



33 Poster presentation
シスプラチン誘発細胞毒性に対する環状ジペプチド化合物の保護効果
日本薬学会第136年会
2016/03/28



34 Poster presentation
HCV RNAポリメラーゼ阻害活性を有するプロリン型フラーレン誘導体の抗酸化活性
日本薬学会第136年会
2016/03/28



35 Oral presentation(general)
アルツハイマー病酸化ストレス仮説に基づいた2-インダノン誘導体の活性評価
第30回日本酸化ストレス学会関東支部会
2015/12/19



36 Poster presentation
Synthesis of multi-target fullerene derivatives with both HCV RNA polymerase inhibitory and antioxidant activities for the treatment of HCV-related disease.
THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015
2015/12/15



37 Poster presentation
Synthesis of novel pyridine/pyridinium-type fullerene derivatives with human immunodeficiency virus-reverse transcriptase inhibition activity
THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015
2015/12/15



38 Poster presentation
Discovery and synthesis of a novel non-covalent inhibitor for protein-protein interaction between Nrf2 and Keap1.
THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015
2015/12/15



39 Poster presentation
尿酸の構造を単純化した 置換インドリノン誘導体の合成と抗酸化活性
第33回メディシナルケミストリーシンポジウム
2015/11/25



40 Poster presentation
Novel bioactivation pathway of benzbromarone mediated by cytochrome P450
日本薬物動態学会第30回年会
2015/11/25



41 Poster presentation
インドール共役ヒダントイン誘導体の合成とラジカル消去活性
第59回日本薬学会関東支部大会
2015/09/12



42 Poster presentation
抗酸化活性環状ジペプチド化合物の脂質過酸化抑制効果
第68回日本酸化ストレス学会学術集会
2015/06/12



43 Poster presentation
"チオラクタム構造を経由した新規水溶性フラーレン誘導体の合成とその脂質過酸化抑制効果
日本薬学会第135年会
2015/03/27



44 Poster presentation
多標的型AIDS関連疾患治療薬を目指した5-(methylpyridinium)proline 型フラーレン誘導体の構造変環
日本薬学会第135年会
2015/03/27



45 Oral presentation(general)
HCV RNAポリメラーゼ阻害活性を有する新規プロリン型フラーレン誘導体の創製
日本薬学会第135年会
2015/03/27



46 Oral presentation(general)
C-4位メチル基が関与するnevirpineの代謝活性化機構の解析
日本薬学会第135年会
2015/03/27



47 Oral presentation(general)
新規抗酸化剤環状 arylvinyl alcohol 類のデザインと合成
日本薬学会第135年会
2015/03/27



48 Oral presentation(general)
3-Heteroaryl-2-indenol 型新規抗酸化剤の創製
第 29 回日本酸化ストレス学会関東支部会
2014/12/20



49
抗酸化活性尿酸アナログのラット胸腺細胞を用いた放射線防護活性評価.
第67回日本酸化ストレス学会学術集会
2014/09



50
ラジカル消去活性を有する新規環状ジペプチドアナログの創製.
第67回日本酸化ストレス学会学術集会
2014/09



51
HIV関連疾患治療薬を目指した多標的型フラーレン誘導体の開発.
第1回ナノカーボンバイオシンポジウム
2014/09



52
新規環状ジペプチド誘導体のラジカル消去活性.
日本薬学会第134年会
2014/03



53
5-ヒドロキシオキシインドール誘導体の細胞内酸化ストレス抑制効果.
日本薬学会第134年会
2014/03



54
抗パーキンソン病作用を有する新規オキシカム系化合物の合成.
日本薬学会第134年会
2014/03



55
2-Pyridinylvinylalcohol 型抗酸化剤のデザイン・合成.
日本薬学会第134年会
2014/03



56
HCV RNAポリメラーゼ阻害活性と抗酸化活性を有するフラーレン誘導体の創製.
日本薬学会第134年会
2014/03



57
抗HIV及び抗がん活性を有する新規ピリジニウム型フラーレン誘導体の創製.
日本薬学会第134年会
2014/03



58
ラベタロールの代謝活性化機構の解析.
日本薬学会第134年会
2014/03



59
蛍光標識化フラーレン誘導体の創製.
日本薬学会第134年会
2014/03



60
Radical scavenging and lipid peroxidation suppressive activity of 3-pyridinylinden-2-ols.
17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International
2014/03



61
肝毒性を示す医薬品の代謝的活性化を回避した創薬アプローチ:ベンズブロマロンおよび ラベタロールの新規反応性代謝物の同定と肝毒性との関連.
第31回メディシナルケミストリーシンポジウム
2013/11



62
抗HIV薬を目指したピリジン側鎖を有する新規プロリン型フラーレン誘導体の創製.
第31回メディシナルケミストリーシンポジウム
2013/11



63
アルキル置換フェナシル基を有する5-ヒドロキシオキシインドール誘導体のH2O2誘発細胞死に対する細胞保護効果.
第66回日本酸化ストレス学会学術集会
2013/10



64
抗HIV・抗がん活性を有する新規二置換型フラーレン誘導体の創製.
第57回日本薬学会関東支部大会
2013/10



65
抗HCV薬を目指した立体異性体のないフラーレン誘導体のデザインと合成.
第57回日本薬学会関東支部大会
2013/10



66
Development of 3,5-dihydroxy-2-oxindoles as novel antioxidant for lipid peroxidation and intracellular oxidative stress.
6th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia(SFRR-Asia)
2013/10



67
新規抗酸化剤β-ケトエステル型インドール誘導体の創製.
第66回日本酸化ストレス学会学術集会
2013/06



68
1,2-Di-(2-pyridyl)ethanone誘導体のラジカル消去活性.
日本薬学会第133年会
2013/03



69
フラーレン誘導体によるCu2+/アスコルビン酸誘発DNA切断の抑制.
日本薬学会第133年会
2013/03



70
ベンズブロマロンの新規代謝物の探索とその肝毒性との関連.
日本薬学会第133年会
2013/03



71
α-Pyridoin 誘導体の一重項酸素消去活性.
日本薬学会第133年会
2013/03



72
ラジカル種/ONOO-消去ハイブリッド型抗酸化剤の創製.
第27回日本酸化ストレス学会関東支部
2012/12



73
フラーレン誘導体添加による抗酸化剤プロオキシダント効果の抑制.
第26回日本酸化ストレス学会関東支部学術大会
2012/12



74
新規創薬テンプレートとしての抗酸化物質5-Hydroxy-2-oxindole.
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム
2012/11



75
インドールを有する環状 ジペプチドの ONOO- 消去活性.
第56回日本薬学会関東支部大会
2012/10



76
アニリニウム型フラーレン誘導体の合成及びがん細胞増殖抑制効果.
第56回日本薬学会関東支部大会
2012/10



77
Methoxycarbonyl-2-indanone and its derivatives as bifunctional radicals/ singlet oxygen- scavengers; cytoprotective effect against UV-irradiation.
16th SFRRI Biennial Meeting
2012/09



78
Antioxidant activity of synthetic uric acid analogs.
16th SFRRI Biennial Meeting
2012/09



79
抗HCV活性を有するフラーレン誘導体における抗酸化活性.
第65回日本酸化ストレス学会学術集会
2012/06



80
脂溶性を向上した5-Hydroxy-2-oxindole誘導体の抗酸化活性.
第65回日本酸化ストレス学会学術集会
2012/06



81
フラーレン結合型シリカゲル担体の合成.
日本薬学会第132年会
2012/03



82
3位置換Oxindole誘導体のXanthine Oxidase阻害活性と構造活性相関.
日本薬学会第132年会
2012/03



83
HCV-RNA ポリメラーゼ及び HIV 逆転写酵素阻害活性を有する新規フラーレン誘導体の合成.
日本薬学会第132年会
2012/03



84
抗酸化活性を有する環状ジペプチド誘導体の創製.
日本薬学会第132年会
2012/03



85
フルバスタチン構造を基にした新規抗酸化化合物の創製.
日本薬学会第132年会
2012/03



86
フラーレン誘導体添加による抗酸化剤プロオキシダント効果の抑制.
第26回日本酸化ストレス学会関東支部学術大会
2011/12



87
シトクロムP450によるipso位代謝反応の医薬品への応用研究.
第15回生体触媒化学シンポジウム
2011/12



88
Developing of Novel Antioxidant Based on a Structure of Uric Acid, Potent Endogenous Antioxidant.
8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium
2011/11



89
Inhibition of HIV-Reverse Transcriptase by Amino Acid-type Fullerene Derivatives and Effect of Substituent on Pyrrolidine Ring.
8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium
2011/11



90
アスコルビン酸のプロオキシダント効果に対するフラーレン誘導体の抑制効果.
第55回日本薬学会関東支部大会
2011/08



91
尿酸アナログの抗酸化活性と構造活性相関-2.
第55回日本薬学会関東支部大会
2011/08



92
1-Methoxycarbonyl-2-indanone scavenged sinflet oxigen and protected against UV-induned cell damage.
5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia(SFRR-Asia)
2011/08



93
置換phenacyl基を有する5-hydroxyoxindole誘導体のラジカル消去活性とXO阻害活性.
第64回日本酸化ストレス学会学術集会
2011/07



94
ピロリジニウム型フラーレン誘導体によるミトコンドリアでの活性酸素生成.
日本薬学会第131年会
2011/03



95
尿酸及びエダラボンを規範とした抗酸化剤のプロオキシダント効果の検討.
日本薬学会第131年会
2011/03



96
HIV 逆転写酵素阻害活性を有する二置換型フラーレン誘導体の合成.
日本薬学会第131年会
2011/03



97
尿酸類縁体の活性窒素種消去活性.
日本薬学会第131年会
2011/03



98
抗HCV活性を有するスルホンアミド型フラーレン誘導体のデザインと合成.
日本薬学会第131年会
2011/03



99
Diethylstilbestrolのipso位P450代謝反応に及ぼす構造因子の解析.
日本薬学会第131年会
2011/03



100
尿酸類縁体の抗酸化活性とキサンチンオキシダーゼ阻害活性; 五員環部位の構造変換.
日本薬学会第131年会
2011/03



101
インダノン誘導体の一重項酸素消去活性と光障害保護効果.
日本薬学会第131年会
2011/03



102
Peroxinitrite Scavenging Activity of Antioxidative Synthetic Uric Acid Analogs.
International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine
2011/01



103
第25回日本酸化ストレス学会関東支部大会.
第17回時間生物学会学術大会
2010/12



104
Anti-proliferative activities on cancer cell by cationic fullerene derivatives.
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
2010/12



105
プロリン型フラーレン誘導体による HIV 増殖抑制効果.
第29回メディシナルケミストリーシンポジウム
2010/11



106
フラーレン誘導体による細胞内活性酸素生成機構の解析.
第54回日本薬学会関東支部大会
2010/10



107
エストロゲン作用をもつ化合物およびおよびその類縁体のP450依存新規代謝物の検討.
第54回日本薬学会関東支部大会
2010/10



108
尿酸類縁体のperoxynitriteとnitric oxide消去活性.
第63回日本酸化ストレス学会学術集会
2010/06



109
ピリジニウム基を有するフラーレン誘導体の合成及びがん細胞増殖抑制効果の検討.
日本薬学会第130年会
2010/03



110
5 位に脂溶性基 2 位にカルボキシル基を有するピロリジノフラーレンの合成と HIV 逆転写酵素阻害活性.
日本薬学会第130年会
2010/03



111
HCV-RNA ポリメラーゼ阻害活性を有するスルホンアミド型フラーレン誘導体の合成.
日本薬学会第130年会
2010/03



112
ラジカル消去活性を有するインダノン誘導体の一重項酸素消去活性.
日本薬学会第130年会
2010/03



113
尿酸類縁体のperoxynitrite消去活性.
日本薬学会第130年会
2010/03



114
2位側鎖にエステル基を有するピロリジニウム型フラーレン誘導体のアポトーシス誘導効果の検討.
日本薬学会第130年会
2010/03



115
内分泌攪乱物質diethylstilbestrolのipso位代謝反応の検討.
日本薬学会第130年会
2010/03



116
溶解度の高い尿酸類縁体の抗酸化活性.
日本薬学会第130年会
2010/03



117
NFκB 活性化に対するフラーレン誘導体の抑制効果.
日本薬学会第130年会
2010/03



118
共役ケトンを有するステロイドのアポトーシス誘導効果.
日本薬学会第130年会
2010/03



119
6-Phenacyl-3-pyridinol 誘導体の抗酸化活性.
日本薬学会第130年会
2010/03



120
シトクロムP450によるp-置換フェノール代謝におけるNIH-shiftの新規反応機構.
日本薬学会第130年会
2010/03



121
1-アセチル-2-インダノン誘導体のラジカル消去活性と細胞内酸化ストレス抑制効果.
日本薬学会第130年会
2010/03



122
6-Phenacyl-3-pyridinolを基本骨格とする新規抗酸化剤.
第24回日本酸化ストレス学会関東支部会
2010/01



123
カチオン性フラーレン誘導体の細胞内酸化ストレス惹起効果及びがん細胞増殖抑制効果.
第24回日本酸化ストレス学会関東支部会
2010/01



124
HCV-RNAポリメラーゼ阻害活性を有するスルホンアミド型フラーレン誘導体.
創薬懇話会2009
2009/12



125
新規尿酸アナログの抗酸化活性とキサンチンオキシダーゼ阻害活性.
第28回メディシナルケミストリーシンポジウム
2009/11



126
シトクロムP450によるp-置換フェノールのNIH転位とipso代謝反応の関連性.
第53回日本薬学会関東支部大会
2009/10



127
共役ケトンを有するステロイドのがん細胞増殖抑制効果.
第53回日本薬学会関東支部大会
2009/10



128
HIV-Reverse Transcriptase Inhibitory Activities of Proline-Type Fullerene Derivatives Containing Hydrophobic Substituents on Pyrrolidine Ring.
The 13th Asian Chemical Congress
2009/09



129
フラーレン誘導体によるTNFα誘導性NFκB 活性化の抑制.
第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
2009/09



130
Synthesis, Structure-Activity Relationship and Antioxidant Activity of Uric Acid Analogs.
SFRR Europe Meeting - Rome 2009
2009/08



131
ピロリジニウム型フラーレン誘導体の細胞内酸化ストレス惹起と抗酸化剤の効果.
第62回日本酸化ストレス学会学術集会
2009/06



132
ヒドロキノン等価構造を有する尿酸誘導体のデザインと抗酸化活性.
第62回日本酸化ストレス学会学術集会
2009/06



133
生命の大切さを知るために:患者から学ぶ.
日本薬学会第129年会
2009/03



134
新規尿酸アナログの抗酸化活性と構造活性相関.
日本薬学会第129年会
2009/03



135
5位に脂溶性置換基を有するプロリン型フラーレン誘導体のHIV逆転写酵素阻害活性.
日本薬学会第129年会
2009/03



136
炎症性刺激に対するフラーレン誘導体のNFkB 活性化抑制効果の検討.
日本薬学会第129年会
2009/03



137
2-アセチルインダノン類の抗酸化活性.
日本薬学会第129年会
2009/03



138
抗HCV 薬を目指したスルホンアミド型フラーレン誘導体の探索.
日本薬学会第129年会
2009/03



139
アルキル基導入ピロリジウム型フラーレン誘導体の細胞内酸化ストレス惹起効果.
日本薬学会第129年会
2009/03



140
内分泌攪乱物質 Methoxychlor および類縁体の cytochrome P450 による新規代謝物の探索 - ipso 置換反応による Hydroquinone の生成 -."
日本薬学会第129年会
2009/03



141
シトクロムP450によるキノール体の代謝反応 -キノール体のNIHシフト中間体としての可能性の検討-.
日本薬学会第129年会
2009/03



142
シクロペンタンを有する新規水溶性フラーレン誘導体の合成.
日本薬学会第129年会
2009/03



143
生命の大切さを知るために:統合型カリキュラムによるヒューマニズム教育.
日本薬学会第129年会
2009/03



144
抗酸化活性2,2'-Pyridoin 類縁体のNFkB 活性化抑制効果.
第 23 回日本酸化ストレス学会関東支部会
2008/12



145
抗酸化活性を有する尿酸誘導体の合成と構造活性相関, 酸化ストレスに対する細胞保護効果.
第27 回メディシナルケミストリーシンポジウム
2008/11



146
P450化学モデル系による内分泌攪乱物質メトキシクロル類縁体の新規酸化開裂反応および生体内酸化反応との比較.
第41回酸化反応討論会
2008/11



147
内分泌攪乱物質 Methoxychlor および類縁体の cytochrome P450 による新規代謝物の探索 - ipso 置換反応による Hydroquinone の生成 -."
フォーラム2008 衛生薬学・環境トキシコロジー
2008/10



148
2-アリール-1,3-ジカルボニル化合物の抗酸化活性.
第52回日本薬学会関東支部大会
2008/10



149
抗HCV薬を目指した 新規フラーレン誘導体の合成.
第52回日本薬学会関東支部大会
2008/10



150
Apoptosis Induction on HL-60 Cell by Cationic Fullerene Derivatives.
第35回 フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
2008/08



151
β-ケトエステル構造を有する新規抗酸化剤.
日本酸化ストレス学会 第61回学術集会
2008/06



152 Poster presentation
多職種医療系学生交流合同セミナー -インタープロフェッショナル教育の試み-.
日本薬学会第128年会
2008/03



153 Oral presentation(general)
尿酸類縁体の抗酸化活性における構造活性相関.
日本薬学会第128年会
2008/03



154 Poster presentation
アルコキシカルボニル-2-インダノン骨格を有する抗酸化化合物の探索.
日本薬学会第128年会
2008/03



155 Poster presentation
5位に芳香環を有するプロリン型フラーレン誘導体のHIV逆転写酵素阻害活性.
日本薬学会第128年会
2008/03



156 Oral presentation(general)
抗HCV薬を目指したスルホニウム置換基を有するフラーレン誘導体の合成.
日本薬学会第128年会
2008/03



157 Poster presentation
Bisacodyl の新規代謝物の探索——脱離生成物からの更なるhydroquinoneの生成.
日本薬学会第128年会
2008/03



158 Poster presentation
ヒト肝ミクロソームによるビスフェノールA ipso 位代謝物の生成.
日本薬学会第128年会
2008/03



159 Oral presentation(general)
アルキル基導入ピロリジニウム型フラーレン誘導体のアポトーシス誘導効果.
日本薬学会第128年会
2008/03



160 Oral presentation(general)
尿酸の抗酸化活性発現部位の決定.
第22回日本酸化ストレス学会関東支部会
2007/12



161 Poster presentation
Radical Scavenging Activity and Cell Protection Activity against Oxidative Stress of 2,2'-Pyridoin and Its Related Compounds.
4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and Japan
2007/12



162 Oral presentation(general)
抗HCV活性を有する新規フラーレン誘導体.
第26回メディシナルケミストリーシンポジウム
2007/11



163 Poster presentation
Bisacodyl の新規代謝様式 ipso 位置換に関与するヒト P450 分子種の探索.
第51回日本薬学会関東支部大会
2007/10



164 Poster presentation
プロリン型フラーレン誘導体の立体異性体の合成とHIV逆転写酵素阻害活性.
第51回日本薬学会関東支部大会
2007/10



165 Poster presentation
2,2'-Pyridoin 類縁体の細胞系における酸化ストレス抑制効果と水溶液中における安定性の検討.
第29回日本フリーラジカル学会学術集会 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第31回大会
2007/06



166 Oral presentation(general)
がん細胞におけるカチオン型フラーレン誘導体によるアポトーシスの誘導と活性酸素の生成.
第29回日本フリーラジカル学会学術集会 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第31回大会
2007/06



167 Poster presentation
Generation of Reactive Oxygen Species by Antiproliferative Fullerene Derivative.
211th Meeting of The Electrochemical Society
2007/05



168 Poster presentation
Antioxidant Activity of Fullerene Derivative Lacking Prooxidant Activity.
211th Meeting of The Electrochemical Society
2007/05



169 Poster presentation
少人数グループ学習による「ヒューマニティー・コミュニケーション教育」その2.
日本薬学会 第127年会
2007/03



170 Poster presentation
ヒューマニティ教育の基盤となるための「プレゼンテーション」と「情報科学」.
日本薬学会 第127年会
2007/03



171 Poster presentation
中性条件での環状βージケトン化合物の抗酸化活性.
日本薬学会第127年会
2007/03



172 Poster presentation
Bisacodyl のラット肝ミクロソーム系での代謝と ipso 位置換反応による新規代謝物の検討.
日本薬学会第127年会
2007/03



173 Oral presentation(general)
がん細胞増殖抑制効果を持つカチオン型フラーレン誘導体のアポトーシス誘導.
日本薬学会第127年会
2007/03



174 Oral presentation(general)
HIV逆転写酵素阻害活性を有する新規フラーレン誘導体のデザインと合成.
日本薬学会第127年会
2007/03



175 Poster presentation
細胞系における 2,2'-pyridil の酸化ストレス防御効果.
日本薬学会第127年会
2007/03



176 Poster presentation
がん細胞増殖抑制効果を有するカチオン型フラーレン誘導体による細胞内酸化ストレスの惹起.
日本薬学会第127年会
2007/03



177 Poster presentation
Fullerene derivatives have antioxidant activity but no metal-dependent prooxidant activity.
第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
2007/02



178 Poster presentation
細胞培養系における 2,2'-pyridoin 類縁体の酸化ストレス抑制効果.
第25回メディシナルケミストリーシンポジウム
2006/12



179 Oral presentation(general)
がん細胞増殖抑制作用を有するフラーレン誘導体による細胞内活性酸素生成.
第21回日本フリーラジカル学会関東支部会
2006/12



180 Oral presentation(general)
Bisacodyl からの新規代謝物 hydroquinone 生成の検討.
第50回日本薬学会関東支部大会
2006/10



181 Oral presentation(general)
抗酸化活性を有する2-Indanone 誘導体の探索.
第50回日本薬学会関東支部大会
2006/10



182 Poster presentation
フラーレン誘導体の抗酸化作用とプロオキシダント効果の検討.
第28回日本フリーラジカル学会学術集会
2006/05



183 Poster presentation
Human Immunodeficiency Virus-Reverse Transcriptase Inhibition and Hepatitis C Virus RNA-Dependent RNA Polymerase Inhibition Activities of Fullerene Derivatives.
209th Meeting of The Electrochemical Society
2006/05



184 Poster presentation
Antioxidant Activity of 2-Arylcyclopentanone Derivatives.
7th TETRAHEDRON SYMPOSIUM
2006/05



185 Poster presentation
少人数グループ学習による「ヒューマニティー・コミュニケ^ション教育」.
日本薬学会
2006/03



186 Poster presentation
2,2'-Thenoin誘導体の抗酸化活性とプロオキシダント効果.
日本薬学会第126年会
2006/03



187 Oral presentation(general)
Cytochrome P450 による ipso 置換型代謝物の検索 _ Salbutamol からの colterol の生成 _ .
日本薬学会第126年会
2006/03



188 Poster presentation
フラーレン誘導体置換基の種類による細胞毒性発現.
日本薬学会第126年会
2006/03



189 Oral presentation(general)
シトクロムP450によるビスフェノール類の新規代謝反応およびその反応機構検討.
日本薬学会第126年会
2006/03



190 Poster presentation
C60プロリン誘導体によるHIV逆転写酵素阻害効果及びその阻害機構.
日本薬学会第126年会
2006/03



191 Poster presentation
Thenoin 誘導体の抗酸化活性とプロオキシダント効果.
第20回日本フリーラジカル学会関東支部会
2005/12



192 Poster presentation
Antioxidant activity of alpha-pyridoins.
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies2005
2005/12



193 Poster presentation
Novel metabolites of bisphenol A catalyzed by cytochrome P450 and its chemical model system.
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies2005
2005/12



194 Poster presentation
Antioxidant activity of 1,3-dicarbonyl compounds.
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies2005
2005/12



195 Oral presentation(general)
Inhibition of HIV-reverse transcriptase by mono- or bis-substituted fullerene derivatives.
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies2005
2005/12



196 Poster presentation
シトクロムP450化学モデルおよびシトクロムP450による環境エストロゲンの酸化.
第38回酸化反応討論会
2005/11



197 Poster presentation
2,2'-Thenoin類縁体の抗酸化活性.
第24回メディシナルケミストリーシンポジウム
2005/11



198 Oral presentation(general)
alpha-Arylcyclopentanone 骨格を有する抗酸化剤のデザイン・合成と活性評価.
第49回日本薬学会関東支部大会
2005/10



199 Oral presentation(general)
Cytochrome P450 による ipso 置換型代謝物の検索 _ Salbutamol からの colterol の生成.
第49回日本薬学会関東支部大会
2005/10



200 Oral presentation(general)
内分泌攪乱物質ビスフェノールAのシトクロムP450による新規開裂反応およびその生成物のエストロゲン様活性.
フォーラム2005衛生薬学・環境トキシコロジー
2005/10



201 Poster presentation
白金ナノ粒子の細胞死抑制.
第58回コロイドおよび界面化学討論会
2005/09



202 Poster presentation
1,3−ジカルボニル化合物の抗酸化活性.
第27会日本フリーラジカル学会学術集会
2005/06



203 Poster presentation
1,3-Cyclopentanedione誘導体の抗酸化活性に対する置換基効果.
日本薬学会第125年会
2005/03



204 Poster presentation
抗酸化能を有するalpha-pyridoin類縁体の活性構造.
日本薬学会第125年会
2005/03



205 Poster presentation
シトクロムP450によるビスフェノールAのipso置換型新規代謝物ヒドロキノンの生成.
日本薬学会第125年会
2005/03



206 Poster presentation
ipso置換によるsalbutamolの新規代謝物の探索.
日本薬学会第125年会
2005/03



207 Poster presentation
薬学教育におけるチュートリアルの試み.
日本薬学会
2005/03



208 Poster presentation
Antibacterial activity of C60-(N,N-dimethylpyrrolidinium iodide)derivatives.
The 28th Fullerene-Nanotubes General Symposium
2005/01



209 Poster presentation
Human immunodeficiency virus-reverse transcriptase inhibition activities of fullerene derivatives.
The 28th Fullerene-Nanotubes General Symposium
2005/01



210 Oral presentation(general)
新規エンジオール系抗酸化剤の開発.
第23回メディシナルケミストリーシンポジウム・第12回日本薬学会医薬化学部会年会
2004/11



211 Oral presentation(general)
新規エンジオール系抗酸化剤の開発.
第23回メディシナルケミストリーシンポジウム・第12回日本薬学会医薬化学部会年会
2004/10



212 Poster presentation
alpha-Pyridoin とアスコルビン酸のプロオキシダント効果.
第43回電子スピンサイエンス学会年会
2004/10



213 Poster presentation
1,3-Cyclopentanedione骨格を有する抗酸化剤の開発.
第48回日本薬学会関東支部大会
2004/10



214 Poster presentation
フラーレン誘導体のHIV逆転写酵素阻害活性.
第48回日本薬学会関東支部大会
2004/10



215 Poster presentation
Human Immunodeficiency Virus-Reverse Transcriptase and Hepatitis C Virus RNA-Dependent RNA Polymerase Inhibition Activities of Fullerene Derivatives.
206th Electrochemical Society Meeting
2004/10



216 Poster presentation
alpha-Pyridoin 誘導体のラジカル消去活性と脂質過酸化抑制効果.
第26回日本フリーラジカル学会学術集会
2004/06



217 Poster presentation
ピロリジン環を有するC60誘導体の抗菌活性.
日本薬学会第124年会
2004/03



218 Poster presentation
α-Pyridoin 誘導体の抗酸化活性と金属イオン介在プロオキシダント効果.
日本薬学会第124年会
2004/03



219 Poster presentation
環境ホルモン、ノニルフェノールの新規代謝物、4-hydroxynonanophenone、hydroquinoneの生成とエストロゲン受容体結合能.
日本薬学会第124年会
2004/03



220 Poster presentation
beta-Diketone誘導体のラジカル消去活性.
日本薬学会第124年会
2004/03



221 Poster presentation
Antioxidant activity of a-pyridoin derivatives.
International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health and Disease
2003/12



222 Poster presentation
Antibacterial activity of cationic fullerene derivatives.
5th Asian Federation for Medicinal Chemistry,
2003/10



223 Poster presentation
Antibacterial and Antiproliferative Activity of C60-(N, N-Dimethylpyrrolidinium Iodide) Derivatives.
204th Elecorochemical Society Meeting,
2003/10



224 Oral presentation(general)
α-pyridoin誘導体の抗酸化活性における置換基効果.
第25回日本フリーラジカル学会
2003/06



225 Poster presentation
Bacteriostatic effect of C60-(N, N-dimethylpyrrolidinium iodide) derivatives.
203th Elecorochemical Society Meeting
2003/05



226 Poster presentation
昆虫(カイコ)におけるdesmosterolの24-エン還元反応の立体化学.
日本化学会第83春季年会
2003/03



227 Poster presentation
7-Hydroxy-androst-4-en-3,6,17-trioneの抗酸化活性.
日本薬学会第123年会
2003/03



228 Poster presentation
ピリジン環に官能基を有するa-pyridoin の抗酸化活性.
日本薬学会第123年会
2003/03



229 Poster presentation
アルキル側鎖を有するC60-bis(N,N-dimethylpyrrolidinium iodide) 誘導体の大腸菌生育阻害効果.
日本薬学会第123年会
2003/03



230 Poster presentation
エストロゲンレセプター結合能を有する置換フェノール類の新規代謝物検索と生理活性の検討.
日本薬学会第123年会
2003/03



231 Poster presentation
可溶性Carbon Nanotube 誘導体の合成.
日本薬学会第123年会
2003/03



232 Poster presentation
Benzoinを基本骨格とする抗酸化剤の開発.
第22回メディシナルケミストリーシンポジウム
2002/11



233 Poster presentation
ステロール生合成におけるΔ24オレフィン還元反応の立体化学.
第44回天然有機化合物討論会
2002/10



234 Poster presentation
コレステロール生合成における側鎖還元反応の立体化学.
第46回日本薬学会関東支部大会
2002/10



235 Poster presentation
長鎖アルキル基を側鎖に持つC60-N,N-dimethylpyrrolidine誘導体のがん細胞増殖抑制効果.
第46回日本薬学会関東支部大会
2002/10



236 Poster presentation
Pyridoin 誘導体の抗酸化活性.
第46回日本薬学会関東支部大会
2002/10



237 Poster presentation
環境ホルモン ノニルフェノールの新規代謝物.
第46回日本薬学会関東支部大会
2002/10



238 Poster presentation
[24-13C, 24-2H]デスモステロール、(24R)-,および(24S)-[24-13C,24-D]コレステロールの合成.
日本薬学会第122年会
2002/03



239 Poster presentation
Ajuga毛状根におけるclionasterolの24位脱エチル化反応の機構について.
日本化学会第81春季年会
2002/03



240 Poster presentation
{[26,26,26,27,27,27-d6]-desmosterol および [26,26,26,27,27,27-d6]-cholesterol の合成.
日本薬学会第122年会
2002/03



241 Poster presentation
トリフェニルエチレン誘導体のコレステロール生合成に及ぼす影響.
日本薬学会 第121年会
2001/03



242 Poster presentation
Ajuga毛状根におけるステロール側鎖24位の脱エチル化反応について.
日本薬学会 第121年会
2001/03



243 Poster presentation
植物ステロール側鎖部の生合成機構:Δ25(27)体の24-メチルステロール生合成前駆体としての可能性.
日本薬学会 第121年会
2001/03