English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
望月 眞弓 
モチヅキ マユミ 
MOCHIZUKI Mayumi 

Tel.03-5400-2796  
Fax.03-5400-2796  

研究業績(著書)
スタンダード薬学シリーズⅡ6 医療薬学Ⅳ薬の生体内運命  編集責任  東京化学同人  2016/12/01  978-4-8079-1717-4 
医薬品情報学  望月 眞弓  編集・分担執筆  東大出版会  2016/03/24 
ドライシンドロームの基礎と臨床、薬剤の副作用としてのドライシンドローム  望月 眞弓  pp191-196  メディカルレビュー社  2016/01/31 
薬学テキストシリーズ 医薬品情報学ワークブック  望月眞弓、山田浩 編著  朝倉書店  2015/04/10  978-7-254-36266-4 
現代用語の基礎知識  望月眞弓ほか  pp776-785  自由国民社  2015/01/01 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  災害時に有効活用できるOTC医薬品  鹿村恵明、田中愛佳、根岸健一、下平秀夫、若林進、塚原俊夫、野村香織、出石啓治、宮崎長一郎、望月眞弓、上村直樹  医薬品情報学  日本医薬品情報学会  18/ 4, 242-250  2017 
研究論文(学術雑誌)  Ethnic and gender differences in genetic polymorphisms of tumor necrosis factor (TNF)-α in a Japanese population.  望月 眞弓  Jpn J Clin Pharmacol Ther  48/ (2)  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of everolimus on the glucose metabolic pathway in mouse skeletal muscle cells (C2C12)  Kayoko Yoshida, Chiyo K. Imamura ,Kanako Hara ,Mayumi Mochizuki, Yusuke Tanigawara  Metabolomics  Cross Mard  13, 98  2017/07/07  DOI 10.1007/s11306-017-1236-5 
研究論文(学術雑誌)  Preliminary study for predicting better methotrexate efficacy in Japanese patients with rheumatoid arthritis.  望月 眞弓  J Pharm Health Care Sci  7/ 2, 13  2016 
研究論文(学術雑誌)  Genetic polymorphisms of enzyme proteins and transporters related to methotrexate response and pharmacokinetics in a Japanese population.  望月 眞弓  J Pharm Health Care Sci  9/ 2, 35  2016 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  循環器系臨床生理学の展開 視線計測を用いた医薬品添付文書情報表記の検討  第53回日本臨床生理学会  2016/10/28 
口頭発表(一般)  薬局におけるセルフチェックを支援する体制の構築に関する研究  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会連合大会  2016/10/07 
口頭発表(一般)  日本における一般用医薬品の添付文書理解度調査の実施可能性に関する研究  第26回日本医療薬学会年会  2016/09 
口頭発表(一般)  薬学部臨床系教員の病院薬剤部におけるOn the job Training(OJT)研修体制の確立  第26回日本医療薬学会年会  2016/09 
ポスター発表  一般用医薬品の添付文書に関する理解度調査方法の開発  医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム  2016/06 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
功績賞  2016/09 
永井記念国際女性科学者賞  2016/06/21 
日本医薬品情報学会論文賞  一般用医薬品の添付文書理解度調査法の開発、ー理解度への影響因子の検討ー.  2013/08 
教育賞  2012/03 
日本医真菌学会奨励賞  内臓真菌症の発症病理に関する研究  1992 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら