English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬科学科 

教授 
増野 匡彦 
マシノ タダヒコ 
MASHINO Tadahiko 

1955年生まれ  
 

経歴
東京大学薬学部助手  1983/10-1996/12 
共立薬科大学薬学部助教授  1997/01-2002/03 
共立薬科大学薬学部教授  2002/04-2008/03 
慶應義塾大学薬学部教授  2008/04-現在 

学歴
東京大学  薬学部  薬学科  1979/03/31  卒業 
東京大学  薬学研究科  薬学専攻  博士  1983/09/30  退学 

学位
薬学博士  東京大学  1985/07/01 

研究分野
化学系薬学 
創薬化学 

研究キーワード
フラーレン誘導体 
抗酸化剤 
薬物代謝 
シトクロムP450 

研究テーマ
2. 薬物・環境物質の新規代謝物検索とその生理活性の検討  1995/04/04-現在 
医薬品を目指したフラーレン誘導体の合成と評価  1997/04/01-現在 
抗酸化物質の開発  1999/01/01-現在 

研究業績(著書)
フラーレン誘導体・内包技術の最前線.  Ohe T, Mashino T.  237-247  シーエムシー出版, 東京  2014/04 
Fullerene Nanowhiskers. Preparation and characterization of fullerene derivatives and their nanowhiskers.  Nakamura S, Miyazawa K, Mashino T.  53-62  Pan Stanford Publishing, Singapore  2011/09 
各ナノ粒子・微粒子の毒性評価・安全性試験の動向 フラーレン.  増野匡彦, 中村成夫.  383-396  東京/技術情報協会  2007/10 
ナノカーボンハンドブック(遠藤守信,飯島澄男監修) フラーレンの抗菌薬、抗ウイルス薬等医薬への応用.  中村成夫, 増野匡彦, 他180名.  668-673  東京/エヌ・ティー・エス  2007/07 
フラーレンの医薬への応用.  増野匡彦.  /医学書院  2006/12 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Synthesis of novel benzbromarone derivatives designed to avoid metabolic activation  Tomoyuki Ohe, Ryutaro Umezawa, Yumina Kitagawara, Daisuke Yasuda, Kyoko Takahashi, Shigeo Nakamura, Akiko Abe, Shuichi Sekine, Kousei Ito, Kentaro Okunushi, Hanae Morio, Tomomi Furihata, Naohiko Anzai, and Tadahiko Mashino*  Bioorg Med Chem Lett  2018/10/01 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  アカデミアにおける Hit-to-Lead の実践 ~Keap1-Nrf2 タンパク間相互作用阻害剤の創製~  安田大輔,小畠りか,高橋恭子,大江知之,増野匡彦  薬学雑誌  138/ 8, 1059-1065  2018/08/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  Discovery of benzo[g]indoles as a novel class of non-covalent Keap1-Nrf2 protein-protein interaction inhibitor  Yasuda, D., Yuasa, A., Obata, R., Nakajima M., Takahashi, K., Ohe, T., Ichimura, Y., Komatsu, M., Yamamoto, M., Imamura, R., Kojima, H., Okabe, T., Nagano, T., and Mashino, T.  Bioorg Med Chem Lett  27/ 22, 5006-5009  2017/11/15 
研究論文(学術雑誌)  共著  alpha-Tocopherol attenuates the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by NPM-ALK  Funakoshi-Tago, M., Uchihara, Y., Ueda, F., Tago, K., Nakazawa, Y., Ohe, T., Mashino, T., Yokota, S., Kasahara, T., and Tamura, H.  PLOS ONE  12/ 8, e0183003  2017/08/14 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  ヒトや野生生物における医薬品、環境化学物質の安全性評価の精度向上にむけて -代謝的活性化、種差、エピジェネティクスの観点から 肝毒性を示す医薬品の代謝活性化機構の解析とそれに基づいた創薬戦略  大江知之, 高橋恭子, 中村成夫, 増野匡彦  薬学雑誌  137/ 3, 249-255  2017/03/01 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  Synthesis and biological evaluation of novel nevirapine analogs designed to avoid metabolic activation  2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX  2018/10/04 
口頭発表(一般)  新規アザフレロイド誘導体の合成と HCV RNA ポリメラーゼ阻害活性  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
口頭発表(一般)  がん細胞増殖抑制効果を有するカチオン型フラーレン誘導体による活性酸素産生およびその構造活性相関  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
ポスター発表  抗がん剤耐性克服を志向したKeap1-リン酸化p62タンパク質間相互作用阻害剤の創薬研究  第71回日本酸化ストレス学会  2018/05/17 
ポスター発表  抗酸化活性を有する非フェノール型尿酸アナログの創製  日本薬学会第138年会  2018/03/25 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  フラーレンウィスカー及びフラーレンウィスカーの製造方法  2003-110087  2003/04/15  4322540  2009/06/12 
特許  Anti-Hepatitis C Virus Agents and Anti-HIV Agents.  444404719087.1  2004/03/10  1607091  2009/05/20 
特許  フラーレン誘導体細線とその製造方法  4246590  2009/01/16 
詳細表示...

担当授業科目
C6(2)医薬品のコアとパーツ 
C17(2)リード化合物の創製と最適化 
反応機構解析論 
C6(1)生体分子のコアとパーツA 
有機化学系アドバンスト実習 
詳細表示...

教育実績
薬学教育の改善・充実に関する調査研究委員会  2015/12-現在 
薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂案に関する全国説明会  2013/09-現在 
薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に向けて  2012/09-現在 
薬学共用試験センターCBT実施委員会委員長  2011-現在 
薬学教育モデル・コアカリキュラムおよび実務実習モデル・コアカリキュラムの改訂に関する調査研究委員会 委員  2010-2014 
詳細表示...

教科書・教材
薬学生のための実習実験安全ガイド  2012/12 
スタンダード薬学教科書シリーズ化学系薬学 Ⅰ.化学物質の性質と反応.  2010/01/15 
マクマリー有機化学 生体反応へのアプローチ.  2009/02/01 
創薬:20の事例にみるその科学と研究開発戦略;β-ラクタム系抗生物質,ピリドンカルボン酸系抗菌薬,抗HIV薬.  2008/11/01 
スタンダード薬学教科書シリーズ3 化学系薬学 IV 演習編.  2007/12/01 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら