English
慶應義塾大学 
理工学部 
システムデザイン工学科 

顔写真 教授 
小檜山 雅之 
コヒヤマ マサユキ 
KOHIYAMA MASAYUKI 

http://www.kohiyama.sd.keio.ac.jp  

J-GLOBALへのリンク

経歴
鹿島建設株式会社 設計/エンジニアリング総事業本部 原子力設計部 職員  1995/04-1996/03 
鹿島建設株式会社 技術研究所 研究員  1996/04-1999/03 
理化学研究所 地震防災フロンティア研究センター 研究員  1999/04-2001/03 
東京大学 生産技術研究所 助手  2001/04-2005/03 
日本学術振興会 海外特別研究員,スタンフォード大学 客員准教授  2004/04-2005/03 
専任講師  2005/04-2008/03 
准教授  2008/04-2016/03 
教授  2016/04-現在 

学歴
京都大学  工学部  建築学科  1993/03/24  卒業 
京都大学  工学研究科  建築学専攻  修士  1995/03/23  修了 

学位
博士(情報学)  京都大学  2002/03/25 

免許・資格
一級建築士  1998/02/09 

総合紹介
住まい手や使い手が要求する力学的性能を具体化し,建物や構造物として実現するため,性能設計・最適設計の方法論や具体的なアルゴリズムの構築を目指しています。また,災害が生じにくく,災害が起きてもすばやく回復することができる「しなやかな仕組み」を備えた社会をデザインするため,構造物のリスク評価・被害推定技術を核にした,防災システムと防災すまい・まちづくりの研究にも取り組んでいます。 

教員からのメッセージ
技術者は、コミュニケーション能力、問題発見・解決能力、リーダーシップを兼ね備えるべきだと考えています。技術者の信頼が高まることで、優れたプロダクトがより普及し、社会を豊かにできるからです。これらを養うため、研究では徹底的な議論を期待します。 
 

研究分野
構造工学・地震工学・維持管理工学 
建築構造・材料 
社会システム工学・安全システム 
自然災害科学 

研究キーワード
建築構造学 
地震工学 

研究テーマ
長周期地震動に対する建物・エレベーターの自律協調制御  地震による超高層建物のエレベーター被害を低減するため,これまで別々に設計されていた建物の制振装置とエレベーターロープの制振装置を協調的に制御することで,制御性能を飛躍的に高める。  2010-2012 
機能維持性を高める建物・複数機器の協調制御  本研究は,建物の制振装置と建物内の機器の制振装置を協調的に動作させる効果的な手法の提案を目的とする。建物内に制振装置を持つ複数の機器が導入されたとき,機能維持のための合理的な制御方法を確立するとともに,制御装置間の通信方法を制御性能・信頼性・保守性・保全性などの観点を踏まえ構築することを目指す。  2012-2015 
設備被害を軽減するブロードキャスト対応制震システム  建物内の設備機器と連携して地震時の機能維持を図る,高度な地震対応力を有するアクティブ/セミアクティブ制震システムの実現を目指す。  2016-2019 

研究業績(著書)
建築物荷重指針を活かす設計資料1  日本建築学会  1.1節 目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割  日本建築学会  2016/02  978-4-8189-0632-7  日本建築学会の2015年版「建築物荷重指針・同解説」を活用し性能設計を行うため、設計の流れや設計例、詳細な解説を記載。1章「性能設計の実現に向けて」の1.1節「目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割」の執筆を担当。 
High-Performance Computing for Structural Mechanics and Earthquake/Tsunami Engineering  Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, and Hiroshi Akiba  Seismic Response Simulation of Building Structures (pp. 105-139)  Springer International Publishing  2015/11  978-3-319-21047-6  In this chapter, we present an overview of the E-Simulator for application to seismic response analysis of building structures. Accuracy and computational performance of simulation using the E-Simulator are discussed through examples of seismic response analysis of a four-story steel frame, buckling analysis of a column, and simulations of static cyclic responses of a composite beam and an exterior wall. Results of seismic response analysis with fixed base as well as soil-structure interaction analysis are presented for a high-rise building frame. Computational performance using the K computer is also discussed. 
建築物荷重指針・同解説(2015)  日本建築学会  1章 総則 1.2 基本概念,1.3 用語,2章 荷重の種類と組合せ 2.1 荷重の種類,2.2 荷重の基本値,2.3 荷重の組合せと要求性能  日本建築学会  2015/02  978-4-8189-0626-6  日本建築学会による,建築物の構造設計の際に用いる荷重について,基本理念や考え方を示した指針。1章総則の1.2節基本概念と1.3節用語,2章荷重の種類と組合せの2.1節荷重の種類,2.2節荷重の基本値,2.3節荷重の組合せと要求性能の執筆を担当。 
Excelで学ぶ地震リスク評価  小檜山 雅之  4章 フラジリティと損傷度の評価, pp. 39-61  技報堂出版  2011/08/25  978-4-7655-2552-7  日本建築学会荷重運営委員会信頼性工学利用小委員会が,建築工学における確率・統計の利用の普及活動の一環として出版。地震リスク評価について,いくつかの例題をExcel を使って解くことで,ひととおり学べる内容となっている。4章フラジリティと損傷度の評価の執筆を担当。 
地震リスク評価とリスクコミュニケーション  小檜山 雅之  1.2節 耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するか, pp. 15-22  日本建築学会  2011/06/01  978-4818942059  日本建築学会建築にかかわる社会規範・法規範特別調査委員会建築物の安全性ガイドライン特別調査小委員会の活動成果を取りまとめ出版。多くの地震リスク評価手法を比較し解説するとともに地震リスクコミュニケーションの理論と方法を紹介。1.2節耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するかの執筆と1章全体の編集を担当。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Nonlinear damping based semi-active building isolation system  Carmen Ho, Yunpeng Zhu, Zi-Qiang Lang, Stephen A. Billings, Masayuki Kohiyama, and Shizuka Wakayama  Journal of Sound and Vibration  Fuji Technology Press  424, 302-317  2018/06/01  https://doi.org/10.1016/j.jsv.2018.03.023 
研究論文(学術雑誌)  共著  強震動を受ける木造住宅の質量偏在と平面形状に起因した捩れ振動の動的解析による評価  岡 一也,小檜山 雅之  構造工学論文集  日本建築学会  64B, 479-492  2018/03  09108033 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  細分化された学問と分断された世界をつなぐ  小檜山 雅之  ACe 建設業界  一般社団法人日本建設業連合会  80, 26-26  2017/12  21861862 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  Seismic Fragility Function for Ceilings: A Formulation Using Upper Floor Response Acceleration  Kohiyama, M.  Proc. 12th International Conference on Structural Safety and Reliability  International Association for Structural Safety and Reliability  1873-1881  2017/08/06 
研究論文(学術雑誌)  共著  Contribution of Corporate Social Responsibility to Post-Disaster Life Recovery of Employees  Dan, M. and Kohiyama, M.  Journal of Disaster Research  Fuji Technology Press  12/ 4, 811-821  2017/08/01  DOI: 10.20965/jdr.2017.p0811 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  建築構造シミュレーションの利活用研究-AIを用いた構造ヘルスモニタリング-  最先端の構造シミュレーション技術が拓く地震防災研究のこれから-数値震動台プロジェクト成果発表会-  2018/03/29  URL 
ポスター発表  セミアクティブ免震システムの構造パラメータの同定と地震リスク解析に基づいたLQG制御ゲインの更新  日本地震工学会大会-2017  2017/11/14 
ポスター発表  統計的グリーン関数法における隣接する要素断層地震の位相類似性に関する2016年熊本地震の余記録を用いた分析  日本地震工学会大会-2017  2017/11/13 
口頭発表(一般)  東日本大震災で建設された災害公営住宅内外のコミュニティ形成配慮に関する実態調査  日本建築学会大会学術講演梗概集(中国)  2017/09/02 
口頭発表(一般)  縮小鋼構造骨組の振動台実験データを用いたニューラルネットワークによる損傷検知の基礎的検討  日本建築学会大会学術講演梗概集(中国)  2017/09/02 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  フランジ付中間鋼板を使用した積層ゴム支承  特許出願平9-66319  1997/03/19  特許公開平10-266624  1998/10/06 
特許  振動制御システム  2011-157501  2011/07/19  特開2013-23844  5828699  2015/10/30 
特許  建物データポリゴン化システム、その方法および建物データポリゴン化プログラム  特願2001-23850  2001/01/31  特開2002-230589  2002/08/16  3394525  2003/01/31 
詳細表示...

担当授業科目
確率・統計 
地震工学 
システムデザイン工学実験第1 
建築安全工学 
空間・環境デザイン工学特別講義第1 
詳細表示...

社会活動
国立研究開発法人防災科学技術研究所 数値震動台研究開発分科会 建築ワーキング メンバー  2016/05/26-2018/03/31 
独立行政法人防災科学技術研究所 数値震動台研究開発分科会 建築ワーキングメンバー  2014/04/21-2016/03/31 
総務省消防庁「東日本大震災の被害状況や消防機関等による活動に係る調査事業」編集会議メンバー  2012/05/23-2012/12/31 
独立行政法人防災科学技術研究所 数値震動台研究開発分科会委員  2008/12-2014/03/31 
財団法人リモートセンシング技術センター 衛星リモートセンシング推進委員会 防災利用WG会員  2003/07-2006/03 
詳細表示...

所属学協会
日本建築学会 
日本地震工学会 
地域安全学会 
米国地震工学会 
土木学会 
詳細表示...

委員歴
日本地震工学会  論文集編集委員会副委員長  2017/06/01-2018/05/31 
日本建築学会  荷重運営委員会信頼性工学応用小委員会幹事  2017/04/01-2021/03/31 
日本建築学会  荷重運営委員会幹事  2017/04/01-2021/03/31 
日本建築学会  振動運営委員会構造物の振動制御小委員会委員  2017/04/01-2021/03/31 
日本建築学会  特別調査委員会建物のレジリエンスとBCPレベル指標検討委員会幹事  2017/04/01-2019/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら