English
慶應義塾大学 
環境情報学部 
環境情報学科 

顔写真 准教授 
牛山 潤一 
ウシヤマ ジュンイチ 
USHIYAMA JUNICHI 

1977年生まれ  
Tel.0466-49-0882  
Fax.0466-49-0882  
 
https://www.facebook.com/Junichi.Ushiyama.Lab  

J-GLOBALへのリンク

その他の所属・職名
医学部  リハビリテーション医学  兼担准教授 

経歴
慶應義塾大学   総合政策学部  非常勤講師  2002/04-2005/03 
慶應義塾大学  体育研究所  助手(嘱託)  2005/04-2007/03 
慶應義塾大学  体育研究所  助教(有期)  2007/04-2010/03 
慶應義塾大学医学部  リハビリテーション医学教室  特別研究助教  2010/04-2011/03 
慶應義塾大学医学部  リハビリテーション医学教室  特任助教  2011/04-2013/03 
慶應義塾大学医学部  リハビリテーション医学教室  特任講師  2013/04-2014/03 
慶應義塾大学  環境情報学部  准教授  2014/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  環境情報学部  2000/03/31  卒業 
東京大学  総合文化研究科  広域科学専攻 生命環境科学系  修士  2002/03/31  修了 
東京大学  総合文化研究科  広域科学専攻 生命環境科学系  博士  2005/03/31  修了 

学位
博士(学術)  東京大学  2005/03/31 
修士(学術)  東京大学  2002/03/31 
博士(医学)  慶應義塾大学  2013/10/07 

研究分野
スポーツ科学 
神経・筋肉生理学 

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  Functional significance of Ia afferent inputs for the determination of neuromuscular activity levels in human synergistic muscles.  牛山 潤一  東京大学大学院総合文化研究科博士論文  2005 
研究論文(学術雑誌)  共著  Resistance training during unweighting maintains muscle size and function in human calf. Med Sci Sports Exerc.  Akima H, Ushiyama J , Kubo J, Tonohashi S, Itoh M, Kawasaki Y, Fukuoka H, Kanehisa H, Fukunaga T.  Med Sci Sports Exerc  35, 655-662  2003 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effects of 20 days of bed rest on the viscoelastic properties of tendon structures in lower limb muscles.  Kubo K, Akima H, Ushiyama J, Tabata I, Fukuoka H, Kanehisa H, Fukunaga T.  Br J Sports Med.  38, 324-330  2004 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of resistance training during bed rest on the viscoelastic properties of tendon structures in the lower limb  Kubo K, Akima H, Ushiyama J, Tabata I, Fukuoka H, Kanehisa H, Fukunaga T.  Scand J Med Sci Sports  14, 296-302  2004 
研究論文(学術雑誌)  共著  Difference in aftereffects following prolonged Achilles tendon vibration on muscle activity during maximal voluntary contraction among plantar flexor synergists.  Ushiyama J, Masani K, Kouzaki M, Kanehisa H, Fukunaga T.  J Appl Physiol  98, 1427-1433  2005 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  不活動中のレジスタンストレーニングが muscle functional MRI に及ぼす影響  第56回日本体力医学会  2001/09 
ポスター発表  アキレス腱への長時間機械的振動刺激が随意最大筋力発揮における足底屈筋群の筋活動に及ぼす影響.  第56回日本体力医学会  2001/09 
ポスター発表  随意最大筋力発揮におけるガンマ環の貢献およびその協働筋間での比較  第57回日本体力医学会  2002/09 
口頭発表(一般)  腓腹筋の筋活動ならびに筋線維長変化がヒラメ筋H反射に与える影響.  第54回日本体育学会  2003/09 
口頭発表(招待・特別)  Ia群線維活動からみた筋疲労.  日本体育学会東京支部第2回研究会  2003/11 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
東京体育学奨励賞  腓腹筋の筋活動ならびに筋線維長変化がヒラメ筋運動ニューロンの興奮性に与える影響  2004/03 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら