English
慶應義塾大学 
法学部 
法律学科 

教授 
佐藤 拓磨 
サトウ タクマ 
SATOU Takuma 

1977年生まれ  

学歴
慶應義塾大学  法学部  法律学科  2000/03  卒業 
慶應義塾大学  法学研究科  公法学  博士  2005/03  単位取得退学 

研究分野
刑事法学 

研究キーワード
刑法 
犯罪論 

競争的資金等の研究課題
未遂犯および危険犯における危険概念の基礎的研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2015-2016 
詳細表示...

研究業績(著書)
未遂犯と実行の着手  佐藤 拓磨  慶應義塾大学出版会  2016/10/31  978-4-7664-2379-2 
高橋則夫=十河太朗編『新・判例ハンドブック[刑法総論]』  佐藤 拓磨  129-147  日本評論社  2016/09 
池田真朗編『プレステップ法学[第3版]』  佐藤 拓磨  78-101  弘文堂  2016/01 
井田良=田口守一=植村立郎=河村博編著『事例研究刑事法Ⅰ 刑法[第2版]』  佐藤 拓磨  日本評論社  2015/07 
井田良ほか『よくわかる刑法[第2版]』  佐藤 拓磨  ミネルヴァ書房  2013/09/30 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  Entwicklung der japanischen Versuchsdogmatik  佐藤 拓磨  Goltdammer's Archiv fuer Strafrecht  C.F. Mueller  164/ 8, 432-443  2017/08  0017-1956 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  「(海外判例研究)単に犯罪行為を黙認するだけでは作為による幇助は認められないとされた事例」  佐藤 拓磨  判例時報  判例時報社  2322, 31-32  2017/04 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  「(コメント)新派復興の試みは成功したか?」   佐藤 拓磨  大屋雄裕=安藤馨『法哲学と法哲学の対話』(有斐閣、2017年)  有斐閣  184-188  2017/04 
(MISC)その他記事  単著  エリック・ヒルゲンドルフ/佐藤拓磨(訳)「現在のドイツ刑法学の概観」  佐藤 拓磨  法学研究  90/ 3  2017/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  ドイツの「スポーツにおける反ドーピング法」について  佐藤 拓磨  慶應法学  37, 369-392  2017/02 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  ワークショップ「未遂犯」 オーガナイザー  日本刑法学会第95回大会  2017/05/21 
口頭発表(一般)  間接正犯・離隔犯の着手時期‐着手論における切迫性・確実性の意義  日本刑法学会第88回大会  2010/06/05 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら