English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
多胡 めぐみ 
タゴ メグミ 
TAGO Megumi 

Tel.03-5400-2689  
Fax.03-5400-2689  
 

経歴
2003年4月~2006年5月 米国留学 2006年6月 共立薬科大学薬学部生化学講座 助手 (2007年4月より助教) 2008年4月 慶應義塾大学薬学部生化学講座 助教 2009年4月 慶應義塾大学薬学部生化学講座 専任講師 2014年4月 慶應義塾大学薬学部衛生化学講座 准教授  2006/06-現在 

学歴
共立薬科大学  薬学部  薬学科  1998/03/31  卒業  日本 
共立薬科大学大学院  薬学研究科  分子生物学、生化学  博士  2003/03/31  修了  日本 

学位
博士(薬学)  共立薬科大学  2003/03/31 

学術受賞歴(賞、称号)
第11回(2014年)柿内三郎記念奨励研究賞  定量的リン酸化プロテオミクスによる慢性骨髄増殖性腫瘍の発症機構の解析  2014/10/01 
2012 FEBS Letters Young Group Leader Award  Aurora kinase A critically contributes to the resistance to anti-cancer drug cisplatin in JAK2 V617F mutant-induced transformed cells  2012/09/03 
平成24年度日本薬学会奨励賞  慢性骨髄増殖性腫瘍の原因遺伝子JAK2V617F変異体の癌化シグナルの解析  2012/03/28 
平成22年度日本薬学会関東支部奨励賞  JAK2 変異体のシグナル伝達解析による真性赤血球増加症発症機構の解明  2010/10/02 
詳細表示...

研究分野
生物系薬学 

研究キーワード
JAK2、STAT、エリスロポエチン、NF-kappaB 

研究テーマ
サイトカインシグナル伝達経路の解析  2006-現在 

研究業績(著書)
IL-33レセプターのシグナル伝達.  笠原 忠、多胡めぐみ.  科学評論社  2011/03 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  A major component of vitamin E, α-tocopherol inhibits the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by EML4-ALK.  多胡 めぐみ  Eur J Pharmacol.  825, 1-9  2018/04/15 
ARIH2 Ubiquitinates NLRP3 and Negatively Regulates NLRP3 Inflammasome Activation in Macrophages.  多胡 めぐみ  J Immunol.  199/ 10, 3614-3622  2017/11/15 
研究論文(学術雑誌)  ST2 gene products critically contribute to cellular transformation caused by an oncogenic Ras mutant.  多胡 めぐみ  Heliyon.  3/ 10, e00436  2017/10/31 
研究論文(学術雑誌)  Alpha-tocopherol attenuates the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by NPM-ALK.  多胡 めぐみ  PLoS One.  12/ 8, e0183003  2017/08/14 
研究論文(学術雑誌)  Coffee induces vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in human neuroblastama SH-SY5Y cells.  多胡 めぐみ  Nutr Neurosci.  20/ 6, 336-342  2017/07/20 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  コーヒーによる白内障抑制効果の検討  日本薬学会第136年会(横浜)  2016/03/29 
ポスター発表  メトトレキサートによるJAK2変異体発現細胞のアポトーシス誘導機構  日本薬学会第136年会(横浜)  2016/03/29 
ポスター発表  クリゾチニブによるNPM-ALK発現細胞のアポトーシス誘導機構の解析  日本薬学会第136年会(横浜)  2016/03/29 
ポスター発表  JAK2 V617F変異体による形質転換におけるDDX5の機能解析  日本薬学会第136年会(横浜)  2016/03/29 
ポスター発表  コーヒー豆抽出液が示す抗炎症作用の検討  日本薬学会第136年会(横浜)  2016/03/29 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
柿内三郎記念奨励研究賞第11回(2014年)  「定量的リン酸化プロテオミクスによる慢性骨髄増殖性腫瘍の発症機構の解析」  2014/10/15 
平成22年度関東支部奨励賞  JAK2 変異体のシグナル伝達解析による真性赤血球増加症発症機構の解明.  2012/10 
FEBS Letters Young Group Leader Award 2011  FEBS Letters Young Group Leader Award 2012.  2012/09/03 
平成24年度 日本薬学会奨励賞  慢性骨髄増殖性腫瘍の原因遺伝子JAK2V617F変異体の癌化シグナルの解析.  2012/03/28 
薬学部関東支部奨励受賞  JAK2変異体のシグナル伝達解析による真性赤血球増加症発症機構の解明.  2010/10 
詳細表示...

所属学協会
日本薬学会、日本生化学会、日本分子生物学会 
詳細表示...

委員歴
日本薬学会  トピックス小委員  2012/04/01-2014/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら