English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

専任講師 
清水 美貴子 
シミズ ミキコ 
SHIMIZU Mikiko 

Tel.03-5400-2689  
 

研究業績(原著論文・解説)
Risk factors for abnormal hepatic enzyme elevation by methotrexate treatment in patients with rheumatoid arthritis: a hospital based-cohort study.  清水 美貴子  Modern Rheumatology  2017/09/30 
研究論文(学術雑誌)  Ethnic and gender differences in genetic polymorphisms of tumor necrosis factor (TNF)-α in a Japanese population.  清水 美貴子  Jpn J Clin Pharmacol Ther  2016/12 
研究論文(学術雑誌)  Genetic polymorphisms of enzyme proteins and transporters related to methotrexate response and pharmacokinetics in a Japanese population.  清水 美貴子  J Pharm Health Care Sci. 2016 Dec 9;2:35.  2/ 35, 1-12  2016/12/09  10.1186/s40780-016-0069-0 
研究論文(学術雑誌)  共著  Preliminary study for predicting better methotrexate efficacy in Japanese patients with rheumatoid arthritis  清水 美貴子  Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences  2/ 13  2016/06/07  10.1186/s40780-016-0047-6 
研究論文(学術雑誌)  共著  Sex Differences in mRNA Expression of Reduced Folate Carrier-1, Folypolyformyl Glutamate Synthase, And γ-Glutamyl Hydrolase in a Healthy Japanese Population.  清水 美貴子  J Clin Pharmacol.  56/ 12, 1563-1569  2016/05/05  10.1002/jcph.760 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  筋萎縮性側索硬化症治療薬riluzoleの臨床的有用性に関する研究  第8回日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会学術大会 第2回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会  2017/09/09 
口頭発表(一般)  ヒト滑膜細胞を用いたMethotrexate-polyglutamates体の抗リウマチ効果およびその制御機構の解明  第37回 日本臨床薬理学会学術総会  2016/12/02  URL 
口頭発表(一般)  関節リウマチに対するプロバイオティクスの有用性とメトトレキサートとの相互作用の検討  日本薬学会第136年会  2016/03/28 
口頭発表(一般)  プロバイオティクスのCYP3A4制御を介した脂質異常症治療の有用性の評価  日本薬学会第136年会  2016/03/28 
ポスター発表  ヒト小腸でのビフィズズ菌によるBCRP発現制御機構の解明  第36回日本臨床薬理学会学術総会  2015/12/11 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第27回日本臨床薬理学会 優秀演題賞  ワーファリン薬物動態と薬効に与えるオメプラゾール併用投与の影響—CYP2C19 homozygous EMとPMとの比較—.  2006/11 
第27回日本臨床薬理学会 優秀演題賞  フェキソフェナジン体内動態に与えるP糖蛋白阻害剤イトラコナゾールとジルチアゼムの影響.  2005/12 
H.pylori 除菌療法におけるプロバイオティクス併用の有用性に関するメタアナリシスによる評価.メタアナリシスを利用した薬物治療の有用性に関する研究.  2005/04 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら