English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 

准教授 
徳永 聡子 
トクナガ サトコ 
TOKUNAGA Satoko 

 

経歴
慶應義塾大学  文学部  准教授  2014/04/01-現在 
国際基督教大学  教養学部  非常勤講師  2014-現在 
ハンティントン図書館  客員研究員(短期)  2012/06-2012/08 
ケンブリッジ大学  コーパス・クリスティ・コレッジ  客員研究員  2010/10-2011/09 
ケンブリッジ大学  英文科  訪問研究員  2010/09-2012/05 
慶應義塾大学  文学部  助教  2007/04/01-2014/03/31 
首都大学  東京都市教養学部  非常勤講師  2006/04/01-2007/03/31 
日本女子大学  文学部  非常勤講師  2006/04/01-2007/03/31 
早稲田大学  法学部  非常勤講師  2006/04/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構  リサーチ・アシスタント  2004/11-2006/03 
大英図書館  初期刊本部門  研修生  2004/07-2004/09 
慶應義塾大学  文学研究科  日本学術振興会 特別研究員(PD)  2003/04/01-2006/03/31 
慶應義塾大学  文学部  講師(非常勤)  2002/04/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  文学研究科  日本学術振興会 特別研究員(DC2)  2001/04/01-2003/03/31 

学歴
慶應義塾大学  文学部  英米文学専攻  1997/03/31  卒業 
慶應義塾大学  文学研究科  英米文学専攻  博士  2003/03/31  単位取得退学  Japan 

学位
修士号(文学)  慶應義塾大学  1999/03/31 
修士号(英語)  バーミンガム大学  2001/07 
博士号(文学)  慶應義塾大学  2005/09/30 

免許・資格
Cambridge Certificate in English Languages Teaching to Adults(CELTA)  2006/04 

研究分野
英米・英語圏文学 
ヨーロッパ語系文学 

研究キーワード
中世イギリス文学 
西洋書誌学 
書物史 
聖人伝 

研究テーマ
英国初期刊本(1473-1600)の本邦所在調査  2007-2009 
Rubrication in Caxton's Early Books  2010/10-現在 
Caxton and Beyond: Copy-Specific Features of English Incunabula (with Dr Takako Kato, De Montfort University)  2011/12-現在 
キャクストン版『黄金伝説』の校訂版の作成(田口まゆみ教授、Prof. John Scahillとの共同研究)  2013-現在 
中世後期イングランドの書物文化と女性読者  2014-現在 
中世後期イングランドにおける聖ビルギッタ伝の受容  2014-現在 

競争的資金等の研究課題
Rubrication of English Incunabula: Handwritten Apparatus for Reading  ハンティントン図書館(米国)  Gilbert and Ursula Farfel Fellowship (Huntington Library  2012/06-2012/08 
Caxton and Beyond: Copy-Specific Features in English Incunabula  その他  英国書誌学会  Katharine F. Pantzer Jr Research Scholarship  2011/12-現在 
慶應義塾大学戦略的基盤形成支援事業「15〜17世紀における絵入り本の世界的比較研究プロジェクト」  補助金  2009/04/01-2014/03/31 
14〜16世紀イギリスの写本、印刷本を対象としたデジタル書物学的研究  補助金  日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2009/04/01-2012/03/31 
日本国内における西洋貴重書の所在調査—16世紀イギリス刊本を中心に  補助金  慶應義塾大学  松永記念文化財研究基金  2009/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
『世界を読み解く一冊の本』  徳永 聡子  「収集と解体-零葉本の誕生を探る」(pp. 205–17)  慶應義塾大学出版会  2014 
Literary and Learned: Texts in Transition in the Later Middle Ages, a Festschrift Dedicated to Toshiyuki Takamiya on his 70th Birthday  徳永 聡子  'Gutenberg Meets Digitization: The Path of a Digital Ambassador’ (pp. 297–305, with Takako Kato)  Woodbridge: York Medieval Press  2014 
Emprynted in thys manere: Early Printed Treasures fromCambridge University Library  徳永 聡子  'Reflecting Fifteenth-Century Hearts and Seventeenth-Century Minds', pp. 94–95  Cambridge: Cambridge University Library  2014/10 
Anchoritism in the Middle Ages: Texts and Traditions  徳永 聡子  ‘Printing and Reading Walter Hilton in Early Tudor England’ (pp. 163–75)  Cardiff: University of Wales Press  2013 
Scribes, Printers, and the Accidentals of their Texts  徳永 聡子  ‘A Textual Analysis of the Overlooked Tales in de Worde’s Canterbury Tales’ (pp. 157–76)  Frankfurt am Main: Peter Lang  2011 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  ‘Rubrication in Caxton’s Early English Books, c. 1476–78’  徳永 聡子  Incunabula on the Move: The Production, Circulation and Collection of Early Printed Books, ed. Ed Potten and by Satoko Tokunaga (Transactions of the Bibliographical Society)  12/ 1, 58-78  2014 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  朱書き文字に関する一考察―キャクストン版『世界の鑑』(1481)を一例として  徳永 聡子  『慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学』  60, 83-99  2012 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  〔研究ノート〕東京大学附属図書館のイギリス初期刊本―English Short Title Catalogue登録に向けて  徳永 聡子  『慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学』  56, 49-58  2010 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  『D.S. Brewer旧蔵神話学コレクション展』解題目録  徳永 聡子・他  『慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学』  45, 27-47  2010 
研究論文(学術雑誌)  単著  修道女と書物―サイオン修道院の書き込み本について―」  徳永 聡子  『西洋中世研究第1号』  1, 141-155  2009 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Walter Hylton in Early Print Culture  The 3rd International Conference for the International Anchoritic Society  2008/09/17 
口頭発表(一般)  「初期のキャクストン印刷再考―『カンタベリー物語』(c. 1476) のデジタル画像解析から—」  日本中世英語英文学会第23回大会  2007/12/08 
口頭発表(一般)  'Digital Bibliography of Caxton: the Case of Type 2'  「中英語写本と初期印刷本のデジタル化」  2007/01/12 
口頭発表(招待・特別)  'Understanding Early English Typography: Problems and Challenges'  'Printing in England: The First 25 Years (a Conference at the British Library to Launch volume XI of the Catalogue of Books Printed in the XVth century now in the British Library, compiled by Lotte Hellinga)  2006/12/11 
口頭発表(一般)  「慶應義塾図書館所蔵インキュナブラ–––目録整備と公開」  慶應義塾大学デジタルアーカイヴ・リサーチセンター(DARC)公開講演会  2006/09/02 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
Geoffrey Shepherd Prize  'The Use of Books Owned by Medieval Women: A Contribution to a Study of Medieval Nuns’ Reading in Late Medieval England’ (The University of Birmingham, 2000)  2001  該当年のなかで中世英文学の最も優秀な研究発表を行ったもの、あるいは学位論文執筆者に授与される。 
詳細表示...

担当授業科目
英語 
英文学演習 
文学 
アカデミック・スキルズ 
文献学の世界 
詳細表示...

教育実績
日吉キャンパス公開講座2013年度「特別企画」「出版文化史の東西」  2013/12/21-2014/01/18  公開講座の企画運営 
総合教育セミナー I(西洋の貴重書について学ぶ)・慶應義塾大学日吉メディアセンター連携企画「絵入り本の世界―古書へのいざない」展  2013/07/11-2013/07/25  授業と図書館との連携型貴重書展企画の試み 
「狂言と言語力」プロジェクト  2010/05-2010/07  文部科学省 大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム 慶應義塾大学「身体知教育を通して行う教養言語力育成」 
パネル展示「文学部における英語教育の取り組み―読解力強化を中心としたカリキュラム開発の研究(研究代表者 文学部 教授 中村優治)」  2008/11/14-現在  Hiyoshi Research Portfolio 2008におけるパネル展示 
口頭発表「Graded Readersを使用した多読教育の試み」  2008/03/01-現在  2010英語読解力テストフォーラム(慶應義塾大学文学部プレイスメントテスト研究会主催)における口頭発表 
詳細表示...

教科書・教材
『英語論文の書き方入門』(東京:慶應義塾大学出版会)  2012 
詳細表示...

所属学協会
The Bibliographical Society 
The Early Book Society 
The New Chaucer Society 
日本中世英語英文学会 
日本中世英語英文学会東支部 
詳細表示...

委員歴
日本中世英語英文学会  評議員  2014/04/01-現在 
慶應英文学会  理事  2012/10/01-現在 
日本中世英語英文学会  事務局員(書記)  2007/04/01-2009/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら