English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
鈴木 小夜 
スズキ サヨ 
Suzuki Sayo 

経歴
東京医科歯科大学医学部附属病院  薬剤部  薬剤師  1991/04/01-2005/09/30 
東京医科歯科大学医学部附属病院  薬剤部  試験研究係主任  2000/04/01-2005/09/30 
慶應義塾大学  医学部薬剤部  助手  2005/10/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  医学部薬剤部  助教  2007/04/01-2009/03/31 
慶應義塾大学  医学部臨床薬剤学講座  助教  2009/04/01-2009/09/30 
慶應義塾大学  薬学部医療薬学センター  専任講師  2010/01/01-2017/03/31 
慶應義塾大学  薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門  准教授  2017/04/01-現在 

学歴
京都大学  薬学部  薬学科  卒業 
京都大学  薬学研究科  修士  修了 

学位
薬学修士  京都大学 
博士(医学)  慶應義塾大学 

免許・資格
薬剤師免許  1989 
高等学校教諭二級普通免許(理科)  1989 
高等学校教諭専修免許(理科)  1991 

研究分野
医療系薬学 

研究キーワード
個別化治療 

競争的資金等の研究課題
がん化学療法治療反応性に対する血中胆汁酸の影響とそのメカニズムに関する研究  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2016/04/04-2017/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2015/04/01-2016/03/31 
COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究  補助金  慶應義塾  慶應義塾学事振興資金  2014/04/01-2015/03/31 
和漢薬と西洋薬との併用における適正使用に向けた臨床薬理学的研究  補助金  文部科学省・日本学術振興会  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2013/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
今日の臨床サポート 改訂第3版  鈴木 小夜, 木津純子.  授乳婦への薬物投与  エルゼビア・ジャパン株式会社  2017/05/31  URL 
今日の臨床サポート 改訂第3版  鈴木 小夜, 木津純子.  小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点.  エルゼビア・ジャパン株式会社  2017/03/31  URL 
今日の治療指針2017年度版.  谷川原祐介, 鈴木 小夜  薬物治療モニタリング(TDM) p1725-1740  医学書院、東京  2017/01/10 
個別化医療を目指した臨床薬物動態学  鈴木 小夜  V. 薬物治療モニタリング「精神神経薬」 p302-308  廣川書店  2016/03/30 
個別化医療を目指した臨床薬物動態学  鈴木 小夜  V. 薬物治療モニタリング「解熱鎮痛薬」 p309-314  廣川書店  2016/03/30 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Population pharmacokinetics of intravenous busulfan in Japanese pediatric patients with primary immunodeficiency.  Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Kohta Tsuge, Hiromitsu Takahashi, Sayo Suzuki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Masato Yasuhara  J Clin Pharmacol  In press  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  学生のニーズに基づき学生主体で構築した新たなアドバンスト服薬指導事前実習の実施とその評価.  鈴木 小夜, 青野いづみ,今井奈津美,桑原亜記,剱田侑希,松元美奈子,吉田彩,渡邊明日香,高木彰紀,小林典子,佐伯晴子,大谷壽一,中村智徳,木津純子.  YAKUGAKU ZASSHI  日本薬学会  In press  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  電子味覚システムとヒト官能試験によるクリンダマイシンの苦味抑制飲食物の探索.  高木彰紀,久保 理絵,地引 綾,青森 達,鈴木 小夜,中村 智徳.  医療薬学  日本医療薬学会  43/ 9, 492-501  2017/09/10 
研究論文(学術雑誌)  共著  事前学習および薬局実習における OTC 実習の問題点と満足度向上のための提案.  栗原智香,青森達,鈴木小夜,高木彰紀,大塚尚子,地引綾,中村智徳.  薬学教育  日本薬学教育学会  1, 1-8  2017/08/30 
研究論文(学術雑誌)  共著  Suppression of antibody to infliximab by azathioprine in a patient with rheumatoid arthritis.  Aomori Tohru, Tsuchiya Ayumi, Suzuki Sayo, Jibiki Aya, Otsuka Naoko, Ishioka Eriko, Kaneko Yuko, Takeuchi Tsutomu, Nakamura Tomonori.  Die Pharmazie  72/ 2, 95-97  2017/02 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  がん患者の吃逆に対する最適薬物治療 (1)-使用薬剤と有効性に関する論文調査研究.  第55回日本癌治療学会学術集会  2017/10/20 
ポスター発表  Meta-analytic population pharmacokinetic analysis to evaluate the effect of renal dysfunction on imatinib clearance in Japanese subjects.  15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology  2017/09/26 
ポスター発表  日本人小児原発性免疫不全症患者を対象とした注射用ブスルファンの母集団薬物動態解析.  第34回日本TDM学会・学術大会  2017/09/24 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  「病院実習で行うパフォーマンス評価」.  第2回日本薬学教育学会 シンポジウム「事前学習・実務実習のアウトカムを測る」  2017/09/02 
口頭発表(一般)  改訂コアカリ実務実習に向けたルーブリック作成と評価トライアル(1).  日本薬学会第137年会  2017/03/27 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  単独  「Oxalipltinの神経系細胞障害に対するanthraquinone系化合物emodinによる細胞保護効果」Nanion・東京女子医大 イオンチャネルフォーラム 2017~オートパッチクランプ技術とその発展~.  2017/07/27-現在 
フィールドワーク  共同  日本TDM学会第52回TDMセミナー  2017/01/28-現在  企画・運営 
講演  単独  徳島大学薬学部「臨床薬学教育フォーラム」 徳島大学薬学部 臨床薬学実務教育分野 開講記念  2016/07/24-現在  「薬剤師は科学者、薬学生も科学者!~なぜ薬剤師になったのか、そして大学教員の今も薬剤師~」 
フィールドワーク  共同  日本TDM学会第48回TDMセミナー  2016/01/23-現在  企画・運営 
フィールドワーク  共同  日本TDM学会第43回TDMセミナー  2015/08/29-現在  企画・運営 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  METHOD FOR DETERMINING SENSITIVITY TO ANTICANCER AGENT.  13/505,143  2010/10/29  WO2011052748  2011/05/05  WO2011052748  2011/05/05  US 9,459,254 B2  2016/10/04 
特許  METHOD FOR DETERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT.  PCT/JP2010/069363  2010/10/29  WO2011/052749  2011/05/05  WO2011/052749  2011/05/05  EP 2 495 569 B1  2016/06/15 
特許  抗癌剤感受性的判定方法  201080049208. 2  2010/10/29  ZL 2010 8 0049208.2  2016/03/23 
特許  抗癌剤感受性的判定方法  201080049197. 8  2010/10/29  ZL 2010 8 0049197.8  2016/03/02 
特許  METHOD FOR DETERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT.  12/865.726  2009/01/30  US 9,089,540 B2  2015/07/28 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
優秀発表賞  薬学実務実習が実習生の専門知識(C1~C18)の定着及び新規構築に与える影響  2017/09/03 
慶應義塾大学薬学部学部長賞  (教育部門)  2017/03/13 
優秀ポスター賞  アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響  2015/09/12 
優秀発表賞  学生主体で構築した新たな服薬指導事前実習の評価.  2013/03/29 
報道機関向けハイライト  抗がん剤の効果を見分けるタンパク質を発見.  2009/03 
詳細表示...

社会活動
日本TDM学会関東地区セミナー世話人  2015/02-現在 
日本薬剤学会 第22年会事務局  2006/04/01-2007/05/23 
日本TDM学会 第23回学術大会組織委員,事務局  2005/10/01-2006/07/17 
詳細表示...

所属学協会
American Association of Cancer Research 
International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology 
日本癌学会 
日本癌治療学会 
日本薬学会 
詳細表示...

委員歴
薬学教育協議会 病院・薬局実務実習関東地区調整機構  大学委員  2013/04-現在 
日本私立薬科大学協会 薬剤師国家試験問題検討委員会  実務部会委員  2011/10-現在 
一般社団法人 日本TDM学会  日本TDM学会ガイドライン策定委員会委員  2010/11-2015/05 
公益社団法人 日本薬学会  関東支部 代議員  2008/02/01-2009/01/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら