English
慶應義塾大学 
法学部 
法学部共通 

准教授 
杉本 憲彦 
スギモト ノリヒコ 
SUGIMOTO Norihiko 

1977年生まれ  
Tel.045-566-1320  
 
http://user.keio.ac.jp/~nori/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
名古屋大学大学院 工学研究科 計算理工学専攻 COE研究員(常勤)  2005/04-2008/03 
大同工業大学 教養部 物理学教室 「基礎工学実験」 非常勤講師  2006/04-2008/03 
東邦学園短期大学 経営情報科 「オフィスソフトウェアI・II」 非常勤講師  2007/04-2008/03 
東京大学 海洋研究所 海洋物理学部門 海洋大気力学分野 外来研究員  2008/04/01-2011/03/31 
慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 専任講師  2008/04/01-2015/03/31 
慶應義塾大学 通信教育部 学務委員 (自然科学 学習指導 主任)  2009/10/01-2013/09/30 
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学大講座 客員共同研究員  2011/04/01-2014/03/31 
エコーポリテクニーク 気象力学研究室(LMD) 訪問研究員  2014/03/27-2016/03/26 
慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 准教授  2015/04/01-現在 

学歴
京都大学  理学部  2000/03/24  卒業 
京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  修士  2002/03/25  修了 
京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士  2005/03/23  修了 

学位
理学博士  京都大学  2005/03/23 

免許・資格
気象予報士  2006/03/24 

総合紹介
大気や海洋の大規模な運動に関して、数理的手法を用いた研究を行っている。 

教員からのメッセージ
日吉物理学教室の教員の中では珍しく、地球物理学(気象学)を専門に研究しています。これを生かして、講義では地球上の様々な自然現象を紹介したいと思います。身近な自然現象を、物理的な視点で正しく理解できる力を身につけましょう。また、講義の合間には地球環境の問題についても紹介します。自然科学を学ぶ機会は今までも今後もそれほどないかも知れません。せっかくのチャンスにぜひ教養を深めて頂ければと願います。 
 

研究分野
気象・海洋物理・陸水学 
地球流体力学 
計算科学 

研究キーワード
地球流体力学 
気象学 
気候学 
計算科学 
流体力学 

研究テーマ
大気重力波の自発的放射過程の研究  渦的な流れから放射される大気重力波のメカニズムを、数値実験及び渦からの音波放射理論を援用し解明する。  2013-2017 

競争的資金等の研究課題
光化学結合GCMと地上観測による金星上層大気の運動と物質循環の解明  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
あかつき・地上観測と数値モデリングの連携による金星大気力学の研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/01-2020/03/31 
新理論に基づく大気大循環の3次元描像の解明  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2018/03/31 
大気重力波の自発的な放射過程の解明  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2017/03/31 
ジェットから放射される大気重力波の研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2007/04/01-2011/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
法学・経済学・自然科学から考える環境問題  杉本 憲彦ほか6名  1-164  慶應義塾大学出版会  2017/08/15  978-4-7664-2446-1  URL  環境問題の3つの重要なテーマ(循環型社会、生物多様性、気候変動と温暖化対策)について、いま何が問題で、どう解決すべきかを、法学・経済学・自然科学の各分野から解説。また各章の最後では、ディスカッションの形式で、身近な問題について多面的に考えていく。 
風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか  杉本 憲彦  1-392  ベレ出版  2015/05/22  978-4-8606-4433-8  URL  風は直接、目に見える現象ではありませんが、私たちの生活を大きく左右する天気の要素のひとつです。本書では、そんな風が吹く仕組みを解説します。海風・陸風やフェーン、ビル風といった身近な風から、やませやだし、おろしといった地域特有の風、偏西風などの地球規模の風、低気圧や台風の風、気候と風の関係、風の利用や予測など、風に関する話が満載。捉えどころのなさそうな、大気の流れを調べている研究者が、風の「姿」を捉える旅に招待します。 
自己組織化マップとそのツール  橘完太, 杉本 憲彦  147-160  シュプリンガージャパン  2008 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Development of an ensemble Kalman filter data assimilation system for the Venusian atmosphere  SUGIMOTO Norihiko, YAMAZAKI Akira, KOUYAMA Toru, KASHIMURA Hiroki, ENOMOTO Takeshi, TAKAGI Masahiro,  Scientific Reports  Nature Publishing Group  7/ 9321, 9pp  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Vertical structure of the axi-asymmetric temperature disturbance in the Venusian polar atmosphere: Comparison between radio occultation measurements and GCM results  ANDO Hiroki, IMAMURA Takeshi, SUGIMOTO Norihiko, TAKAGI Masahiro, TELLMANN Silvia, PATZOLD Martin, HAUSLER Bernd, KASHIMURA Hiroki, and MATSUDA Yoshihisa  Journal of Geophysical Research: Planets  American Geophysical Union  122/ JE005213, 17pp  2017 
研究論文(学術雑誌)  単著  Inertia-gravity wave radiation from the elliptical vortex in the f-plane shallow water system  SUGIMOTO Norihiko  Fluid Dynamics Research  The Japan Society of Fluid Mechanics  49/ 025508, 17pp  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Wave analysis in the atmosphere of Venus below 100-km altitude, simulated by LMD Venus GCM  LEBONNOIS Sébastien, SUGIMOTO Norihiko, GILLI Gabriella  Icarus  278, 38-51  2016/06 
研究論文(学術雑誌)  共著  Generation and backreaction of spontaneously emitted inertia-gravity waves  SUGIMOTO Norihiko, Riwal Plougonven  Geophysical Research Letters  American Geophysical Union  43, 3519-3525  2016/04 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Baroclinic instability in the Venus atmosphere simulated by general circulation model  European Planetary Science Congress 2014 (EPSC-2014)  2014/09 
口頭発表(一般)  AFES simulation for Venus (Atmospheric general circulation model For the Earth Simulator)  The 40th General Assembly of Committee on Space Research (COSPAR 2014)  2014/08 
口頭発表(一般)  Baroclinic modes in the Venus atmosphere simulated by AFES (Atmospheric GCM For the Earth Simulator)  4th International Venus Workshop  2013/06 
口頭発表(一般)  Atmospheric general circulation on Venus simulated by AFES (Atmospheric GCM For the Earth Simulator)  The Joint Meeting 2011 between the European Planetary Science Congress and the Division for Planetary Sciences of the American Astronomical Society (EPSC-DPS 2011)  2011/11 
口頭発表(一般)  Spontaneous Gravity Wave Radiation from Co-rotating Vortex Pair in an F-plane Shallow Water System  The 25th General Assembly of International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG2011)  2011/07 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  単独  特別講義 II 「数値シミュレーションのお話 -計算物理学入門と地球温暖化について-」  2010/01/21-2010/01/21 
講演  単独  特別講義 I 「雲のお話 -実験で考える雲のしくみ-」  2010/01/14-2010/01/14 
講演  単独  「地球温暖化について -多様な視点から考えよう-」  2009/07-2009/07 
講演  単独  「気象のお話 -日々の天気から地球温暖化まで-」  2009/04-2009/04 
講演  単独  サイエンス・カフェ 10 「天気のお話 -いろんな雲を作ってみよう!-」  2009/01/24-2009/01/24 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
竜門賞  地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究  2016/03/11 
Young Researcher Award from IEEE Computational Intelligence Society  Application of high speed spherical self-organizing map to climate research  2008/09/20 
ISS特別企画「学生ポスターセッション」 優秀ポスター賞  幾何情報処理を用いるデータマイニングに関する研究  2008/03/19 
平成18年度FCSコンテスト 優秀賞  地球流体における渦(バランス)モードと重力波(非バランス)モードの非線形相互作用の研究  2007/03/12 
詳細表示...

社会活動
日本気象予報士会  2006/04-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本物理学会  2009/01-現在 
日本流体力学会  2008/01-現在 
日本気象学会  2000/05-現在 
詳細表示...

委員歴
日本流体力学会 年会2011 実行委員  委員  2010/11-2011/10 
第60回 理論応用力学講演会 運営委員(日本気象学会 担当分)  委員  2010/04-2011/03 
第24回 数値流体力学シンポジウム 実行委員  委員  2009/12-2010/10 
日本流体力学会年会2008「大気セッション」  座長  2008/09-2008/09 
日本気象学会2007年度秋季大会「大気力学セッション」  座長  2007/10-2007/10 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら