English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
鈴木 岳之 
スズキ タケシ 
SUZUKI Takeshi 

Tel.03-5400-2496  
 

J-GLOBALへのリンク

研究業績(著書)
疾患と薬物治療 第10章 精神疾患.  鈴木岳之, 藤本和子, 横田恵理子, 井澤早苗.  303-328  医歯薬出版, 東京  2008/05 
通信講座テキスト 第4講座「レセプターと薬の作用機序」.  鈴木岳之, 藤本和子.  1-80  東京/共立薬科大学  2006/04 
新しい機能形態学−ヒトの成り立ちとその働き.  小林静子、馬場広子、平井みどり.  177-184, 339-347  東京/広川書店  2005/06 
スタンダード薬学シリーズ4 生物系薬学 Ⅰ. 生命体の成り立ち 第5章 循環系.  鈴木岳之.  30-33  東京/東京化学同人  2005/03 
受容体(レセプター)と薬の作用機序.  鈴木岳之, 藤本和子.  1-  東京/共立薬科大学  2004/09 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Distinct expression pattern of Flk1 and Flk1 in the coronary vascular system during development and after myocardial infarction.  鈴木 岳之  Biochem Biophys Res Commun  495/ 1, 884-891  2018 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  Direct reprogramming, epigenetics, and cardiac regeneration.  鈴木 岳之  J Card Fail  23/ 7, 552-557  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Downward Trend in Review Time in Pharmaceuticals and Medical Devices Agency in Japan Under the Unique Premium Rewards System of the Japanese Pharmaceutical Market: 2nd Report.  鈴木 岳之  Am J Pharm Health Res  5/ 7, 37-52  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Downward trend in Review Time in Pharmaceuticals and Medical Devices Agency in Japan Under the Unique Premium Rewards System of the Japanese Pharmaceutical Market.  鈴木 岳之  Am J Pharm Health Res  5/ 7, 25-36  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  An empirical study of the prescription pattern of drugs for hematological malignancies in Japan from 2010-2014.  鈴木 岳之  Biol Pharm Bull  40/ 6, 894-901  2017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
抗うつ薬とP2X4受容体の相互作用の比較検討.  日本薬学会第134回年会  2014/03 
Neural differentiation potentials in human embryonic stem cell lines.  第87回日本薬理学会年会  2014/03 
中国医薬品市場の現状と製薬企業の動向分析および今後の展開.  第57回日本薬学会関東支部大会  2013/10 
新薬創出加算の獲得・継続に影響を及ぼす因子の解析.  第57回日本薬学会関東支部大会  2013/10 
P2X4 receptor-mediated acceleration of microglial activation is important for the L-glutamate release from activated microglia in the early stage of inflammation.  Neuro2013  2013/06 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら