English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
鈴木 小夜 
スズキ サヨ 
Suzuki Sayo 

経歴
東京医科歯科大学医学部附属病院  薬剤部  薬剤師  1991/04/01-2005/09/30 
東京医科歯科大学医学部附属病院  薬剤部  試験研究係主任  2000/04/01-2005/09/30 
慶應義塾大学  医学部薬剤部  助手  2005/10/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  医学部薬剤部  助教  2007/04/01-2009/03/31 
慶應義塾大学  医学部臨床薬剤学講座  助教  2009/04/01-2009/09/30 
慶應義塾大学  薬学部医療薬学センター  専任講師  2010/01/01-2017/03/31 
慶應義塾大学  薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門  准教授  2017/04/01-現在 

学歴
京都大学  薬学部  薬学科  卒業 
京都大学  薬学研究科  修士  修了 

学位
薬学修士  京都大学 
博士(医学)  慶應義塾大学 

免許・資格
薬剤師免許  1989 
高等学校教諭二級普通免許(理科)  1989 
高等学校教諭専修免許(理科)  1991 

研究分野
医療系薬学 

研究キーワード
個別化治療 

競争的資金等の研究課題
がん化学療法治療反応性に対する血中胆汁酸の影響とそのメカニズムに関する研究  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2016/04/04-2017/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2015/04/01-2016/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2014/04/01-2015/03/31 
和漢薬と西洋薬との併用における適正使用に向けた臨床薬理学的研究  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
今日の治療指針 2019年度版  谷川原祐介,鈴木 小夜.  薬物治療モニタリング(TDM)  医学書院,東京.  2019/01/01  URL 
NEO 薬学シリーズ3 改訂モデル・コアカリキュラム対応 Principal Pharmacotherapy(第2版)  鈴木 小夜  第3部 悪性腫瘍  ネオメディカル  2018/04/03 
今日の治療指針2018年度版  谷川原 祐介,鈴木 小夜  薬物治療モニタリング(TDM) p1793-p1811  医学書院,東京  2018/01/01 
今日の臨床サポート 改訂第3版  鈴木 小夜, 木津純子.  授乳婦への薬物投与  エルゼビア・ジャパン株式会社  2017/05/31  URL 
今日の臨床サポート 改訂第3版  鈴木 小夜, 木津純子.  小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点.  エルゼビア・ジャパン株式会社  2017/03/31  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Renal dysfunction and anemia associated with long-term imatinib treatment in patients with chronic myelogenous leukemia.  Masatoshi Sakurai, Daiki Karigane, Hidenori Kasahara, Eri Matsuki, Risa Hashida, Yusuke Yamane, Ryohei Abe, Yuya Koda, Takaaki Toyama, Taku Kikuchi, Jun Kato, Takayuki Shimizu, Yuta Yokoyama, Suzuki Sayo, Tomonori Nakamura, Shinichiro Okamoto, and Takehiko Mori.  Int J Hematol.  doi 10.1007s12185-019-02596-z.  2019  10.1007s12185-019-02596-z 
研究論文(学術雑誌)  共著  改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けたルーブリック形式の概略評価を用いたパフォーマンス評価の先行導入:学生視点に基づくアウトカム評価と教育効果向上のための提案.  鈴木 小夜, 河添 仁,地引 綾,横山雄太,中村智徳  医療薬学  45/ 4, in press  2019/04 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  研究方法のレクチャー: (1) 研究方法~臨床薬学的研究の紹介~.  河添仁,鈴木 小夜,横山雄太,地引綾,中村智徳.  日本臨床腫瘍薬学会雑誌  9, 20-25  2019/02 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  病院実習で行うパフォーマンス評価.  鈴木 小夜,中村智徳  薬学教育  日本薬学教育学会  2, 31-38  2019/01/31  10.24489/jjphe.2018-002 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  がん薬物治療と臨床試験におけるスペシャル・ポピュレーション.  鈴木 小夜,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳.  日本医薬品安全性学会会誌  4/ 2, 83-98  2018/12/26 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  改訂モデル・コアカリキュラム実務実習に向けた概略評価の先行導入:慶應義塾大学における概略評価の有用性と効果的実施・運用に向けた検討.  日本薬学会第139年会  2019/03/23 
口頭発表(一般)  代表的8疾患の効果的実習に向けた実習前調査及び実施状況調査に基づく検証(第3報).  日本薬学会第139年会  2019/03/23 
口頭発表(一般)  実務実習記録による評価に関する運用の工夫とその検証.  日本薬学会第139年会  2019/03/23 
口頭発表(一般)  改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けた概略評価の先行導入:アウトカム評価と教育効果向上のための提案.  日本薬学会第139年会  2019/03/23 
口頭発表(一般)  慶應義塾大学公開講座「指導薬剤師のためのワークショップ~薬局-病院-大学間の連携を考える」の成果と2019年度実務実習説明会での新企画に関する報告.  日本薬学会第139年会  2019/03/23 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
対談・パネラー等  共同  University of Southern California Marshall School of Business GSBA 580 C – PRIME Japan 2018 Japanese Women in Business  2018/05/17-現在  Japanese Women in Business 
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  MEDICAL OFFICE 医療の最前線からのワンポイントアドバイス“体のリズムと薬の飲み方とノーベル賞”.『塾』2018冬号.2018, vol. 55, no. 4, p. 21  2018/01/01-現在 
取材・インタビュー(新聞その他)  単独  「改訂コアカリキュラムのルーブリック評価とは」.Excellent Pharmacy.メディファーム株式会社,2017.11.1  2017/11/01-現在 
取材・インタビュー(新聞その他)  共同  「ルーブリック評価,薬局・病院実習でトライアル実施 日本薬学教育学会大会で報告」薬事日報.2017年9月6日(水)第11917号(1面)  2017/09/06-現在 
講演  単独  「Oxalipltinの神経系細胞障害に対するanthraquinone系化合物emodinによる細胞保護効果」Nanion・東京女子医大 イオンチャネルフォーラム 2017~オートパッチクランプ技術とその発展~.  2017/07/27-現在 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  Method for determining sensitivity to anticancer agent.  PCT/JP2010/069362  2010/10/29  EP 2495568 B1  2018/08/22 
特許  METHOD FOR DETERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT  16169127.4  2010/10/29  2016/10/19  EP 3081941 B1  2018/06/27 
特許  抗癌剤感受性的判定方法  201610094199.8  2010/10/29  ZL 2016 1 0094199.8  2018/05/22 
特許  METHOD FOR DETERMINING SENSITIVITY TO ANTICANCER AGENT.  13/505,143  2010/10/29  WO2011052748  2011/05/05  WO2011052748  2011/05/05  US 9,459,254 B2  2016/10/04 
特許  METHOD FOR DETERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT.  PCT/JP2010/069363  2010/10/29  WO2011/052749  2011/05/05  WO2011/052749  2011/05/05  EP 2 495 569 B1  2016/06/15 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
優秀発表賞  薬学実務実習が実習生の専門知識(C1~C18)の定着及び新規構築に与える影響  2017/09/03 
慶應義塾大学薬学部学部長賞  (教育部門)  2017/03/13 
優秀ポスター賞  アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響  2015/09/12 
優秀発表賞  学生主体で構築した新たな服薬指導事前実習の評価.  2013/03/29 
報道機関向けハイライト  抗がん剤の効果を見分けるタンパク質を発見.  2009/03 
詳細表示...

社会活動
日本TDM学会関東地区セミナー世話人  2015/02-現在 
日本薬剤学会 第22年会事務局  2006/04/01-2007/05/23 
日本TDM学会 第23回学術大会組織委員,事務局  2005/10/01-2006/07/17 
詳細表示...

所属学協会
American Association of Cancer Research 
International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology 
日本癌学会 
日本癌治療学会 
日本薬学会 
詳細表示...

委員歴
日本薬学会  学術誌編集委員  2019/04/01-現在 
薬学教育協議会 病院・薬局実務実習関東地区調整機構  大学委員  2013/04-現在 
日本私立薬科大学協会 薬剤師国家試験問題検討委員会  実務部会委員  2011/10-現在 
一般社団法人 日本TDM学会  日本TDM学会ガイドライン策定委員会委員  2010/11-2015/05 
公益社団法人 日本薬学会  関東支部 代議員  2008/02/01-2009/01/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら