English
慶應義塾大学 
環境情報学部 
環境情報学科 

顔写真 教授 
秋山 美紀 
アキヤマ ミキ 
AKIYAMA Miki 

http://www.sfc.keio.ac.jp/~miki/lab  

その他の所属・職名
医学部  兼担当准教授 
大学院政策・メディア研究科  准教授 

経歴
(株)仙台放送  報道制作局  1991/04-1998/03 
慶應義塾大学  政策・メディア研究科  (嘱託)COE研究員(21世紀 COE プログラム社会科学分野「日本・アジアにおける総合政策学先導拠点」)  2003/10/01-2005/11/30 
慶應義塾大学大学院  政策・メディア研究科  講師(有期・非常勤)  2005/12/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  総合政策学部  専任講師(有期)  2007/04/01-2010/03/31 
慶應義塾大学  医学部  兼担准教授(医学部衛 生学公衆衛生学教室)  2009/04/01-現在 
慶應義塾大学  総合政策学部  准教授(有期)  2010/04/01-2012/03/31 
慶應義塾大学  環境情報学部  准教授  2012/04/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  法学部  政治学科  1991/03  卒業 
ロンドン大学経済政治大学院(LSE)  Graduate School of Mecia and Communication  Msc. Media and Communication Regulation  修士  2001/01  修了  英国 
慶應義塾大学  政策・メディア  博士  2004  単位取得退学 

学位
博士(政策・メディア)  慶應義塾大学  2006/03 

学術受賞歴(賞、称号)
日本ヘルスサポート学会第6回学会賞(実践部門)  からだ館がん情報ステーション  2013/10 
Best Palliative Care Research 2009(緩和医療学会誌2009優秀論文賞)  「地域診療所医師の在宅緩和ケアに関する意識調査」  2009/11 
情報通信学会誌2003年度年報・20周年記念論文集佳作論文  「制度変化と情報技術が情報の非対称性に与える影響」  2004 
詳細表示...

免許・資格
社会福祉士  2013/03/01 

総合紹介
コミュニケーション・コミュニティヘルス 

研究分野
応用健康科学 

研究キーワード
健康・医療のコミュニケーション 

研究業績(著書)
コミュニティヘルスのある社会へ-「つながり」が生み出す「いのち」の輪  秋山 美紀  岩波書店  2013/08/28  978-4-00-022927-2 
地域医療におけるコミュニケーションと情報技術  医療現場エンパワーメントの視点から  秋山 美紀  慶應義塾大学出版会  2008/04  978-4-7664-1519-3 
地域医療を守れ-「わかしおネットワーク」からの提案  平井愛山, 秋山美紀  岩波書店  2008/01/22  978-4-00-023845-8 
日本最悪のシナリオ 9つの死角  (財)日本再建イニシアティブ  「コミュニケーション」 pp. 285-302  新潮社  2013/03/15  978-4103337317 
創発経営のプラットフォーム 協働の情報基盤づくり  國領二郎、プラットフォームデザイン・ラボ  「信頼形成のプラットフォーム――ヘルスケアをめぐる多様な主体の協働の場づくり」 pp. 205-231  日本経済新聞出版社  2011/10/20  9784532134136 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  医療・介護の連携と情報システム-プラットフォームの視点からの考察  秋山 美紀  慶應経営論集  31/ 1, 229-256  2014/03 
研究論文(学術雑誌)  共著  Regional Medical Professionals' Confidence in Providing Palliative Care, Associated Difficulties and Availability of Specialized Palliative Care Services in Japan  Hirooka, Kayo, Miyashita, Mitsunori, Morita, Tatsuya, Ichikawa, Takeyuki, Yoshida, Saran, Akizuki, Nobuya, Akiyama, Miki, Shirahige, Yutaka, Eguchi, Kenji  JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  44/ 3, 249-256  2014/03  0368-2811  10.1093/jjco/hyt204 
研究論文(学術雑誌)  A Population-Based Survey on Perceptions of Opioid Treatment and Palliative Care Units: OPTIM Study  Igarashi, Ayumi, Miyashita, Mitsunori, Morita, Tatsuya, Akizuki, Nobuya, Akiyama, Miki, Shirahige, Yutaka, Eguchi, Kenji  AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE  31/ 2, 155-160  2014/03  1049-9091 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  在宅医療・介護の連携における情報通信技術(ICT)活用の現状と今後の展望  秋山 美紀  Nextcom  15, 26-34  2013 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effects of a programme of interventions on regional comprehensive palliative care for patients with cancer: a mixed-methods study  Morita, Tatsuya, Miyashita, Mitsunori, Yamagishi, Akemi, Akiyama, Miki, Akizuki, Nobuya, Hirai, Kei, Imura, Chizuru, Kato, Masashi, Kizawa, Yoshiyuki, Shirahige, Yutaka, Yamaguchi, Takuhiro, Eguchi, Kenji  LANCET ONCOLOGY  14/ 7, 638-646  2013/06  1470-2045  10.1016/S1470-2045(13)70127-X 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  和泉典子、秋山美紀、奥山慎一郎、難波幸井、富樫清、柏倉貢、渋谷美恵、武林亨、鈴木聡. 「地域緩和ケアチームが開催した多施設・他職種デスカンファレンス参加者の体験」、第16回日本緩和医療学会学術大会、札幌、2011年7月  第16回日本緩和医療学会学術大会  2011/07 
口頭発表(招待・特別)  IT・ユビキタス社会と医薬品情報  第14回日本医薬品情報学会 総会・学術大会  2011/07/23 
ポスター発表  Do patients with advanced stages of cancer feel secure in receiving care at home and in the region? : a large-scale survey in Japan  Academy Health 2011 Annual Research Meeting  2011/06 
口頭発表(招待・特別)  地域医療連携における情報技術の活用  第28回日本医学会総会  2011/04/09 
口頭発表(招待・特別)  Healthcare IT Adoption under Different Government Models  International Conference on Information System(ICIS) 2010,  2010/12/15 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  単独  地域包括ケアと情報・コミュニケーション  2014/07/11-現在  岩手県医療保健情報化 コンソーシアム招待講演 
講演  単独  地域連携がつくるコミュニティヘルス  2014/06/28-現在  鶴岡地区歯科医師会学術集会招待講演 
講演  単独  地域ぐるみで幸齢に  2014/06/19-現在  鶴岡市保健衛生推進員会連合会総会基調講演 
対談・パネラー等  共同  コミュニティヘルスのある社会へ  2014/06/14-現在  シンポジウム座長と講演、日本医療マネジメント学会学術総会 
講演  単独  コミュニティヘルスのあるまちづくり  2014/06/07-現在  第5回北陸支部ワールドコンチネンスウィークイベント招待講演 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本ヘルスサポート学会第6回(2013年度)学会賞(実践活動部門)  「からだ館がん情報ステーション」の活動  2013/10/16 
緩和医療学会誌2009優秀論文賞  『地域診療所医師の在宅緩和ケアに関する意識調査』Palliative Care Research 第4巻2号.  2010/06/18 
緩和医療学会2008 最優秀演題賞  がん患者における在宅療養継続の阻害要因および在宅診療体制OPTIM study」  2008/07 
慶應義塾大学21世紀COEプログラム優秀博士論文出版助成  「地域医療におけるコミュニケーションと情報技術」  2007 
情報通信学会誌2003年度年報・20周年記念論文集, pp. 15-26.(佳作受賞)  「制度変化と情報技術が情報の非対称性に与える影響」  2004/02/21 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら