English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

専任講師 
片山 和浩 
カタヤマ カズヒロ 
KATAYAMA Kazuhiro 

 

経歴
共立薬科大学  化学療法学講座  助手  2005/04/01-2007/03/31 
共立薬科大学  化学療法学講座  助教  2007/04/01-2008/03/31 
慶應義塾大学  薬学部 化学療法学講座  助教  2008/04/01-2010/03/31 
NCI/NIH  Laboratory of Cell Biology  Visiting Scientist  2008/09-2009/08 
慶應義塾大学  薬学部 化学療法学講座  専任講師  2010/04/01-現在 

学歴
北里大学  薬学部  薬学科  1999/03/22  卒業 
北里大学  医療系研究科  腫瘍病理学  修士  2001/03/26  修了 
東京大学  医学系研究科  分子細胞生物学  博士  2005/03/24  修了 

学位
博士(医学)  東京大学  2005/03/24 

学術受賞歴(賞、称号)
日本がん分子標的治療学会 研究奨励賞  ABCトランスポーターの発現制御機構の解明  2015/06/11 
詳細表示...

免許・資格
薬剤師免許  1999/06/11 

研究分野
分子生物学 
細胞生物学 
医療系薬学 

研究テーマ
ABC輸送体の発現制御機構の解明  2005/04/01-現在 

競争的資金等の研究課題
ABC輸送体活性・発現制御機構の解明と創薬基盤の構築  補助金  独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2011/04/01-2013/03/31  P-糖タンパク質(P-gp)はABC輸送体に属する抗がん剤排出ポンプである。がん細胞におけるP-gpの発現増加は抗がん剤耐性の一因とされる。本研究では、P-gpの活性や発現の制御方法を調べ、P-gp阻害薬の開発基盤を構築することを目的として遂行した。本研究では、(1) P-gpはSCFFBX15で認識され、Ube2r1/Cdc34/Ubc3によるユビキチン化を受けてプロテアソームで分解されること、(2) タンパク質脱リン酸化酵素複合体PP5/PPP2R3CはP-gp発現を低下させることを見出した。 
詳細表示...

研究業績(著書)
癌治療の新たな試み.  片山和浩, 藤田直也, 鶴尾隆.  142-154  大阪/医薬ジャーナル社  2005/12 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Protein kinase C alpha-mediated phosphorylation of PIM-1L promotes the survival and proliferation of acute myeloid leukemia cells.  Takami M, Katayama K, Noguchi K, Sugimoto Y.  Biochem Biophys Res Commun.  Elsevier  503/ 3, 1364-1371  2018/09/10  10.1016/j.bbrc.2018.07.049 
研究論文(学術雑誌)  Synthesis of 5-Hydroxy-3',4',7-trimethoxyflavone (HTMF) and Related Compounds and Elucidation of Their Reversal Effects on BCRP/ABCG2-Mediated Anticancer Drug Resistance.  Tsunekawa R, Katayama K, Hanaya K, Higashibayashi S, Sugimoto Y, Sugai T.  ChemBioChem  Wiley Online Library  2018/09/06  10.1002/cbic.201800431 
研究論文(学術雑誌)  共著  Heat shock protein 90 inhibitors overcome the resistance to Fms-like tyrosine kinase 3 inhibitors in acute myeloid leukemia  Kazuhiro Katayama, Kohji Noguchi, Yoshikazu Sugimoto.  Oncotarget  9/ 76, 34240-34258  2018/08/21  10.18632/oncotarget.26045 
研究論文(学術雑誌)  共著  IL-10 promoter transactivation by the viral K-RTA protein involves the host-cell transcription factors Specificity Protein 1 and 3.  Miyazawa M, Noguchi K, Kujirai M, Katayama K, Yamagoe S, Sugimoto Y.  J. Biol. Chem.  293/ 2, 662-676  2018/01/12  10.1074/jbc.M117.802900 
研究論文(学術雑誌)  共著  Functional effects of AKT3 on Aurora kinase inhibitor-induced aneuploidy.  Kohji Noguchi, Keita Hongama, Shiori Hariki, Yuma Nonomiya, Kazuhiro Katayama, Yoshikazu Sugimoto  J. Biol. Chem.  292/ 5, 1910-1924  2017/02/03  10.1074/jbc.M116.747048 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  Olaparib 耐性細胞は、rucaparib, veliparib に対して感受性を示 した  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
ポスター発表  JQ1 耐性HCT 116 細胞におけるTNIK の役割  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
口頭発表(一般)  HSP90 阻害薬17-AAG はFLT3-ITD/D835 変異型AML 細胞の増殖を抑制する  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
ポスター発表  JQ1 耐性細胞における cyclin E1 の発現上昇に対する TNIK の関与  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
口頭発表(一般)  AKT による染色体分離の制御  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
詳細表示...

所属学協会
American Association for Cancer Research  2009-現在 
日本薬学会  2006-現在 
日本がん分子標的治療学会  2006-現在 
日本癌学会  2000-現在 
詳細表示...

委員歴
日本癌学会  評議員  2014/01/01-現在 
日本がん分子標的治療学会  評議員  2013/06/15-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら