English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

専任講師 
木村 真規 
キムラ マサキ 
KIMURA Masaki 

J-GLOBALへのリンク

学位
博士(人間科学)  早稲田大学  2001/03 

研究分野
生理学一般 
応用健康科学 
病態医化学 
環境生理学(含体力医学・栄養生理学) 
スポーツ科学 

研究キーワード
肥満 
老化 
抗加齢 
運動療法 
食事療法 
白色脂肪組織 
褐色脂肪組織 

研究テーマ
脂肪細胞の分化・小型化過程とアディポネクチン分泌に及ぼす運動頻度・持続期間の影響  メタボリックシンドロームの運動療法,食事療法,薬物療法に関する研究  2008-2010 

競争的資金等の研究課題
PPARrアゴニストのアンチエイジング効果に関する研究  補助金  慶應義塾学事振興資金  2018-現在 
高脂肪食摂取による腸管・肝臓・脂肪組織の老化関連遺伝子変化とDNAメチル化阻害薬の効果  補助金  2016-現在 
摂食制限―高脂肪食摂取の繰り返しが老齢マウスの腸管・脂肪組織における細胞老化栄養素の吸収・貯蓄機能と糖・脂質代謝に及ぼす影響  補助金  糧食研究会 一般公募研究助成  2016-現在 
若齢期の食・運動が成熟期の骨格筋・褐色・白色脂肪の代謝関連遺伝子に及ぼす長期効果  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016-2018 
食事性脂肪肝に対するDNAメチル化阻害薬の脂肪蓄積抑制・肝細胞保護効果の機序解明  補助金  慶應義塾学事振興資金  2015-現在 
詳細表示...

研究業績(著書)
Advanced Glycation End-products (AGEs)阻害薬がOLEFTラットの肝および脂肪組織に及ぼす影響. 「酸化ストレスと肝疾患 8巻」.  木村真規、南雲まい、飯田陽子、山田華名、齋藤義正、齋藤英胤.  pp67-72  株式会社嵯峨野, 東京  2012/09 
14. 非ステロイド系抗炎症薬. 杉崎徹三編.「臨床家のための腎毒性物質のすべて」.  木村真規, 柴崎敏昭.  227-248  シュプリンガー・ジャパン, 東京  2008/06 
96. 骨軟化症 6 処方薬の解説. 富野康日己, 望月正隆編.「薬学セレクト 疾患と薬物治療-知っておきたいcommon disease 101-」.  木村真規.  407-407  医歯薬出版, 東京  2008/05 
52. 前立腺癌 6 処方薬の解説. 富野康日己, 望月正隆編.「薬学セレクト 疾患と薬物治療-知っておきたいcommon disease 101-」.  木村真規.  233-234  医歯薬出版, 東京  2008/05 
51. 前立腺肥大症 6 処方薬の解説. 富野康日己, 望月正隆編.「薬学セレクト 疾患と薬物治療-知っておきたいcommon disease 101-」.  木村真規.  228-230  医歯薬出版, 東京  2008/05 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Coffee brew intake could delay the onset of obesity-related cataract  木村 真規  Experimental and Therapeutic Medicine  in print/ ETM-9865-211895-02  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Epigenetic silencing of Lgr5 induces senescence of intestinal epithelial organoids during the process of aging  木村 真規  Aging and Mechanisms of Disease  in print/ NPJAMD-00179R1  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Gut microbiota-mediated generation of saturated fatty acids elicits inflammation in the liver in murine high-fat diet-induced steatohepatitis  木村 真規  BMC Gastroenterol  17/ 1, 136  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Cluster microRNAs miR-194 and miR-215 suppress the tumor igenicity of intestinal tumor organoids  木村 真規  Cancer Sci  108/ 4, 678-684  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Coffee extract inhibits adipogenesis in 3T3-L1 preadipocyes by interrupting insulin signaling through the downregulation of IRS1.  木村 真規  PLoS One  12/ 3, e0173264  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  マウス脂肪組織の老化関連マーカーに及ぼす高脂肪食摂取とピオグリタゾン投与の効果  第39回日本肥満学会大会 肥満研究24(Supplement): Pp.206  2018/10/07 
ポスター発表  絶食―高脂肪食摂取の繰り返しがマウスの脂肪組織における組織形態学的変化と老化関連マーカーに及ぼす影響  第73回日本体力医学会大会  2018/09/07 
ポスター発表  Effects of Environmental Enrichment on Physical Activity and Body Temperature in Mice.  23th Annual Congress of the European College of Sport Science,eBook of Abstracts  2018/07/04 
ポスター発表  高脂肪食摂取マウスの脂肪組織における老化関連マーカーの変化とピオグリタゾン投与の効果  第18回日本抗加齢医学会総会  2018/05/25 
ポスター発表  肥満脂肪組織における老化関連遺伝子の発現変化とDNAメチル化阻害薬投与の影響  第38回日本肥満学会大会 肥満研究23(Supplement): Pp.204  2017/10/07 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本抗加齢医学会 優秀演題賞  オルガノイド培養法により樹立した腸管上皮幹細胞におけるstem cell agingの検討.  2016/06  第16回 日本抗加齢医学会総会, プログラム・抄録集:Pp.174/2016.06.10-12 (横浜) 
日本抗加齢医学会 優秀演題賞  高脂肪食摂取時の脂肪組織における老化マーカー遺伝子の発現変化とDNAメチル化阻 害薬の効果.  2016/06  第16回 総会 プログラム・抄録集: Pp.170/ 2016.06.10-12 (横浜) 
日本体力医学会若手奨励賞最優秀賞  運動療法および食事療法時の体重減少速度と末梢性および中枢性摂食調節因子の関係—過食性肥満モデルOLETFラットを用いた検討—.  2005/09 
日本体力医学会若手奨励賞  運動療法・食事療法に伴う体重減少期の視床下部弓状核における摂食調節遺伝子発現の変化—過食性肥満モデルOLETFラットを用いた検討—.  2004/09 
日本体力医学会 学会賞  賢の機能的・組織形態学的所見及び糖・脂質代謝に及ぼす運動と食事療法の比較ーヒト2型糖尿病モデルOLETFラットを用いた研究ー  2000 
詳細表示...

委員歴
日本通風・核酸代謝学会  会員  2008/04-現在 
日本薬学会  会員  2005/08-現在 
日本肥満学会  会員  2004/04-現在 
日本体育学会  会員  1996/05-現在 
日本運動生理学会  評議員  1995/09-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら