English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬科学科 

顔写真 教授 
金澤 秀子 
カナザワ ヒデコ 
KANAZAWA Hideko 

Fax.03-5400-1378  
http://keio-physchem.jp  

J-GLOBALへのリンク

研究分野
物理系薬学 

研究キーワード
機能性高分子、HPLC、DDS 

研究業績(著書)
製剤化のサイエンス  金澤 秀子  第6版ネオメディカル  2014 
わかりやすい薬剤学計算問題の解き方  金澤 秀子  改訂版ネオメディカル  2014 
ゲルテクノロジーハンドブック、第1篇第3章第3節 機能性ナノ界面を用いた温度応答性クロマトグラフィー  金澤 秀子  80-87  NTS  2014/10/20 
図解製剤学  金澤 秀子  20-62  南山堂  2013/04/01 
Handbook of Green Analytical Chemistry, Chapter 20 Green Bioanalytical Chemistry  金澤 秀子  427-444  John Wiley & Sons  2012/03 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Poly(N-isopropylacrylamide)-based thermoresponsive surfaces provide new types of biomedical applications  Kenichi Nagase, Masayuki Yamato, Hideko Kanazawa, Teruo Okano  Biomaterials  153, 27-48  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Dual temperature- and pH-responsive polymeric micelle for selective and efficient two-step doxorubicin delivery  Yuki Hiruta, Yuki Kanda, Naoya Katsuyama, Hideko Kanazawa.  RSC Adv  7, 29540-29549  2017 
研究論文(学術雑誌)  Local Release of VEGF Using Fiber Mats Enables Effective Transplantation of Layered Cardiomyocyte Sheets  Kenichi Nagase, Yuhei Nagumo, Miri Kim, Hee-Jung Kim, Hei-Won Kyung, Hye-Jin Chung, Hidekazu Sekine, Tatsuya Shimizu, Hideko Kanazawa, Teruo Okano, Seung-Jin Lee, Masayuki Yamato  Macromolecular Bioscience  17, 1770073  2017  10.1002/mabi.201700073 
研究論文(学術雑誌)  共著  Intracellular localization and delivery of plasmid DNA by biodegradable microsphere-mediated femtosecond laser optoporation  Atsuhiro Ishii, Yuki Hiruta, Dag Heinemann, Alexander Heisterkamp, Hideko Kanazawa, Mitsuhiro Terakawa  Journal of Biophotonics  10, 1723-1731  2017  10.1002/jbio.201600323 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  物理化学的視点から薬剤師業務を考える  金澤 秀子  ファルマシア  53/ 4, 301-304  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  蛍光検出超高速LCを用いたリポソーム膜酸化法による抗酸化評価法  第29会ビタミンE研究会  2018/01/27 
口頭発表(一般)  臍帯由来間葉系幹細胞シートの構造とメカノセンシングの解析  第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム  2018/01/10 
ポスター発表  温度応答性高分子ブラシ修飾シリカビーズを用いた細胞分離の検討  第39回日本バイオマテリアル学会大会  2017/11/20 
ポスター発表  外部刺激により薬物放出制御可能ながん幹細胞標的リポソームの開発  第39回日本バイオマテリアル学会大会  2017/11/20 
ポスター発表  正電荷を有する温度応答性高分子を用いた細胞分離カラムの作製  第39回日本バイオマテリアル学会大会  2017/11/20 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
クロマトグラフィー科学会学会賞  機能性高分子を用いた温度制御型新規分離システムの開発.  2008/12 
HPLC 2005 Best Poster Paper Award First Prize.  2005/07 
日本分析化学会関東支部新世紀賞.  2002/03 
生命科学啓明賞.  2002/03 
イオンクロマトグラフィー技術賞.  2001/10 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら