研究業績(著書)
公開件数:4件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 『大学体育学』14号
東海林 祐子
島本好平

大学体育学
2017/03


大学体育におけるライフスキル獲得のための授業支援ツール体育ノートの導入とその効果の検討

2 ひつじ意味論講座 第7巻 意味の社会性 12、選手とコーチ間のコミュニケーションに関する一考察
澤田治美編 東海林 祐子

ひつじ書房
2015/07




3 コーチングのジレンマ
東海林 祐子

ブックハウス エイチディ
2013/07/01


高校男子ハンドボール部を女性指導者として初めて全国優勝に導いた著者だが、当初は情熱が空回り、コートに行っても選手がいないことすらあった。指導者と選手、選手間など、多くのジレンマを抱えていた。その解決の道を振り返り、ゲーム理論の「囚人のジレンマ」モデルをベースに、コーチングの新しいモデルつくりを試みた一冊。スポーツ団体、NGO、企業の指導者、選手、従業員への取材も含め、「コーチングのジレンマ」とその解決策を示す。体罰問題で揺れる指導者論でもある。『スポーツコミュニケーション』の続編。

http://www.bookhousehd.com/より引用

4 スポーツコミュニケーション
東海林 祐子

ブックハウス・エイチディ
2011/06/07
9784938335663