Funded Research Projects (Competitive Research Funds, etc.)
Number of the published data : 18
No. Title Type of Research Funding Awarding Organization Name of Grant Research Period Summary Related information
1 平成25年度渡り鳥飛来経路解明調査業務
Commissioned research
生物多様性研究・ラボ
環境省受託研究
2013/04/01-2014/03/31


2 連携と持続に着目した東日本大震災の農村復興に関する総合的農村計画研究
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2012/04/01-2016/03/31


3 バックキャスティングアプローチによる社会・生態システム土地利用計画手法の開発
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2012/04/01-2015/03/31


4 平成24年度渡り鳥飛来経路解明調査業務
Commissioned research

環境省
2012/04/01-2013/03/31


5 農山漁村地域の復興とコミュニティの再生に関する研究-宮城県気仙沼市を事例として
Research grant

前川報恩会学術研究助成
2011/10/01-2012/03/31


6 流域を基礎とした持続可能な地域資源管理のための国土経営モデルの構築
Research grant

三菱財団 人文科学研究助成
2010/10/01-2011/09/30


7 農業再建のための制度改革の地域計画論的総合研究
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2009/04/01-2014/03/31


8 大規模公園の自然環境と生物情報を活用したインタラクティブ環境学習システムの開発とその有効性の検証
Research grant

公園緑地管理財団研究助成
2009/04/01-2010


9 集落限界点評価手法と持続可能な流域圏の構築
Research grant

平成20年度国土政策関係研究支援事業
2008/07/01-2009/03/03


10 WebGISを活用して地域住民と作成する環境情報図
Research grant

2008年度SFC研究所プロジェクト補助
2008/07/01-2009/02/28


11 限界集落問題解決のための地域の持続可能性を高める圏域の設定に関する研究
Research grant

Keio Gijuku Academic Development Funds
2008/04/01-2009/03/31


12 Environmental factors influencing the distribution of breeding birds in residential areas of Copenhagen
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2007/05/01-2007/05/31


13 都市のパッチ状緑地を取り巻くマトリクスが樹林地の鳥類群集に及ぼす影響
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31


14 都市のパッチ状緑地を取り巻くマトリクスが樹林地の鳥類群集に及ぼす影響
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31


15 都市のパッチ状緑地を取り巻くマトリクスが樹林地の鳥類群集に及ぼす影響
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31


16 Ecological network planning method for biodiversity conservation in urban areas
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31
エコロジカルネットワークの重要な構成要素であるコリドーは大規模な緑地に接続する場合には利用されるが、そのような種の供給源が存在しない場合にはほとんど利用されないことが明らかになった。これまでマトリックスされ、ほとんど注目されてこなかった住宅地や商業地においても、緑被率が高ければ樹林性の種に利用されていた。一方で、建蔽率が高くなれば都市に生息する種しか生息しないことが分かった。これらの結果を踏まえ、ネットワーク構築の考え方を提示した。

17 Ecological network planning method for biodiversity conservation in urban areas
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31


18 Ecological network planning method for biodiversity conservation in urban areas
Research grant

Grant-in-Aid for Scientific Research
2006/04/01-2009/03/31




Back to Profile page.