English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
野口 耕司 
ノグチ コウジ 
NOGUCHI Kohji 

経歴
日本学術振興会  特別研究員(がん)  1995/04-1996/04 
国立がんセンター研究所  生物物理部  厚生労働技官・研究員  1996/05/01-2000/03/31 
国立感染症研究所  生物活性物質部  厚生労働技官・研究員  2000/04-2002/03 
国立感染症研究所  生物活性物質部  厚生労働技官・主任研究官  2002/04-2007/03 
NICHD/NIH  Visiting Scientist  2004/06-2006/05 
National Research Council /The National Academies  Senior research associate  2004/06-2006/05 
共立薬科大学  薬学部  准教授  2007/04-2008/03 
東京大学  薬学部  非常勤講師  2007/04-2013/03 
慶應義塾大学  薬学部  准教授  2008/04/01-現在 
神奈川工科大学  工学部  非常勤講師  2017/04/01-2017/08/03 

学歴
東京大学  薬学部  薬学科  1991/03/31  卒業 
東京大学  薬学系研究科  生命薬学  博士  1996/03/31  修了 

学位
博士(薬学)  東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻  1996/03 

免許・資格
薬剤師  2007/02/27 

研究分野
生物系薬学 

研究キーワード
分子標的, ウイルス, がん, 薬剤耐性 

研究業績(著書)
新臨床腫瘍学(改訂第5版)  野口 耕司  第1章−11 感染と発がん p55-60  南江堂  2018/07/30 
がんの分子標的治療.  野口耕司, 杉本芳一.  278-290  東京/南山堂  2008/09 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Heat shock protein 90 inhibitors overcome the resistance to Fms-like tyrosine kinase 3 inhibitors in acute myeloid leukemia  Katayama K, Noguchi K, Sugimoto Y.  Oncotarget  9, 34240-34258  2018/09/28 
研究論文(学術雑誌)  共著  Protein kinase C alpha-mediated phosphorylation of PIM-1L promotes the survival and proliferation of acute myeloid leukemia cells.  Takami M, Katayama K, Noguchi K, Sugimoto Y.  Biochemical and Biophysical Research Communications  503/ 3, 1364-1371  2018/09/10 
(MISC)その他記事  単著  次世代創薬に向けた感染症とがんの横断的基礎研究の進展  野口 耕司  薬事日報   薬事日報社  第11995号, 17  2018/03/19 
研究論文(学術雑誌)  共著  IL-10 promoter transactivation by the viral K-RTA protein involves the host-cell transcription factors Specificity Protein 1 and 3.  Miyazawa M, Noguchi K*, Kujirai M, Katayama K, Yamagoe S, Sugimoto Y.  Journal of Biological Chemistry  293/ 2, 662-676  2018/01/12 
研究論文(学術雑誌)  単著  新規がん分子標的治療薬に対する耐性メカニズムの解明  Noguchi K  薬学雑誌  137/ 2, 151-160  2017/02 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  Olaparib 耐性細胞は、rucaparib, veliparib に対して感受性を示した  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
ポスター発表  JQ1 耐性HCT 116 細胞におけるTNIK の役割  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
口頭発表(一般)  HSP90 阻害薬17-AAG はFLT3-ITD/D835 変異型AML 細胞の増殖を抑制する  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27 
ポスター発表  JQ1 耐性細胞における cyclin E1 の発現上昇に対する TNIK の関与  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
口頭発表(一般)  AKT による染色体分離の制御  第62回日本薬学会関東支部大会  2018/09/15 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
がん分子標的治療学会研究奨励賞.  ウイルス関連がんに対するがん化学療法開発のための分子標的研究  2008/06 
詳細表示...

所属学協会
日本薬学会  1991-現在 
日本癌学会  1995-現在 
日本分子生物学会  1997-現在 
日本がん分子標的治療学会  2002-現在 
日本ウイルス学会  2007-現在 
詳細表示...

委員歴
日本がん分子標的治療学会  評議員  2009/06/30-現在 
日本薬学会関東支部  市民講座企画委員  2009-2010 
日本癌学会  評議員  2012/01/01-現在 
日本ウイルス学会  学会誌「ウイルス」編集委員  2014/04-2018/03 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら