English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬科学科 

顔写真 教授 
金澤 秀子 
カナザワ ヒデコ 
KANAZAWA Hideko 

Fax.03-5400-1378  
http://keio-physchem.jp  

J-GLOBALへのリンク

研究分野
物理系薬学 

研究キーワード
機能性高分子、HPLC、DDS 

研究業績(著書)
刺激応答性高分子ハンドブック  長瀬 健一, 金澤 秀子  温度応答性クロマトグラフィー  株式会社エヌ・ティー・エス  2018/12/18  978-4-86043-535-6 
製剤化のサイエンス  金澤 秀子  第6版ネオメディカル  2014 
わかりやすい薬剤学計算問題の解き方  金澤 秀子  改訂版ネオメディカル  2014 
ゲルテクノロジーハンドブック、第1篇第3章第3節 機能性ナノ界面を用いた温度応答性クロマトグラフィー  金澤 秀子  80-87  NTS  2014/10/20 
図解製剤学  金澤 秀子  20-62  南山堂  2013/04/01 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Liposomes with temperature-responsive reversible surface properties  Ryo Nemoto, Kei Fujieda, Yuki Hiruta, Mafumi Hishida, Eri Ayano, Yoshie Maitani, Kenichi Nagase, Hideko Kanazawa  Colloids and Surfaces B: Biointerfaces  176, 309-316  2019/04/01  10.1016/j.colsurfb.2019.01.007 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of Polymer Phase Transition Behavior on Temperature-Responsive Polymer-Modified Liposomes for siRNA Transfection  Kenichi Nagase, Momoko Hasegawa, Eri Ayano, Yoshie Maitani and Hideko Kanazawa  International Journal of Molecular Sciences  20, 430  2019/01/19  10.3390/ijms20020430 
研究論文(学術雑誌)  共著  Protein purification using solid-phase extraction on temperature-responsive hydrogel-modified silica beads  Kohei Okubo, Koji Ikeda, Ayaka Oaku, Yuki Hiruta, Kenichi Nagase, Hideko Kanazawa  Journal of Chromatography A  1568, 38-48  2018/09/21 
研究論文(学術雑誌)  共著  Comparison of plasma propofol concentration for apnea, response to mechanical ventilation, and airway device between endotracheal tube and supraglottic airway device in Beagles  Tomoya IIZUKA, Kenichi MASUI, Hideko KANAZAWA, Ryohei NISHIMURA  Journal of Veterinary Medical Science  80/ 9, 1420-1423  2018/07/17 
研究論文(学術雑誌)  共著  LAT1-targeting thermoresponsive fluorescent polymer probes for cancer cell imaging  Minami Matsuura, Mariko Ohshima, Yuki Hiruta, Tomohiro Nishimura, Kenichi Nagase, Hideko Kanazawa  Int. J. Mol. Sci.  19/ 6, 1646  2018/06/01 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  リポソーム膜酸化による抗酸化評価法へのLC/MS/MSの適用  第30回ビタミンE研究会  2019/01/12 
口頭発表(一般)  ペプチドリガンド導入温度応答性表面を用いた細胞分離の検討  第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム  2019/01/11 
口頭発表(一般)  Mixed polymer brush consisting of thermos responsive and cationic polymers for temperature modulated cell separation  1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTO  2018/12/15 
ポスター発表  細胞接着性ペプチドをリガンドとした温度制御型細胞分離  第40回日本バイオマテリアル学会大会  2018/11/13 
ポスター発表  可逆的性質変化を起こす機能性リポソームの開発  第40回日本バイオマテリアル学会大会  2018/11/13 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本分析化学会 学会賞  温度応答性クロマトグラフィーを用いた分離・分析システムの創製とその応用  2017/09/11 
クロマトグラフィー科学会学会賞  機能性高分子を用いた温度制御型新規分離システムの開発.  2008/12 
HPLC 2005 Best Poster Paper Award First Prize.  2005/07 
日本分析化学会関東支部新世紀賞.  2002/03 
生命科学啓明賞.  2002/03 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら